レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて 政治の勉強をしながらカープについて考える

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

政治の勉強をしながらカープについて考える


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
民主党も頑張っているんですけどね。素人っぽさが多く見受けられ、危うさを感じます。政権担当するのが初めてなのですから、仕方ないところはあるのですが、日本の今の状況が、「仕方ない」と言えないほど疲弊している(?)のが問題です。いろいろ新しい取り組みが多く、新鮮なのですが、それらがちゃんと機能し、結果を出すまでにはしばらく時間が掛かりそうです。ただ、それまで周りが待ってくれるか?また、日本の国は待つほど余裕があるのか・・・?

◆◆◆

さて、深刻なオープニングでしたが、今日は民主党のマニフェストを見ながらプロジェクトの進め方について解説している最近人気の勝間さんのブログから引用。

 ■民主党マニフェストの問題点からプロジェクトの進め方を学ぼう!

 民主党のマニフェスト(政権公約)に国民の注目が集まっている。
 しかし、ビジネス文書として見た場合、その構造には欠陥がちらほら。
 政治と仕事に共通する計画の実行方法を考える。
 
 衆院選を戦った民主党のマニフェストが大人気でした。当初、用意した100万部の
 冊子は数日で品切れになり、何と200万部を増刷。村上春樹さんの著書『1Q84』を
 抜いて、ここ最近の一番のベストセラーではないでしょうか。
 
 民主党のホームページへのアクセス数も急増し、マニフェストの公開前は1日平均
 13万ページビュー程度だったのが、公開後は1日100万ページビュー以上に達しま
 した。
 
 ホームページを見て感心したのは、PDF版のほか、Flash版や音声版、点字版など
 でもマニフェストを用意していたことです。幅広い人たちに知ってほしいという
 思いの表れなのでしょう。
 
 内容はというと、下記の5原則を掲げ、その5原則に対応する5策を提示しています。

 原則1 官僚丸投げの政治から、政権党が責任を持つ政治家主導の政治へ。
 原則2 政府と与党を使い分ける二元体制から、内閣の下の政策決定に一元化へ。
 原則3 各省の縦割りの省益から、官邸主導の国益へ。
 原則4 タテ型の利権社会から、ヨコ型の絆(きずな)の社会へ。
 原則5 中央集権から、地域主権へ。

 ただ、このマニフェスト、政策の内容以前に構造的に分かりにくいのです。なぜ
 分かりにくいと感じるのか、これをビジネスの計画書として見た場合の問題点を
 指摘していきたいと思います。

 この文書には全体の構造上、以下の3つの問題があります。

 (1) 5原則が、全体理念に対するピラミッドストラクチャーになっていない。

  まず、どのような目標・理念があってこの5原則が展開されているのか、私には
  読み取れませんでした。「政権交代」「暮らしのための政治」が前面に出てい
  て、その実現方法として5原則が提示されています。「これまでの○○から、こ
  れからの○○へ」という表現が繰り返され、政権交代の必要性を強調していま
  すが、政治の仕組みに関するものばかりで、この5原則を実現したら本当に暮ら
  しのための政治が実現されるのかが不明です。
  
 (2) 「5原則」と「5策」は対応しているが、「5つの約束」が呼応していない。

  5原則に対して掲げられている5策は原則、1対1で対応しています。ですが次に、
  5策とは直接関連のない「ムダづかい」「子育て・教育」「年金・医療」「地域
  主権」「雇用・経済」の5つの約束へと展開されているため、5原則、5策、5つ
  の約束のつながりが分かりにくくなっています。

 (3) 各論が実行レベルに落とせるほど詳細ではない。

  5つの約束に「消費者・人権」「外交」の2つを加えた7つの分野にわたり、55に
  分解されています。しかし、この55の各論のうち、きっちりとした数値目標を
  記載しているものは稀で、多くの記述は曖昧です。例えば「ムダづかい」につ
  いては「現在の政策・支出を全て見直す」、その具体策として「不要不急の事
  業、効果の乏しい事業は、政治の責任で凍結・廃止する」などと書かれていま
  す。

 ■対話し、応援する体制を作る

 私がもしコンサルタント時代のプロジェクトリーダーで、このマニフェストが計
 画書や提案書の下書きとして部下から上がってきたとしたら即、突き返したで
 しょう。「MECE(モレなく、ダブりなく)でない」「ストラクチャーが甘い」
 「具体性に欠ける」と指摘して。
 
 もちろん、他の党のマニフェストも完全にはピラミッドストラクチャーになって
 おらず、むしろ民主党のマニフェストは分かりやすい方です。工程表や実行手順
 について説明を加えているだけ、丁寧に作られているとは思います。
 
 しかし、言うまでもなく、マニフェストは実行できなければ意味がありません。
 なぜなら、マニフェストはある意味、伝家の宝刀で、国民に約束してそれを理由
 に投票をしてもらったのですから、掲げた内容はどんな犠牲を払っても実行する
 責任があるからです。
 
