レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて 突然復活企画 カープエイド2010

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

突然復活企画 カープエイド2010


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
あなたは、(株)広島東洋カープの社員です。今年も仕事そっちのけでチームを応援していたものの、その声は届かず、昨年以上の低迷状態、仕事も手に付かず、会社ではカープファンのブログにオーナーや監督の悪口を書いておりました。

そんなある日、速報サイトを見てみると、

広島 00
横浜 21

先発:清水(横)、長谷川(広)

あなた:「長谷川・・・この3日間一緒じゃないか・・・真面目に仕事するか・・・」

と、思い、通常業務に戻ったとき、

秘書:「ニュービギニングさん、オーナーがお呼びですよ!」

と、オーナー秘書の声が。

あなた:「(またあのおっさんか)・・・すぐに伺います」

コンコン(ノックする音)

あなた:「ニュービギニング(仮名)です」

元:「入りたまえ」

あなた:「どんなご用件でしょうか?」

元:
「昨年、君にGMを任せる話をしたが、あのときは実現できなかった。結局、わしが独断で進めたのだが、とあるブロガが『普通の監督ならCS確実』なんて言ってるから監督を変えてみたが、何だ?あの体たらくは、のむら監督は、普通の監督じゃないのか?」

あなた:
「(おいおい、素人の意見を取り入れてやってんのか?それならもう少し・・・(以下、自主規制))そんな文句は、私じゃなく、そのブロガさんに言ってくださいよ。新人監督なんてリスク高いのは分かってるんだから、ヘッドコーチなどで、早めに入閣させて勉強させるのが組織としてのリスク管理じゃないですか?」

元:
「うっ、まあ、そのとおりだが・・・最近、おーのコーチの目は生気がない上に、NHKの関係者と再就職について接触しているという話も聞く、のむら監督もベンチで浮いているらしい(あくまでもフィクションです)。そこでだ、今度は本気でGMとして採用するので、もう一度意見を聞かせて欲しいんだ」

あなた:
「えっ、ルイス投手もいなくなったし、厳しいですよ。のむら監督の言うように、本気で今年から優勝を狙うんですか?」

元:
「うっ、それは、まあ、観客動員数が減らない程度の順位に抑えて、3年後くらいに優勝争いをしてくれれば良いが・・・優先起用選手まで指定しても良いぞ。」

あなた:「ダメならクビですか?」

元:「まあ、今よりは下がらんだろう・・・とりあえず、今よりも上がればクビは無しだ・・・だが、3年後はわからんぞ。」

あなた:「いくら出します?あっ、私への報酬じゃないですよ。チーム補強費です。」

元:「それは前回と同じだ。(注:現行人件費を除き、年間2億。その他条件は、ここ参照)」

あなた:「わかりました・・・少し、時間をいただけますか。」

部屋に戻り、俺は速報を見て見た。

あなた:
「そのまま負けか・・・おっ、前田選手のホームランか・・・でも、焼け石に水だな・・・2軍は楽しみな選手はいるけど、最下位らしいし・・・」

さて、窮地に立たされたあなた・・・とにかく、良い策を考えなければ、3年でクビ・・・らしいです。あなたならどのような再建策を考えますか?

◆◆◆

とまあ、4月にこんなネタを復活させるとは思いませんでしたが、遊び気分で参加いただければと。1軍枠としては昨年よりも厳しいですが、楽しみな若手選手がいることも事実。漠然としすぎて難しいかもしれませんが、日頃思っている強化策をコメントいただければと思います。テーマをもっと具体的して欲しい・・・とか、もっと制約をつけて欲しい・・・など、設問に対するアドバイスがあれば、そちらもよろしくお願いします。

できれば、マニフェスト(2年後に優勝!とか、観客動員200万とかw)を最初に宣言した上で、その実現手段を書いていただけるとうれしいです。

良いプランがあれば、球団に送って提案してみましょう!

俺がカープを強くしてやるぜ!!!

という熱い方、ポチっ&コメントお待ちしております。

(ちょっと去年の文章をそのまま利用しているところが多いですw)
スポンサーサイト
2010.04.11 Sun l カープ2010 l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

