レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて 15年前の今日・・・

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

15年前の今日・・・


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
もう15年になるんですね。

私自身、神戸で生活したことも無いですし、何の繋がりがある訳ではないのですが、非常にインパクトが強い出来事でした。

当時、私は、入社して2年目だったと思います。会社の寮に住んでいました。

その日の朝、神戸から約200km離れた名古屋でしたが、激しい揺れで目が覚めました。

横になったまま、寮に備え付けの家具とその上に乗せた荷物が揺れているのを見て、「ボロイ寮だから揺れてるのかなぁ・・・?」(築30年以上経過した寮でした)と呑気に思っていましたが、その気持ちは翌朝吹っ飛びました。

テレビに映し出される想像を絶する映像。それまでも、大地震に襲われた都市の映像を見た経験はありましたが、地球の裏側の南米や行ったこともないヨーロッパなどの映像でした。もちろん、外国だったら良いという意味ではないのですが、自分が通ったことのある高速道路が倒壊し、そして、先輩や友人が住んでいる街が廃墟になっている映像に、自分自身、恐怖を覚えたのを記憶しています。

大学の先輩、友人達、そして、同期入社の友人のご家族など。なかなか連絡が取れなかった人もあり、落ち着かなかった時期もありました。幸いにも私の知り合いで命を落とされた方はいなかったですが、家が損壊された方はいたようです。

◆◆◆

そして、今日のスポニチの紙面。当時、7歳、5歳のお子さんを亡くされた方の記事がありました。被災の前日に書いた日記のこと、その後産まれた妹、弟との生活。周りに人がいたにも関わらず、涙目になって読んでました・・・最近、涙もろいニュービギニングです。

当時、インパクトを感じたのは事実ですが、子供を持つ今、当時とは違う想いを持ったようです。自分に置き換えてしまうんですかね。

実際に被災された方に失礼かもしれませんが、私を含めた周囲の人もいろいろな影響を受けました。仕事に対する取り組み、人生に対する考え方など、大袈裟かもしれませんが、実際にそうでした。本気でボランティアに行こうとした人間もいました。その中で、印象的だったのが、先輩の一言。

「我々の仕事って人のためになってるのかなぁ・・・?」

自衛隊、消防、ボランティアの方が現場で必死で戦っているのを見て感じられたことだったらしいですが、妙に印象に、そして、記憶に残っています。

神戸の方々はそんなことは無いと思いますが、15年経過し、我々の中であの時の記憶も風化しつつあります。(不謹慎かもしれませんが)もう一度、あの時の気持ちを思い出し、毎日を一生懸命生きるのが必要かな・・・と思ったニュービギニングでした。

なんかまとまりが無い文章になってしまいました・・・いつもですが・・・

以上、1月17日に自分なりに思ったことでした・・・
スポンサーサイト
2010.01.17 Sun l その他 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

当時は大学1回生でした
マージャンが終わってベッドでマンガを読んでたところ
あの地震が始まりました。
最初は「地震じゃ」くらいの感覚だったのですが
だんだん揺れが強くなってくる。
「こりゃ大きいな」と思っていたのだが
経験上ではおさまるはずの揺れがおさまるどころかどんどん強くなる。
最後の方なんか何も考える余裕なんて無かった。
幸い山奥の寮に住んでいたために被害は皆無に等しかったですが
その後続いた余震に随分と恐怖を感じたものです。
次の日には広島に帰ったので苦労は何もしてないのですが
それでも忘れられない体験です。
2010.01.18 Mon l MERCURY. URL l 編集
Re: 当時は大学1回生でした
MERCURYさん

お久しぶりです。

> 経験上ではおさまるはずの揺れがおさまるどころかどんどん強くなる。
> 最後の方なんか何も考える余裕なんて無かった。
> 幸い山奥の寮に住んでいたために被害は皆無に等しかったですが

被害が小さいところでも、過去に経験のないような揺れだったんでしょうね。名古屋でも目が覚めるというのは尋常じゃないですから。

> その後続いた余震に随分と恐怖を感じたものです。
> 次の日には広島に帰ったので苦労は何もしてないのですが
> それでも忘れられない体験です。

多分、忘れられないし、忘れてはいけない経験なのだと思います。風化させないというのは経験したものの役割なんでしょうね。

コメントありがとうございました。
2010.01.18 Mon l ニュービギニング. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://newbeginning436.blog77.fc2.com/tb.php/587-a48fc511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。