レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて おれが許さん! by 豊田泰光

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

おれが許さん! by 豊田泰光


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
クリッとしていただいた皆さん、ありがとうございました。

お陰さまで、本日は、既に一日当たりの史上最高ポイントをクリアしています。

「拍手」をクリっとしていただいた方も多いようで、かなりのポイントでした。もしかすると、「拍手」のみをクリっとされた方もいらっしゃるかもしれません。N.Bの願いは、ここのクリックです!毎日クリッとよろしくお願いしますw

毒は・・・どうしましょうかねぇ・・・MERCURYさんw

◆◆◆

さて本題。

みなさん、豊田泰光氏をご存じでしょうか。

多分、まだ、週ベに表題の連載コラムを持っているのではないかと。

旧西鉄ライオンズの黄金時代のショートで、清原選手に抜かれるまで、高卒新人の最多ホームラン記録(27本)を持っていた選手です。二番打者で打ったというのが驚きですね。

ちなみに、現役時代は知りませんよ。私はw

彼は、古い時代の選手にしては、新しい考え方を持っている印象で、他のお年寄り連中よりは良い印象を持っているOBです。あと20歳若ければなぁ・・・

以下、著書『「まぐれ」と極意』からの引用です(だと思います)。

 目標を同じくする部下であっても、ゴールに至る道筋は人それぞれだ。能力も異
 なれば、性格も違う。問答無用で型を押し付ける部分も確かに必要だが、本人が
 自ら方法論を模索し、克服しなければならない局面の方が、実は多いのである

 
 現役で実績を残した人間が、良い指導者になれるという保証はどこにもない。小
 手先の技術を向上させるくらいならどうとでもなろうが、選手の個性を見抜き、
 一流を目指して適切な指導を行うのは並大抵のことではない



まさに、どこかでハマっているような話です。黄金時代に実績を残したOBが寄ってたかってチームを悪くしている・・・名選手=名監督で無いというのは昔から言われていますが、カープは特にその傾向が強いですね。

外部の血を導入しない体質もその傾向に拍車をかけている気がします。

結局、これだけ結果が出ないのであれば、カープの監督・コーチは努力を行っていると言われても否定できませんよね。選手に責任を負わせるなんて言語道断です。


 基礎となる身体作りと、支え合う精神ができている者に対しては、指導者は最低
 限の助言をするだけでよい。彼らは指導者に、自らの力を最大限に引き出す戦略
 を期待しているのである。それこそ正しい上下関係であり、組織が永続的な発展
 を遂げるための要となるのだ。

 
 指導者には、まず、新人に「自分のセオリー」という意識を芽生えさせる努力が
 必要だ。時間を要する上に根気のいる作業であり、もはや手遅れという相手もい
 よう。それでも、迎え入れた新人を、単なるイエスマンではなく、組織を支える
 戦力に育て上げたいのであれば、この道を避けてはいけない。



野球に限らないですね。「自ら考える」人材を育てる。会社でも難しい話です。

話は逸れますが、組織として、効率化を進めるあまり、「誰にでも同じ品質でモノを作れる仕組み」を構築したとしましょう。その製品が作れば作るだけ売れる場合は、問題ありませんが、中国や東南アジア製のより安い製品が出て来る、そして、消費者に飽きられる・・・ようになってくると、同じものを同じように作っているだけでは、勝ちぬくことはできません。

その際、製品企画を含めた開発の上流も重要ですが、実際のモノづくりの現場では「新たな仕組み」を構築する必要に迫られます。その時に、

「新たな仕組み」を作る人材がいるか?

ということ。旧来の仕組みの中で、同じ手順に沿ってモノづくりを進めてきた、そのような仕組みを作り上げて来た弊害ということなんでしょうが、根が深い問題です。ただ、モノづくりの現場では「手順に沿って作る」ことも重要なんですよね。

すみません・・・愚痴でした。

 「俺の言うことに間違いはない。黙ってやれ!」

と言う考えの方、私の会社にも多いです。

口を開けば、

私の若いころは・・・

自分が、今の時代に適合出来てないことに全く気付いていないことは不幸ですね。

そういう人には早くリタイアして欲しい!

ですよね?皆さん。

自分の過去の成功体験が絶対でなく、成功体験でも簡単に捨てられる人が強いんでしょうね。

あなたはどちらのタイプですか?

↓下に、全引用を掲載しておきます。

【型を押し付けない】

 あなたは部下にとって「間違いだらけの辞書」になっていないか?
 