2年後の優勝を狙います(目標高すぎ?)
前書いたのと内容そんなに変わらないかもしれませんが・・・まず13人程度切ります。そして今年の豊作ドラフトで10人+育成選手数人を獲得し、外国人は投手3人野手3人の6人体制にします。野手は日本での実績のあるHRバッターも獲ります。後はトレードをちょろちょろと。3つくらい。お金は外国人獲得に使います。FAで今獲得できそうないい選手いなさそうですし。とにかく血の入れ替えを重視。細かく選手を名指ししたいですが、それは時間がかかるのでやめときます。2年後の1軍メンバーは今の1軍メンバーから半分以上は変わっているようにします。だいたい・・・
捕手 会沢 石原
内野手 東出 小窪 栗原 堂林 外国人 新入団選手 現選手の内1人
外野手 天谷 岩本 外国人 新入団選手  現選手の内1人
内外野どちらか 新入団選手 外国人
投手 前田 今村 大竹 篠田 外国人 新入団選手×5? 現選手の内2人
スタメンは天谷 東出 栗原 外国人 外国人 岩本 堂林(ショート?) 会沢 という感じですかね。
う~ん。栗原がこのままであればポジション的にも危ういかも。あと二遊間の小兵ぶりがきになるのでできれば堂林はショートをやってほしい気もします(またはショートの長距離外国人)

ドラフトと外国人さえしっかりしていれば、お金がなくても強くはできると思いますよ。もちろんたまにはFA選手欲しいですが、正直ヤクルトの藤本くらいならあえて・・・と思います。
2010.04.12 Mon l 7番打者. URL l 編集
早っ もうこの企画w
 この調子で行けば5月中に今年を振り返りそうですねw
  今年は再検討、来年は再構築ですかね。
 ①まず軸となる選手の獲得。候補としては野手は内川、投手としては黒田ですね。他の長距離砲(村田とか)であれば競合は難しいですが内川に関しては、1塁専門のアベレージヒッターでは他球団としては評価が微妙ですが、カープ打撃陣との兼ね合いでは十分かと。 黒田は投手陣のまとめ役ですね。マエケン、大竹にはまだ自分のことに専念してもらいたいですね。
 
 ②支配下選手の仕分け
 1.軸と見込む選手 2.1軍候補 3.トレード要員 4.自由契約
 3は2が被る事もあり。4の人数は今年取れる選手の伸びしろと4の選手との評価を客観的(過去と今年の成績)に評価。 ただここ数年の2軍選手の伸び悩みを考えると20代後半から30半ばの選手、20代前半でも内容次第では4の人数を増やし、育成枠の獲得数を増やし支配下枠を彼らで争ってもらうのも有かと(その為には育成選手は高校生以外が望ましいかと)。支配下でも育成に容赦なく落とすことも必要かと。
  ③カープOBの監督、コーチの枠を3割に減らす(ただし出た人に関しては例外)
 3割にしたのは急激な変化を望まない体質なのと生え抜きでも有能な方はいると思ったからです。それと数を増やして欲しいですね。怪我が多い原因の1つにあれだけの人数を見れないと思ったからです。 それと選手がコーチに意見を求める時に、特定のコーチでは持ってる引き出しに限りがあるのではと思いました。育成を掲げるのであればGみたいにコーチの質と量に関しては拘って欲しいですね。
 ④外国人に関しては7番打者さんと同意見ですね。

  書いてるうちに長くなってしまいましたが(まだ思う事はあるのですがきりがないので・・)簡単に言えば組織全体の血の入れ替えが必要だと思います(もちろんフロントもですが)。緩やかな延命よりは大規模な外科手術の時期ではないかと。
2010.04.13 Tue l 緑の酒屋さん. URL l 編集
すごい毒ガスですこと(笑)
前回書いた記憶が無かったのですが、読み返してみて
何ていい加減なコメントなんだと反省しております。
今回は本気で考えました(笑)

目標とするチームはオランダのアヤックス。
選手を育てポスティングもしくは金銭トレードで国内外問わず売ってしまう。

まず支配下登録の選手を50人まで絞る。
残りは全員育成契約。トータル70人。
育成は3年で結果が出なければ即解雇。
支配下の選手も25歳までに1軍に登録されなければ育成へ降格。
常に50人の枠を徹底し競争意識と危機感を植え付ける。
浮いた人件費でリトルリーグとシニアリーグのチームを作る。
(サッカーで言うユースの感覚)
チームの監督、コーチ、スタッフは球団OB。
それで少しは再雇用の枠も広がる。
そして全国から有能な小学生や中学生、高校生を集めまくる。
シニアのチーム(高校生)は独立リーグに参戦。

このチームに根本的に欠けてるのは競争力。
この土日のファーム観戦で痛感しました。
支配下枠を減らすことで競争意識を植え付け、
巨大戦力ではないのでいつでも誰にでもチャンスがある状態にしておくことで
選手も比較的獲得しやすくなるのでは。
下部組織で有能な選手は若いうちから育成契約をしておく。
欲しいという球団があれば売る。
それで資金が潤沢になれば勝ちにいく編成を始める。

そしてGMの最大の仕事はこのシステムを確立するために
他球団、コミッショナー等関係各所を説得する事です。
これが一番大変でしょうが(笑)




2010.04.13 Tue l MERCURY. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://newbeginning436.blog77.fc2.com/tb.php/689-d5eea60f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。