レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて 今まで読んで来た本・・・

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

今まで読んで来た本・・・


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
ちょっと古い話になりますが、私的にあっと驚くニュースが・・・

訃報:サリンジャーさん91歳=「ライ麦畑でつかまえて」

失礼な言い方になりますが、まだ健在だったのか・・・と。私の中では、「歴史上の人物」であったので、既に亡くなられた方かと思っていました。紹介される写真も古いものでしたしね。「ライ麦・・・」は読んで無いですが、私でも知っている作品であり、世界的な作家だったと思います。どういう気持ちで隠遁生活を送られていたのか分かりませんが、謹んでご冥福をお祈りいたします。

さて、このニュースを見て考えたのが、タイトルにあるようなこと。

正直、文学作品は苦手でほとんど読んで無いんですよね。記憶にあるところで「次郎物語」くらい。で、最近はビジネス書中心。やはり、中学生~大学生くらいまでが良く読んでいたと思います。

最初に読んだ小説と言うと・・・多くの小学生がそうであったかと思いますが、ルパンシリーズ(モーリス・ルブラン)と明智小五郎シリーズ(江戸川乱歩)、そしてホームズ(コナン・ドイル)・・ですかね。ありきたりですがw

多分、最初に読んだのは、「奇岩城」だったと思います。

入り方がそうだったので、仕方なかったのですが、ミステリー・推理小説に興味を示し、その後も、金田一シリーズ(横溝正史)などを良くよんでました。

基本的に、外国の作品は名前を覚えるのが苦手で読まなかったのですが(世界史を専攻しなかったのも同じ理由)、それでもいくつか有名作品は読みました。世界最初の推理小説と呼ばれる「モルグ街の殺人」やX・Y・Zの悲劇で知られる、ドルリー・レーンの登場するエラリークイーンの作品。「レーン最後の事件」も読んだ気がします。海外の作品はそれくらいですかね。

父がこの手の本が好きだったので、家にあったものを良く読んでおり、その影響で手を伸ばした作者もいます。黒岩重吾さんや「汚れた英雄」の大藪春彦さんなど、上に挙げた作品とはちょっと逸れる気がするのですが、彼らの作品も読みました。

その流れでハマったのが、テレビドラマ化された「黄金の犬」で有名な西村寿行さんの作品。懐かしいですね。「サンセットメモリー」と言う主題歌が流行った気がします。凌辱シーンが多いのですが、彼の「鯱」シリーズは、だいたい読んだ気がします。仙石文蔵と十樹吾一のやり取りとか好きでした・・・マニアック過ぎですね。世代が合えば、「黄金の犬」や「犬笛」などはご存じの方がいるかもしれませんね。

推理小説の話に戻ると、「赤カブ検事シリーズ」で有名な和久峻三さん。肝心の「赤カブ検事」はテレビでしか見ていませんが、他の作品は何度か読みました。

その他、「人間の証明」、「野生の証明」の森村誠一さん。「白昼の死角」や「検事霧島三郎シリーズ」、「神津恭介」シリーズの高木彬光さん。他には、「時を掛ける少女」で有名な筒井康隆さん。実際には、「時をかける少女」は見ておらず、「家族八景」、「七瀬ふたたび」などの「七瀬ちゃん」シリーズやショートショートが好きでした。ショートショートと言うと、星新一さんも読み増したね。

最近では、東野圭吾さんがメインですが、宮部みゆきさん、「ホワイトアウト」や「アマルフィ」の他、ドラえもんなどの脚本も手がける真保裕一さん、福井晴敏さんの作品などを読んでいます。

う~ん・・・オチが無いですね。まあ、酔っ払いの独り言と思って聞き流してください。

皆さんはどんな本を読んでますか?面白そうな本があれば、ぜひ紹介してください。
スポンサーサイト
2010.02.07 Sun l その他 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
何か懐かしいですね。子供の頃は学校から江戸川乱歩借りてましたね。後は司馬遼や三国志とか読んでましたね。 上記で挙げられた作品はドラマの印象が強いですね。「赤カブ」はフランキー堺、明智小五郎は天知茂、「白昼の死角」は渡瀬恒彦だったかな?って書いてるうちに自分も歳を取ったなと感じてます。 しかし真保裕一さんはドラえもんの脚本を書いてるのですね。福井晴敏さんも「ガンダム」書いてるし、作家さんも昔以上に活動の場が広がっているのですね。
2010.02.08 Mon l 緑の酒屋さん. URL l 編集
Re: No title
緑の酒屋さん

> 何か懐かしいですね。子供の頃は学校から江戸川乱歩借りてましたね。後は司馬遼や三国志とか読んでましたね。

確かに司馬遼太郎さんも読みましたね。あと、書きませんでしたが、松本清張さんも読んでました。なんか、読んだ「本」ではなく、読んだ「作家」と言うタイトルの方がぴったり来ますねw

> 上記で挙げられた作品はドラマの印象が強いですね。「赤カブ」はフランキー堺、明智小五郎は天知茂、「白昼の死角」は渡瀬恒彦だったかな?って書いてるうちに自分も歳を取ったなと感じてます。 しかし真保裕一さんはドラえもんの脚本を書いてるのですね。福井晴敏さんも「ガンダム」書いてるし、作家さんも昔以上に活動の場が広がっているのですね。

解りやすい作品を・・・と思い、読んで無いものでも映像化されている作品を上げてみました。天知茂さんの明智小五郎は懐かしいですね・・・「白昼の死角」はドラマ版の新しい方が、渡瀬恒彦さんのようですね。映画だと夏八木勲さんのようです。wikiで確認しましたw

ただ、「白昼の死角」の映像はあまり記憶に無いんですよね・・・

真保裕一さんのドラえもんは驚いたのですが、福井さんはガンダムですか?知りませんでした。これらの作家がアニメの脚本を書くことでストーリーもしっかりしてくるのかもしれませんね。

この記事にコメントいただけるとは思いませんでしたw
ありがとうございました!
2010.02.08 Mon l ニュービギニング. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://newbeginning436.blog77.fc2.com/tb.php/603-2707b1e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。