レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて 【不連続シリーズ】思い出の高校野球 第5回

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

【不連続シリーズ】思い出の高校野球 第5回


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
今日は、皆さんも知っている(はずの)選手が登場する試合です。

1981年選手権大会・準決勝 報徳学園(兵庫)対名古屋電気(愛知)


名古屋電気高校(現 愛工大名電)の今大会の成績はこちらを参照ください。

この年、東海の3大投手として注目された超高校級左腕・工藤投手(他の二人は、槇原投手(元巨人)、片瀬投手(元広島))。工藤投手は、その前評判を裏切ることなく、圧巻のピッチングを披露しました。

1回戦では、長崎西を相手にノーヒットノーラン(奪三振16)、2回戦では、高木投手(元広島、西武)と壮絶な投げ合いの末、北陽高校相手に12回を完投(失点1、被安打4、奪三振21)。

準々決勝では、元日本ハムの白井投手を擁する志度商(香川)を完封(被安打2、奪三振12)。

ここまでの3試合で、30イニング投げて、失点1、被安打6。なんと奪三振は、49を数えました。今、数字を見直しても、「はぁ?」という感じですが、当時、あの切れの良いストレートと落差の大きなカーブは打たれる気がしませんでした。

一方、報徳学園は、やんちゃなエースで4番、金村投手を中心に前年の優勝校横浜を下し、荒木大輔投手(2年時、元ヤクルト)を擁する早稲田実に奇跡の逆転勝ち、そして、にゃんこ藤本投手(元南海、ダイエー)を擁する今治西を破り準決勝に進出。

大会最高の左腕と大会一のスラッガーのぶつかり合いとして注目を浴びた試合でした。

報徳学園 000 110 100|3
名古屋電気 000 010 000|1

結果は、疲れの残る工藤投手を打ちこんだ報徳学園の勝利に終わり、報徳学園はその勢いで優勝しました。

この試合の工藤投手は不調でした。あれほど好調だったカーブにキレがなく、ことごとく報徳打線に捉えられます。結局、12安打された訳ですが、良く3点に抑えたという感じでしょうか。

当時は、一人の投手で投げ切るのが普通でしたが、こういう試合を見ると、もう少しピッチャーが入れば、工藤投手の負担も減り、もっと良いピッチングが見れたのかなぁ・・・とも思います。ただ、接戦が多かったので、継投出来る展開ではなかったかもしれませんが。

個人的には、名古屋電気(というか、工藤投手)を応援していたので、がっかりしたことを覚えています。

少し話は逸れますが、名古屋電気の4番打者はやまもとこうじ(山本幸二)という名前で、別の意味で注目されていた気がします。応援歌も使っていたんじゃないかなぁ・・・(記憶自信なし)

全然話は違いますが、工藤投手が2回戦を勝利した同じ日に試合があったのが、福岡大大濠、前橋商業で一つの共通点がありました。それは、後に西武に指名される3投手が揃って登板したことです。名古屋電気・工藤投手(1981年 6位)、前橋商業・渡辺久信投手(1983年 1位)、福岡大大濠・森山良二投手(1986年 1位)。

これは、数年後に気が付いたのですが、偶然とは言え、こういうことがあるんだなぁ・・・と。




更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
スポンサーサイト
2009.08.11 Tue l 高校野球 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://newbeginning436.blog77.fc2.com/tb.php/375-c4361608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。