レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて 語源いろいろ

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

語源いろいろ


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
先日の中日新聞で面白い特集があったので、一部ご紹介させていただきます。

◆◆◆

1/31の中日新聞の日曜特集で紹介された、語源遺産の紹介です。おそらく、東京新聞でも同様の記事が入っていたのではないでしょうか?

皆さんも良くご存知の「のろま」や「ごたごた」、「へなちょこ」と言った言葉の語源の発祥地を「語源遺産」として紹介されています。「八百長」の語源は有名だと思いますが、その他の言葉も調べてみると面白いかもしれませんね。地元の方や、その地を訪問したことのある方はご存知かと思いますが、そうでない方や、その地方を訪問する予定のある方は、参考にしてはいかがですか?

(以下、中日新聞1/31 日曜版より引用)

・のろま(佐渡)
 江戸時代に野呂松勘兵衛という人形遣いが用いた道化の操り人形「のろま(野呂松)人形」の動きから来たそうです。佐渡に現存し、その人形は、国指定重要無形民俗文化財として指定、保護されているようです。芥川龍之介の作品でもあるようですね・・・今知りました(恥)

・ごたごた(神奈川・建長寺)
 鎌倉時代に来日し、建長寺第二世となった中国の高僧・兀庵(ごったん)和尚が、口うるさく説教や議論をしていたことに由来するという説があるようです。

兀庵(ごったん)和尚資料はこちら

・へなちょこ(東京)
 明治13~14年に新聞記者の野崎左文らが作った言葉。神田明神の料亭「開花楼」の主人が粘土質の土「へな」で作った楽焼風の「猪口」が注いだ酒を吸い込み、飲む人をあきれさせたことから、外見は立派だが役に立たない意に使われる。料亭で生まれ、新橋花柳界で流行った。

・泥棒(愛知)
 土呂(現在の岡崎市福岡町)にあったお寺の土呂坊から。三河土呂の一向宗徒が党を組んで徳川家康に立ち向かったことが語源。

・らちがあく(あかない)(京都)
 京都・上賀茂神社の神事「競馬会(くらべうまえ)」から。らちは馬場の周りを囲う柵。もともと競馬会は暴れ馬を乗りこなす命がけのレースで、馬の乗り手やその一族は何ヶ月も前から何事にも手がつかない緊張状態が続く。競馬が終わって無事に乗り手が帰って来て、ようやく普段の生活が始まる、すなわち「らちが明く」。本来肯定形だが、現在は多く、否定形で使われる。

・土壇場(東京)
 江戸伝馬町牢屋敷内にて斬首のため土で築いた台を「土壇」と言う。土壇場、すなわち処刑場のことであり、追い詰められた状態の例えとなった。

・登竜門(中国)
 海外ネタも。黄河中流域の急流「竜門」を昇った鯉は竜になると言われた。

うーん・・・知らなかった。薄学の自分を反省です・・・他にも、阿漕、破天荒、びびるなどの言葉が紹介されていました。皆さんも調べてみてはいかがですか?

語源辞典もありました。いろいろ調べてみようと思います。
スポンサーサイト
2010.02.11 Thu l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://newbeginning436.blog77.fc2.com/tb.php/615-61e49df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。