レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて コーチングスタッフのあるべき姿?

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

コーチングスタッフのあるべき姿?


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
昨日の試合に関して、厳しい内容の投稿をしましたが、かなりポイント数がアップしてしまいました・・・うーん、笑・・・えません。それだけ、ストレスが溜まっているファンが多いのでしょうね。

昨日の小早川コーチの発言を見て、管理者の役割を考えてみました。ちょっとしつこいですが、お付き合いください。

◆管理者の立場で考える◆

部下も含め、他人にアドバイスや指導をする立場になって感じることがあります。昔からあったことなんでしょうが、私の職場でも心に病を抱え長期で療養中の人や、仕事を辞めて行った人も多く存在します。また、会社には残っているものの、期待されるほど(その人が持っている資質ほど)成長しないケースも。もちろん、その原因は、一つではないですが、確実に存在する原因として、「上司・先輩」の教育の仕方が良く無かったというのがあり、現にそういう事例も見てきました。

先日の記事でも書きましたが、成功経験が強烈な方(経験が豊富という意味ではない、むしろ経験が偏っている)や挫折経験の無い(少ない)方は、その傾向が強く、どんな人に対しても、「自分が正しいと信じる」画一的な教え方を進め、相手が着いて来れない場合でも、「何がわからないんだ?」「何故わからないんだ?」と悩むのみで、相手と同じ目線に立つことが出来ない。挙句、「あいつは、能力が低い」と見限ってしまう・・・

10人いれば、その能力やキャラクターは10通りあり、その能力・キャラクターによって10通りの教え方があっても良いはず。相手に媚を売ったり、学校じゃないので、落第生を出さないように合格レベルを下げる必要は無いと思うのですが、最低限の能力を持っている相手であれば、「いかにして、この人の能力を伸ばすか?」あるいは、「どう教えたら能力が伸びるのか?」「この人を生かすには、どのようなポジションが良いのか?」ということを常に考え、実践していくのが管理者であり、マネージャ、人を使う人の務めだと思います。

次から次に人的リソースが供給され、壊れたら部品交換、使えなかったら「ポイッ」と出来る組織は限られていますし、ファンも皆、そのような組織は求めていないと思います。

名選手は名監督に有らず、とは良く言われますが、当然、「名選手=名コーチ」も違うと思います。むしろ、現役時代の活躍が華々しくあればあるほど、前述の「成功体験が強烈」というプライドによって、「俺はこうして教えられた」というたまたま成功した(かもしれない)、カビの生えたような教え方を押し付けられる可能性があります。そして、それは、「そのプロセスによって、なぜ成功したのか?」というのが判ってないと、無駄な・無意味な、場合によっては、改悪に繋がるコーチングだったりもします。

「自分がなぜ成功したのか?」「このやり方がなぜ良かったのか?」あるいは、逆に、「なぜ良く無かったのか?」ということをしっかりと分析できて、初めて、良いコーチになれるのだと思います。そして、それが出来る人は現役時代の成功者であっても自分が過去にやったことの否定も受け入れることが出来るのでしょう。

我々の世界でも自分の仕事はうまくこなすのに、部下を指導することやマネージメントは全く出来ないという人は良く見かけます。それと同じことなんでしょうね。実際にその人達を見ると、以下のような印象を受けます。

・自分が思っていることを相手に分かるように説明(表現)することができない。
・自分の経験が結果しか残っておらず、どういうプロセスを経て結果を得たか、また、なぜ、そのプロセスが良かったのか?ということが理解できていない。
・自分の「俺が俺が」という意識が消えず、裏方(適切な表現ではないですが)に徹することが出来ない。

私見ではありますが、このような資質がリーダ・管理者に必要な資質であるのかもしれません。もちろん、そういう一面があるというだけで、これがすべてではないことはご理解ください。

「管理職、リーダの役割は、プレーヤーが気持ちよく、最大の能力を発揮できる環境を作り上げること」という意見もあります。これが全てではないですが、組織を預かるものとして、組織の価値を最大限に高めるミッションを持つものとしては、正しい意見だと思います。

カープのコーチングスタッフの場合、ブラウン監督も含めて、上の例のような、「名選手」が少ないため、そのまま当てはまる訳ではないのですが、自分の現役生活の中で、数少ない成功体験の理由を分析し、自分で理解することが出来てないのかもしれませんね。

今のカープは、結果を出せない選手はとても苦しんでいるように思います。そのような状況で、小早川コーチのようにマスコミに対して他人事のような発言は不信感を招きますね。青臭い理想論だと思いますが、こういうときこそ、コーチは選手と二人三脚で一緒に苦しんで欲しいものです。

自主性を重んじるのも結構ですが、それで結果が出ないのであれば、もう少し、「どのようにすれば?」を選手と一緒に考えても良いのではないでしょうか?