 実際、自民党も前回の衆院選で掲げたマニフェストに対して、地味にではありま
 すが総括しています。ホームページ上の「『政権公約2005』実施状況」で、掲げ
 た120項目に対し、「達成」「取り組み中」「未着手」のいずれなのか、自己評価
 を公開しています。
 
 しかし、私たち国民の側の問題は、そういったレビューがあることも知らず、そ
 もそも郵政民営化以外にどんな約束があったか、ろくに覚えてもいないことで
 しょう。
 
 従って、選挙が終わった後、マニフェストの内容を継続的にフォローする体制が
 必要だと私は考えます。
 
 リーダーが私たちに目標・理念を訴えかける時には、まずは誰でも分かるように
 ゴールを明確にし、そこに行くための具体策を提示して、到着するまで何回も何
 回も私たちがどこに向かっているのかを説明しなければいけません。
 
 私たちも、リーダーが約束したことを一つひとつ、「できた」「できない」と評
 価するのではなく、まずはリーダーがどのような目標・理念に基づいて行動して
 いるのかを理解することが重要です。
 
 そして最も大切なのは、マニフェストをきっかけに、政治家と国民が継続的に対
 話をして、ともにゴールを目指していく体制を作ることです。
 
 これは仕事の手順と同じです。目標・理念を掲げ、ゴールを明確にし、賛同者を
 集めて応援してもらい、対話をしながら一緒にゴールを目指す。そうすることで
 実行力や達成度が高まります。
 
 今回、たくさんの人が選挙戦の行方に関心を持ちましたが、勝敗の結果だけを見
 て終わりにしないでください。これを機に、政治と仕事、両方のマニフェストを
 フォローする体制を作るのです。政治家や上司に文句を言うばかりでなく、自分
 たち一人ひとりが行動を起こし、対話をしながらゴールまで歩み続けることを勧
 めます。


残念ながら私はマニフェストを見てなかったのですが、これを機会に見てみようかと思っています。今更ですけどね。

目的は、政治の勉強とプロジェクトの勉強w

会社でも年度初めには、年度計画を立てますし、数年先までの中・長期計画を立てます。これだけ、周囲の状況の変化が早いと中・長期計画は大変なんですけどねw

実際にそれが絵に書いた餅になるか、ビジョン・目標を実現するための計画になるかは、勝間さんが言われるように、「具体性」の有無、そして、「具体性」から導かれる「(目標に対する)実現性」の大小に掛かっていると言えます。

「見直す」「検討する」という表現ではなく、具体的に、「何を」「どのように」「どうやって」・・・というところまで表現できてないといけないし、そう考えると、政治家主導では限界があり、何らかの形で「官僚」の力を借りないといけないんだと思います。ただ、それは、官僚にコントロールされるのではなく、政治家がコントロールする形でないといけないのでしょう。

さて、政治はおいおい勉強するとして、カープの場合、野村新監督から

優勝を目指します!

という発言が出ました。これは、目指すという姿勢を表現したのであり、マニフェストとは異なりますが、その言葉にファンは期待しているのは事実です。

さて、これは具体的な手段として監督の頭にイメージされているのか?また、その実現手段により優勝は実現可能なのか?

既存戦力の強化? ・・・どうやって?それで優勝に届くの?
投手の投げ込み、完投数増? ・・・故障のリスクは?
機動力野球の推進? ・・・それは勝つことに繋がるの?

などなど、ひとつひとつは良い響きなのですが、それが優勝に繋がるもの、優勝するために十分なものになっているか?というと首をひねらずにはおられません。

シーズンが終わったときに、

(優勝を)目指したけどダメだったねぇ~・・・

みたいな政治家の言い訳だけは聞きたくないですね。

カープのマニフェストは何ですか?我々はそれに投票(期待)して良いのですか?

皆さんの投票を私にいただけるのであれば、クリッとお願いします。マニフェストは後ほどw
スポンサーサイト
2009.11.25 Wed l カープ2009 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
優勝のための実現手段なんですが
誰が打点を稼ぐの?
今期 2割6分未満に終わった栗原?
未知数の外国人?
シーズン始まる前から気になって仕方がない。




2009.11.26 Thu l カープ好き好き. URL l 編集
Re: No title
カープ好き好きさん

> 優勝のための実現手段なんですが
> 誰が打点を稼ぐの?
> 今期 2割6分未満に終わった栗原?
> 未知数の外国人?
> シーズン始まる前から気になって仕方がない。

ポイントゲッター不在は解消されてないですね。今のメンツだと栗原選手+ヒューバー選手ということなんでしょうが・・・仰る通り、気になって仕方ないし、不安でしょうがないです・・・

コメントありがとうございました。
2009.12.01 Tue l ニュービギニング. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://newbeginning436.blog77.fc2.com/tb.php/545-d6b9523d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。