 目標を同じくする部下であっても、ゴールに至る道筋は人それぞれだ。能力も異
 なれば、性格も違う。問答無用で型を押し付ける部分も確かに必要だが、本人が
 自ら方法論を模索し、克服しなければならない局面の方が、実は多いのである。
 
 現役で実績を残した人間が、良い指導者になれるという保証はどこにもない。小
 手先の技術を向上させるくらいならどうとでもなろうが、選手の個性を見抜き、
 一流を目指して適切な指導を行うのは並大抵のことではない。
 
 まず、型にはまった指導が危ない。野球でよくある例を挙げよう。
 
 生まれ持って体が硬い右打ちのスラッガーがいたとしよう。腰の回転が微妙に遅
 れるがゆえに、わずかに差し込まれたボールはライト方向に飛ぶ。そういう選手
 に対して、バッティング・フォームの分解写真を見せながら、型通りの矯正を試
 みても意味がない。成果が上がるどころか、その選手は調子を崩していく可能性
 が極めて高い。こういったケースは、選手、指導者双方にとって不毛でしかない。
 
 プロ球団でレギュラーの地位を確保し続けているような一流プレーヤーは、型に
 はまった指導をそのまま受け入れない免疫力を持っている。自分の体格、プレー
 の癖、長所・短所までをよく心得ているから、指導者の指摘が自分に当てはまる
 か否かを瞬時に判断できる。当てはまらなければ「はいはい」と空返事をして、
 無視する。必要だと判断したら、自分に合った方法論にそしゃくしてから受け入
 れる。そんな防衛力がきちんと備わっているのだ。
 
 しかし、肉体的な素養や器用さだけで、ある程度のレベルに上がってきた選手は
 素直である。何かを言われれば即座に「はい!」と、返事だけはいい。だから、
 ダメな指導者が調子に乗って次々と型通りの指導を押し付けていく。
 
 そうした選手には自分のプレーと照らし合わせて指導内容をそしゃくするという
 思考が欠落しているから、次の日には忘れているか、無理に当てはめようとして
 調子を崩してしまうかのいずれかだ。このような悪循環を生む土壌が、まだまだ
 日本中の野球指導の現場に残っている。
 
 日本の少年野球指導が往々にして型の押し付けであるのに対し、米国では「な
 ぜ?」を子供達自身に考えさせる工程を非常に重視した指導を行っている。メ
 ジャーリーグに個性豊かな選手が次々と登場するのは、少年野球からプロ予備軍
 まで、こうした指導哲学で貫かれた土壌があるからなのだ。
 
 しかし、現実はどうだ。自らが「間違いだらけの辞書」であることに気が付いて
 いない指導者は、自分もかつて上の者から押し付けられたであろうやり方を強制
 し、従わない者をなじる。それに嫌気がさした若者は野球から離れ、残る者は
 「生き残るためには、これを我慢するしかない。言うことを聞くしかない」と、
 卑屈な感情を溜め込んでいく。
 
 彼らは意思を持たないイエスマンであり続け、それが次の〝裸の王様〟を生む温
 床になる……。この悪循環を断ち切る勇気を指導者が持たなければ、野球界の衰
 退を食い止めることはできない。
 
 基礎となる身体作りと、支え合う精神ができている者に対しては、指導者は最低
 限の助言をするだけでよい。彼らは指導者に、自らの力を最大限に引き出す戦略
 を期待しているのである。それこそ正しい上下関係であり、組織が永続的な発展
 を遂げるための要となるのだ。
 
 指導者には、まず、新人に「自分のセオリー」という意識を芽生えさせる努力が
 必要だ。時間を要する上に根気のいる作業であり、もはや手遅れという相手もい
 よう。それでも、迎え入れた新人を、単なるイエスマンではなく、組織を支える
 戦力に育て上げたいのであれば、この道を避けてはいけない。

 「俺の言うことに間違いはない。黙ってやれ!」

 と怒鳴りたい気持ちをぐっとこらえ、自ら考える習慣を身に付けるヒントを与え
 るべきだ。




-----

あと、↓も引き続き募集中です。どこかのタイミングで集計します。

急募:新首脳陣
スポンサーサイト
2010.06.08 Tue l その他 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
 「俺とお前と大五朗~」の人ですよね。
 今の首脳陣を見てると、ここまで考えかたが他人に表現できないと指導者をやらせるべきではないかとも思います。就任させる前にどのように成果を上げるかをレポートで出させて試験させたほうが良いのではと思ったりもします。
 マスコミに対してのコメントでもいまいち感がありますし、 カープの首脳陣それ自体がOBの天下り先になっていてダメな組織の典型ですね。
2010.06.09 Wed l 緑の酒屋さん. URL l 編集
Re: No title
緑の酒屋さん

>  「俺とお前と大五朗~」の人ですよね。

最初わかりませんでしたw
ネットで検索してやっと・・・そのとおりです。

>  今の首脳陣を見てると、ここまで考えかたが他人に表現できないと指導者をやらせるべきではないかとも思います。就任させる前にどのように成果を上げるかをレポートで出させて試験させたほうが良いのではと思ったりもします。
>  マスコミに対してのコメントでもいまいち感がありますし、 カープの首脳陣それ自体がOBの天下り先になっていてダメな組織の典型ですね。

首脳陣のトレーニングをやるための方法を考えて欲しいですね。試験も含めて。2軍だけではダメなので、アイランドリーグに派遣するなどの方法はとれませんかね?

コメントありがとうございました。
2010.06.10 Thu l ニュービギニング. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://newbeginning436.blog77.fc2.com/tb.php/807-d57b081b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。