「精神的な問題」というのであれば、それを解決するために心理カウンセラーを導入するなどの手を打つこともできます。その方が、ベンチに塩を盛るよりも、よっぽど科学的でかつ、論理的な解決方法だと思います。そんなことすら出来てない状況で、「はらわたが・・・」なんて発言は、職場放棄に等しいと思います。まあ、彼がどれだけの仕事をしているのか分からないので、何とも言えませんが、結果が出ない以上、プロとしては・・・ね。

以上のことは、自分の経験に基づくもので、これが他の世界でも通用するかどうかは判りません。見方によっては「甘すぎる」という批判もあるかと思います。ただ、組織が成長し、結果を出すためには、そういう努力も必要なのではないでしょうか?

繰り返しになりますが・・・

コーチは他人事のような発言するな!

と思われる方は、クリっとお願いします。

支離滅裂でまとまりのない文章ですみませんでした・・・
スポンサーサイト
2009.07.29 Wed l つれづれ l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
小早川打撃コーチの「はらわたが煮えくり返る」発言ですが、まず私は感情むき出しで珍しいなと思いました。まじめで温厚な人柄というイメージを勝手に抱いていたもので。
このような発言が出ることは、まだまだ諦めていないことの表れでしょうし、落合監督がやっているように(?)、マスコミへの発言を通じて選手にゲキを飛ばすようにしているのかな、と思ったりした次第です。

あと、プロ野球選手っていわゆる「職人」ですので、あれやこれや口出しすると逆効果だったりするから自主性を重んじているのかなと。
いずれにせよ勝利という結果に結びついていないのは問題、打てないのも打撃コーチに原因はあるはずなのでシーズン終了後に責任はとってもらうようなことにはなるでしょう。

昨シーズン終了後には「来季のシーボルは活躍する」、
今季オープン戦の時には「嶋はあと一本出れば調子は上がってくる」、
と発言していた内田打撃統括コーチに対しても
私にとっては「?」です。

的外れなコメントで失礼しました。
2009.07.30 Thu l 左手ぎあ. URL l 編集
Re: No title
左手ぎあさん

> 小早川打撃コーチの「はらわたが煮えくり返る」発言ですが、まず私は感情むき出しで珍しいなと思いました。まじめで温厚な人柄というイメージを勝手に抱いていたもので。
> このような発言が出ることは、まだまだ諦めていないことの表れでしょうし、落合監督がやっているように(?)、マスコミへの発言を通じて選手にゲキを飛ばすようにしているのかな、と思ったりした次第です。

見方はいろいろありますよね。性格的なものを考えるとそういう見方もありだと思います。そもそも、我々は、マスコミを通じて出てくるコメントしかわからないし、彼が日頃どのような苦労をして努力をしているかも見えてないですからね。

> あと、プロ野球選手っていわゆる「職人」ですので、あれやこれや口出しすると逆効果だったりするから自主性を重んじているのかなと。
> いずれにせよ勝利という結果に結びついていないのは問題、打てないのも打撃コーチに原因はあるはずなのでシーズン終了後に責任はとってもらうようなことにはなるでしょう。

自主性を重視すること自体は悪くはないと思います。ただ、結果が出ていない以上、ある程度の介入は必要かと思っています。ただ、その場合も選手からコーチに教えを乞う形が理想的なのですが・・・

実は、両面から書いてみたいと思い、「選手(プレーヤー)の立場から」という記事を書きかけています。そちらに関しては、左手ぎあさんが仰られるようなことも書いておりますので、そちらに対しても意見をいただけるとうれしいです。

> 昨シーズン終了後には「来季のシーボルは活躍する」、
> 今季オープン戦の時には「嶋はあと一本出れば調子は上がってくる」、
> と発言していた内田打撃統括コーチに対しても
> 私にとっては「?」です。

なかなか思うように行かないものですね。内田コーチへの期待も消えつつあります・・・(苦笑)

> 的外れなコメントで失礼しました。

いえいえ、いろいろな角度からの意見を聞きながら整理していくことは必要だと思いますので。

コメントありがとうございました。
2009.07.30 Thu l ニュービギニング. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://newbeginning436.blog77.fc2.com/tb.php/354-cc8e7b2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。