レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて つれづれ 補強と育成(4)

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

つれづれ 補強と育成(4)


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
補強と育成について第4回です。
既にくじけてますが、細々と続けていきます。

とりあえず、前回分はこちら。

今回は、中日の投手陣から再開です。

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

■中日
川上 憲伸 D1(大)
岩瀬 仁紀 D2(社)
朝倉 健太 D1(高)
佐藤 充 D4(社)
川井 進 D4(大社)
中里 篤史 D2(高)
吉見 一起 D希(社)
中田 賢一 D2(大)
チェン 外
平井 正史 移
山本昌 D5(高)
齊藤 信介 D6(大社)
浅尾 拓也 D3(大)
小笠原 孝 D3(大)
ネルソン 外
清水 昭信 D6(大)
高橋 聡文 D8(高)
長峰 昌司 D5(高)
小林 正人 D6(大)

FA・・・0名
移籍・・・1名
外国人・・・2名
大社・・・11名
高卒・・・5名

イニング数が少ないため、鈴木(大)、山内(大)、山井(大社)は削除しています。

FA選手はいませんが、バランスが良いですね。即戦力の大学・社会人選手が多いは多いですが、高卒投手もしっかりと育てています。目立つのがドラフト下位指名の選手。4位以下で立派に戦力になっている選手が多い気がします。これはスカウトの目が確かなのか、2軍の育成がしっかりと機能しているのか。いずれにしろ、素晴らしいことだと思います。

調べていて思ったのですが、1993年以降、2000年まで、逆指名の選手の入団が少ないように感じました。目立つところで川上、福留くらいでしょうか?1、2位で高卒(高卒の逆指名はないですよね?)を指名している年も多いですし、巨人やソフトバンクに比べると、逆指名制度の恩恵は受けてない気がします。自由枠に至っては、2004年の樋口(退団)を除いて、行使しておりません。広島と同様、地方球団のため、これらのドラフト制度の恩恵はあまりなかったのかもしれませんね。広島と比べると失礼ですかね。

昨年、FAでとった和田の補償選手として岡本が移籍しました。岡本がリストから外れたことに衝撃を受けたのですが、2008年を見ても、大きな中継ぎの穴は見えませんでした(ファンの方からみたらそうではなかったかもしれませんが)、投手陣全体を見ても、朝倉、中田、山井の誤算はあったものの、しっかりとそれを補う選手が出てきており、選手層の厚さを感じます。

地元の選手もしっかりと指名(岩瀬、朝倉、堂上、浅尾)した上で、中央球界では無名の他地方の選手も指名し、しっかりと育成し戦力にする。優れたスカウト力とドラフト戦略+育成力がないとできませんよね。打線でのFA補強など、指摘する人も多いですが、育成の面からみると、素晴らしい実績を残していると思います。

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

続いて広島です。

■広島
ルイス 外
篠田 純平 D1(大)
宮崎 充登 D希(社)
大竹 寛 D1(高)
前田 健太 D1(高)
上野 弘文 D3(社)
永川 勝浩 D自(大)
齊藤 悠葵 D3(高)
高橋 建 D4(大社)
横山 竜士 D5(高)
コズロースキー 外
梅津 智弘 D6(大)
長谷川 昌幸 D1(高)
大島 崇行 D3(高)
青木 高広 D4(社)
岸本 秀樹 移
シュルツ 外
ブラウワー 外

FA・・・0名
移籍・・・1名
外国人・・・4名
大社・・・7名
高卒・・・6名

イニングが少ないため、広池(大社)、青木勇(移)、牧野(移)、森(大)、林(高)は抜けてます。

希望枠、自由枠の少ないこと・・・これがドラフト制度の弊害を受けているカープの現状なんでしょうね。希望枠、自由枠共に使用実績は、各1名(永川、宮崎)のみ。カープじゃあ、裏●を出せないのと、地方球団に好んで来てくれる人は少ないってことなんでしょうね。93年から2000年までも逆指名ってのがありましたが、ここでも、逆指名してくれる選手が少なく、1、2位で高校生を指名していることが多いのが悲しいです。この時期に入団してくれた、山内、沢崎、黒田には今更ながら感謝感謝ですね。

と、話がずれましたが、上記のようなドラフトの事情はあるものの、高卒選手が多いですね。もちろん、分母が多いので、確率的には???ということで、「育成が得意」というのには御幣があるわけですが、一定の成果を出しているのも事実です。特に、ここ数年では、大竹・大島・斎藤・前田(健)、今井、相澤など、楽しみな若手投手も多く、一時のつぶしまくる時代から変わってきたかもしれません。できれば、この楽しみな若手の中に、佐藤も入れたいですが。頑張れ!佐藤。

FA選手なども少し獲ってくれれば全体のバランスも良いのですが、球団方針ですからね。今年は少し変わりつつあるので、期待しながら見てみたいです。ヤクルトが相川を狙っているそうで、実現すれば、ヤクルトのFA補強も初めてみたいですね。見習って欲しいです。

投手陣に関しては、前述のように中日が結果を出しています。これを目指して、しっかりと育成ベースで投手王国を作り上げて欲しいです。



更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
スポンサーサイト
2008.11.25 Tue l つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://newbeginning436.blog77.fc2.com/tb.php/59-35c7165c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。