レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて あの頃と今

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

あの頃と今


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
ニュービギニングは、最後まで選手の意地を信じます!

土曜日は、朝から野球の後、仕事に行き、鯉次郎がまた発熱したので夜からバタバタしながら日曜日は病院、稲刈り(?)と超ハードな展開(笑)

先週から体調不良だったこともあり、昨夜は一瞬で意識を失いました・・・

カープは厳しい状況になってますね。まさかサヨナラ勝ち以降、未勝利とは・・・言いたいことは山ほどありますが、結局、選手達に本当の意味で勝ち抜く力が無いということ。皮肉っぽい言い方で申し訳ないのですが、この現状を見て、「普通の監督」で勝てると思えるのかを聞いてみたいところです。まあ、そのネタについては、「ブラウン監督」の議論の方で。

と言いながらも、ニュービギニングとしては最後まで選手を、そしてチームを信じて応援します。負けたら何も残らないと思うのですが、ただ、その中でもこの苦しい経験の中で「自分達に足りないもの」「やらなければいけないこと」を選手自信が掴んでくれれば・・・と思います。決して、この惨劇(?)が無駄にならぬよう・・・

まずは業務連絡から、

こちらのコメントもお待ちしております!MERCURYさん、旦那、ク・ネスさん、Aタイプ28さん、緑の酒屋さんもコメントありがとうございます。投下した爆弾が不発弾にならぬよう、熱い議論をしましょう!私も、皆さんの意見を整理して、参戦ですw


<MERCURYさん>
鯉太郎君が読んでた本は、これですか?


◆◆◆

1970年代。それはそれは、眩しいチームでした。それまでにプロ野球に無かった「赤」を基調にしたユニフォーム。打って・走って・守って、各選手の姿はとても眩しかったです。その頃、甲子園で地元の高校の旋風を見て野球を覚えた田舎の小僧は、その「赤ヘル軍団」の衝撃に圧倒され、ファンになるのに時間はかかりませんでした。

その後、史上初のシーズン200発を達成するなど、勢いだけでなく、実力も付け、リーグの強豪としてセ・リーグの中心となっていくのです。

そして、1980年代。まさにカープの時代でした。3度のリーグ制覇に2度の日本一。

特に、1986年の優勝は、巨人と争い、残り10試合余りで一度も負けられない状況から怒涛の連勝で、逆マジックを点灯させ、同じく負けない巨人・槙原投手が、ブロハード選手にまさかの逆転2ランを打たれて力尽きるまで勝ち続けました。今の選手とは比較にならないような力強い選手達でした。このとき覚えているのが、最後の連勝中の中日戦。4連戦で、3完封勝利+1失点の勝利と、圧倒。おそらく、当時の中日ファンは、今のカープファンと同じような思いを抱いたことでしょう。

実は、当時も貧打線が大問題でした。山本浩二選手の衰えとともに、チームを襲った「貧打」。しかし、当時の投手陣は、それを乗り越えて結果を出し続けました。巨人戦では、大野投手-槙原投手、川口投手-斉藤投手の対戦になると、1点取られた方が負けと言う感じで、勝呂選手に食らった痛恨の一発など、今でも鮮明に覚えています。

この頃は、同じ貧打でも今とは違っていたのでしょうか?何が違う?と聞かれると判りませんが、まだワクワクしながら試合を見れた気がします。

そして、90年代。FA制度、ドラフト逆指名制度などが始まり、オフシーズンが楽しくなくなって来ました。話題の選手は振り向いてくれない、そして、カープの選手になったとしても、自らの意思で出て行く選手が続出・・・チーム力が低下し、92年を最後に優勝には届かず、ここ10年は、Aクラスさえ入っておりません。

4年前、ブラウン監督就任時、ルーツ監督と重ね合わせ、「何かを変えてくれる」と期待しました。そして、確かに何か変わった、そして、将来への希望も少しずつ出てきた・・・しかし、結果が出ていない・・・もし、今年監督が替わったとして、その監督は我々に、「希望」を見せてくれるのでしょうか?

10年間Aクラスから遠ざかった今、試合を見てて悲しくなることがある・・・気持ちが変わったつもりは無いんですけどね。このような悲しい試合を鯉次郎に見せるのは・・・?とか思う自分もいたりします。

あの頃に強さを押し付けるつもりはありません。時代も変わっていますし。ただ、私がファンになった頃のように、子供達が「魅かれる」「ワクワクする」「期待する」試合を見せて欲しい。そして、鯉次郎が自らファンになることを選択する・・・そういうチームになって欲しい。

名古屋からニュービギニングの切なる願いです。

↓こちらもくりっとお願いします。
--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
スポンサーサイト
2009.09.28 Mon l カープ2009 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://newbeginning436.blog77.fc2.com/tb.php/470-c21f8b48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。