レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて 記事紹介

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

記事紹介


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
鯉次郎が、

「(同じ託児所の)D君は、青いドラゴンズ好きなんだよ!」

と言うので、

「じゃあ、鯉次郎は何が好きなの?」

と聞くと、

「赤いカープ!」

嬉しくて涙が出そうでしたが、今は、「やめとけ」と言いそうな自分がいます。

妻は、「違うでしょ?」と鯉次郎を詰問してましたがw

◆◆◆

今日は、いつも取り上げている嫌いな携帯サイトでは無く、好きな携帯サイトから引用。

まずは、「K日記 weekly+」から


(省略)

唯一、まだ不安定なのはリリーフ陣。決して投球内容が不安定というのではなく、終盤の継投や、どういったケースでどの投手が登板するかという、『形』が不安定になっています。投手は打たれたことを自分以外の誰のせいにすることもできませんが、客観的に見て、いろんな面でリリーフ投手が力を発揮しやすい状況ではないように感じます。

ブルペンでの準備は、いくぶん改善されたようです。昨季はそれこそ試合を通して全員のブルペン待機が命じられ、初回から肩を作る必要もありました。長いシーズンを通しての肉体的・精神的負担は相当なものでしたが、今季は『初回から』という強制力はなくなっているようです。

ただ、だからといって楽になったかといえば、そうではないでしょう。どの場面でどの投手が登板するか。それがある程度予想できるかできないかということは、リリーフ投手にかかる負担を大きく左右します。せめて、勝ち試合と負け試合の投手の違いが明確になり、投手自身にも通達、もしくは自覚するような状況があれば、今よりもずいぶん力を発揮しやすくなるように思います。

また、毎試合緊張を強いられるリリーフ投手にとっては、シーズンの中でいかにリラックスするかは、とても重要な問題になります。しかし現在は、グラウンドの試合前練習などでリラックスし過ぎることが許されない風潮があるようです。それが練習メニューにも影響しており、最近のリリーフの調整法はこれまでとやや違う光景になっています。

選手はどんな状況であれ『結果』を残さなければ、チームの勝敗以上に、自分の生活が成り立たなくなります。首脳陣はチームのために選手の力を引き出すことが必須であり、それが自分たちの『結果』となります。チームにとって必要な投手を起用し、最大限力を引き出す努力をする。そういう状況にあるか、注意深く見守る必要があるのかもしれません。



ルールを知らないマネージャーに多くを期待するのは間違っているかもしれません。

でも、組織の長というのは、与えられた、限られたリソースを使い、最大の結果を出すことが責務だと思っています。

それはつまり、そのリソース(選手達)が、「どうすれば力を発揮できるか?」「どうすれば良いコンディションを維持できるか?」を常に考え、トレーニングが足りない場合は、やらせるし、逆に、多すぎると思えばブレーキを掛ける。

また、彼らの気持ちを理解し、気持ち良く出来るような雰囲気、環境を作り上げることが必要だと思います。

そういう点で言うと、今のマネージャーは論外で、本来の責務を全く果たしていないように思います。

もうひとつ。次は、「マエジュンのRED EYE」から。


(省略)
篠田を『先発の柱として期待している』のであればなおさらそう思う。

復調のためには、本人の奮起と首脳陣のサポートが重要になってくる。例に出すと、前回甲子園で3回9失点した阪神戦。3回まで引っ張らずに2回6失点の時点で交代させ、「今日は代える。…でも次は交流戦の頭を任せるから、しっかり調整しろよ」と背中を押していたらどうなっていただろうか。スポーツ界ではタブーである『たられば』の話。当然、同じ結果となっていた可能性だって充分にある。

何が言いたいかと言えば、『今季は先発の柱として期待している』といった思いが選手に伝わるようにメッセージを送るべきだということ。それは単に言葉ではなくても、先述した配慮や起用法などでもいいはず。選手は駒でもロボットでもなく、心がある。そういった心遣いが選手にプラスアルファの力を与えるに違いないからだ。
それはリーグ最多21試合目のマウンドに上がった青木にも言える。開幕直後はセットアッパー、そしてやや調子を落とすとさまざまな場面で多用された。復調を期待しての起用とは言っても、そろそろポジションを明確にしてもいいのではないだろうか。28試合で21試合はあまりに多すぎる。青木と同様に開幕から一軍にいる岩見は今日で6試合。反対にこちらは今日の先発、篠田と同数というから極端である。昨日の永川の投球を見て、青木の役割が降格となっての今日の起用ならば納得がいく。それであればその意図を選手に伝えてもらいたい。

首脳陣は「何で結果が出ないんだ」と選手に叫ぶのではなく、「どうしたら結果がでるようになるのだろうか」とまずは自分自身に問いかけてみるべきだ。プライドと人生を懸けている当事者は否が応でも努力するだろうが、それを生かすも殺すも指導者次第。チームの勢いが衰えかけている今だからこそ、首脳陣に求めたい役割だ。



特にこの部分ですね。

首脳陣は「何で結果が出ないんだ」と選手に叫ぶのではなく、「どうしたら結果がでるようになるのだろうか」とまずは自分自身に問いかけてみるべきだ。プライドと人生を懸けている当事者は否が応でも努力するだろうが、それを生かすも殺すも指導者次第。チームの勢いが衰えかけている今だからこそ、首脳陣に求めたい役割だ。



コマが足りないのは間違いありません。

ただ、その限られたコマさえも活かせていないことを首脳陣は理解するべきです。

まずは、自分のくだらないプライドを捨てて、どうすれば、最大の結果を出せるようになるかを考えて欲しいものです・・・

でも、無理かな?あの人達には。
スポンサーサイト
2011.05.21 Sat l その他 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
無理ですよ、あの人たちにはw
だって戦力が無いのがわかりきってるのに、由宇に足を運ぼうともしないのですから。1回だけいった時も福井を見に行っただけだし。
 固定するところは固定、入れ替えるところは入れ替えるとかして、血流を良くしなければ、底上げなんて難しいと思います。
 指導者としての引き出しが、「やらせるだけ」、対戦リーグのルールも研究してないような人では期待するだけ無理ですかね。

2位でも辞任して欲しいと思う今日この頃ですw
2011.05.24 Tue l 緑の酒屋さん. URL l 編集
Re: No title
緑の酒屋さん

> 無理ですよ、あの人たちにはw
> だって戦力が無いのがわかりきってるのに、由宇に足を運ぼうともしないのですから。1回だけいった時も福井を見に行っただけだし。

選手の状態、どういう起用・調整をしているのかについて、現場で自分の目で確かめるというのは必要だと思うんですけどね。もちろん、ファームから報告もあがっているんでしょうが・・・

>  固定するところは固定、入れ替えるところは入れ替えるとかして、血流を良くしなければ、底上げなんて難しいと思います。

ある意味、固定と入れ替えしてるんですが、その基準が良くないような気がするんですよね。

>  指導者としての引き出しが、「やらせるだけ」、対戦リーグのルールも研究してないような人では期待するだけ無理ですかね。
>
> 2位でも辞任して欲しいと思う今日この頃ですw

指導者、リーダーとしての資質が皆無な気がしますよね。多少結果が出ても、その気持ちは消えません。

少しでも成長していることを見せてくれれば違うのですが、それも感じられないし・・・

コメントありがとうございました。
2011.05.27 Fri l ニュービギニング. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://newbeginning436.blog77.fc2.com/tb.php/995-dcd1c052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。