レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて ダルビッシュ投手の凄さ

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

ダルビッシュ投手の凄さ


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
12月だったと思いますが、報道ステーションでダルビッシュ投手の特集がありました。

過去に、「自分は変化球投手」と言っていたことは覚えていますが、まさかあれほどまで考えていたとは・・・驚きました。

ひょっとすると(カープ投手陣を含めた)他の投手もあれくらい当り前のように考えているのかもしれませんが、残念ながらそうは見えません(悲)

ハーフであるが故に、おそらく、どの日本人投手も敵わないような投手向きの肉体と顔(あっ、これは関係ないか)を持つ投手があれだけ考えて日々成長してるとすると追いつきようが無いですよね。

とりあえず、(放送を)見たかたも多いと思いますが、彼のブログを紹介しておきますね。

「投げる」事。
新・変化球が生まれないワケ。

内容はここでは触れませんが、驚くべきところは彼が中学時代から考えていたということ。

ブログの文章を見てても、非常にクレバーな印象を受けますね。見方が変わりました。

改めて、一流、超一流と呼ばれる選手は、「自分で考える」、「考えてプレーする」ということが不可欠なんだろうな・・・と思った次第です。

以下、彼のブログの一文から。


体を鍛えるのに時間制限はありますが、考えることには時間制限はないです。

・・・

シンキング・イズ・グローイングですね。



参りました!

彼がどこまで行くのか見てみたい気がしますね。

彼を見習えとは言わないですが、

カープの選手にも頑張って欲しいですね!

なるほどと思われた方は、くりっとお願いします。

(プロの選手なら)これくらい当り前・・・であって欲しいなぁ・・・
スポンサーサイト
2010.01.03 Sun l その他 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

No title
明けましておめでとうございます。

久し振りのコメントですが、私もダルビッシュのTVを見ました。確か栗山がインタビューしていたと思いますが、目が飛び出ましたよ。

凄い選手ですね。あのフィジカル、メンタル、技術に加えて、あそこまで考えているとは、ただただ感心しました。

そこまで日ハムのスカウトは見抜いていたのか、たまたまなのか。プロに入って伸びるかどうかは、こういうところも関係してるんでしょうね。

今年の2軍!(1軍じゃないところが悲しい)はその考え方なども含めて楽しみですね。

今年の私の所のレクレーションに、由宇球場見学ツアーを企画してもらおうかな^^;
2010.01.03 Sun l オバrev. URL l 編集
どこかで聞いたような話
MERCURYさんの「投球=ジャンケン」説ですよね。

その場、その場、臨機応変に打者に対し勝負するバッテリー(ベンチワーク)を観たいものです。
コントロールがあろうがなかろうが、相手の裏をかく頭脳的配球采配を観たいものです。
糸の垂れ下がった操り人形はもうたくさん(屁たれの人形遣いでは自力で立てない・・・)。
鍛錬しいよし。
2010.01.04 Mon l なにわ東洋カープ. URL l 編集
Re: No title
オバrevさん

> 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

> 久し振りのコメントですが、私もダルビッシュのTVを見ました。確か栗山がインタビューしていたと思いますが、目が飛び出ましたよ。

そうです。その放送です。私も目が飛び出しそうでしたw

> 凄い選手ですね。あのフィジカル、メンタル、技術に加えて、あそこまで考えているとは、ただただ感心しました。

彼の本質が全く見抜けてませんでした。最近、彼に対する見方が随分変わっています。

> そこまで日ハムのスカウトは見抜いていたのか、たまたまなのか。プロに入って伸びるかどうかは、こういうところも関係してるんでしょうね。

そこまでは・・・無かったんじゃないでしょうか。高校時代やその前(大阪での生活)の噂を聞く限り、かなりのリスクもあったと思いますしw

> 今年の2軍!(1軍じゃないところが悲しい)はその考え方なども含めて楽しみですね。
>
> 今年の私の所のレクレーションに、由宇球場見学ツアーを企画してもらおうかな^^;

良いですねぇ・・・是非、将来の主力コンビを見てきてください!

コメントありがとうございました。
2010.01.04 Mon l ニュービギニング. URL l 編集
Re: どこかで聞いたような話
なにわの旦那

明けましておめでとうございます。

> MERCURYさんの「投球=ジャンケン」説ですよね。

うーん・・・そこに収められるとちょっと違う気が。「投球=ジャンケン」説は、分かりますが、彼(ダルビッシュ)の場合、パーを出すことを読まれても、(単純な)チョキで勝てないパーを出そうとしている気がするので。

> その場、その場、臨機応変に打者に対し勝負するバッテリー(ベンチワーク)を観たいものです。
> コントロールがあろうがなかろうが、相手の裏をかく頭脳的配球采配を観たいものです。
> 糸の垂れ下がった操り人形はもうたくさん(屁たれの人形遣いでは自力で立てない・・・)。
> 鍛錬しいよし。
> ☆

ピッチャーの場合、ピンチになると、パーしか出さない・・・とかありますよね。バッターの場合、パーに対してチョキを出しているのに勝てない(打ちそこない)ことがあるのも悲しいですが。

心も身体も鍛錬して欲しいものです。

コメントありがとうございました。
2010.01.04 Mon l ニュービギニング. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://newbeginning436.blog77.fc2.com/tb.php/571-4b1ced3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。