レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて 緊急特別企画 「もしもあなたが・・・」

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

緊急特別企画 「もしもあなたが・・・」


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
あなたは、(株)広島東洋カープの社員です。今年も仕事そっちのけでチームを応援していたものの、その声は届かず、CS進出も風前の灯、仕事も手に付かず、会社からカープファンのブログにオーナーや監督の悪口を書いておりました。

そんなある日、その日もカープファンのブログを閲覧していると、オーナーから呼び出しが・・・

コンコン(ノックする音)

あなた「ニュービギニング(仮名)です」

元「入りたまえ」

あなた「どのようなご用件でしょうか?」

元「君は、かなり熱狂的なカープファンと聞いているが本当か?」

あなた「うちの社員にカープファンで無い人はいないと思いますが・・・」

元「かなり現状に不満を持っていて、わしやブラウンの悪口をブログに書いているそうじゃないか・・・」(あくまでフィクションです)

あなた「・・・」

元「まあいい、その件は不問にするとして、どうだろう?そんなに自信があるのなら、お前にGM職を任そうと思うのだが受けてくれないか?」

あなた「はあぁ・?」

元「それだけ文句を言うのであれば、カープを強くする自信があるのだろう?そうじゃないか?そもそも、代案も出せずに非難ばかりするのはフェアじゃないだろう。」

あなた「いやぁ・・・その~」

元「できるのか?できないのか?どうなんだ?」

あなた「まあ、条件にもよりますが」

元「現状の選手の人件費を除いた強化費用として年間2億出そう。但し、期限は3年。3年で優勝争いが出来ないようなら君はクビだ。」

あなた「えっ・・・?」

元「コーチングスタッフも含めて編成の権限を与えよう。当然、ドラフト指名も君の意のままだ。契約金については、先ほどの予算枠外としよう。また、現場に対しては、起用する選手にまで口を挟んでも結構だ。なんせ、君のクビが掛かっているんだからな。外国人選手や特定の選手ばかり起用するのが不満なんだろ(あくまでもフィクションです)?ま、監督を君がやっても良いんだが、君の言うことなど誰も聞かんだろうしな!ハッハッハ・・・」

あなた「・・・」

元「さて、お手並み拝見といこう。もし、2億円以上に予算が必要であれば、それ相応の理由をつけて私を納得させれば認めよう。選手への引退勧告やトレードも可能だ。但し、新しく獲得した選手の年俸は予算内でな。あっ、ただし、FA選手の獲得はだめだからな。2億では難しいと思うが。6億(2億×3)を1年で使っても良いぞ。それだと優勝できないと思うがな。」

あなた「・・・」

元「まずは、ビジョンと具体的な強化策をレポートにして提出しろ。最初は簡単なものでいい。狙いがわかればな。あと、ファンサービスのアイデアも出してもらって良いぞ。それも重要なことだからな。」

あなた「・・・」

さて、窮地に立たされたあなた・・・とにかく、良い策を考えなければ、3年でクビは確定です。あなたならどのような再建策を考えますか?

◆◆◆

とまあ、シーズン中とは思えないネタを作ってみました。漠然としすぎて難しいかもしれませんが、日頃思っている強化策をコメントいただければと思います。テーマをもっと具体的して欲しい・・・とか、もっと制約をつけて欲しい・・・など、設問に対するアドバイスがあれば、そちらもよろしくお願いします。

良いプランがあれば、球団に送って提案してみましょう!

俺がカープを強くしてやるぜ!!!

という熱い方、ポチっ&コメントお待ちしております。
スポンサーサイト
2009.07.24 Fri l つれづれ l コメント (11) トラックバック (0) l top

コメント

今の戦力は…
確かに不足だとは思いますが、やり方が悪すぎる気がしてなりません。
フロントレベルではリリーフ投手を取らなかったこと。現場レベルではブラウン采配全般です。

予算に限りがあるわけですから、戦力的に他球団より厳しいのは当然です。それらと対等に戦うには、
①個々のレベルを上げる
②作業効率を上げる

何れかしかありません。①は一朝一夕には行かない訳ですから、当然②になります。

私がGMなら役割を細分化し、セイバーメトリクスで効率を上げるよう現場に働きかけます。

具体的には、
・ブラウン監督更迭→山崎二軍監督を昇格
・ルイスに交渉。現時点での成績に関係なく、インセンティブの項目をフルマークで達成とみなすことを約束し、クローザーに配置転換
・シュルツはリードした試合の7回あるいは8回で、相手の打順がタイトな方、1イニング登板のセットアップ
・永川、横山、梅津を中継ぎ
・大竹、前田、齋藤をローテ固定。篠田、小松、青木高、今井をQSなど状態をみながら回す
・出塁率×2+長打率(←何て言いましたっけ? 出塁率+長打率はOPSでしたが)を活用。長打の期待できる打撃陣、本拠地球場ではない。つながり重視。なんなら出塁率×3でも良い
・そ
2009.07.24 Fri l PKN. URL l 編集
切れちゃいましたね?続きです
・それを踏まえた現状でのオーダー
1 RF天谷
2 LF末永
3 C會澤
4 3Bマクレーン
5 1B栗原
6 2B東出
7 CF赤松
8 SS石井琢or梵


こんなんで如何でしょうか? 尚、篠田、梅津が比較的早期復帰する事を前提としております。

お粗末でした。
2009.07.24 Fri l PKN. URL l 編集
GMになれって?ヘソが茶を沸かす・・・
「松田商店」と揶揄されない、正々堂々「市民球団」と声を大にして言えるようにします。
そのために、これまで多くの方が指摘されている事、商店の「財務諸表」を一般に公開いたします。
恥ずかしくて見せられないものであろうが、とにかく公表いたします。
そして、その内訳が悲惨なものであろうがなかろうが、資金力アップするため知恵を絞ります。
ファンの皆様に甘える事になるかもしれません・・・・しかしそうなれば名実共に「市民球団」かも(汗)。
しかし、それは最後の手段であって「商売人」のプロを雇ってでも球団を運営する金を作る努力をします。
CARP球団はファンシーグッズ商店ではありません、お弁当屋さんでもありません。
野球というスポーツの、職人技を見せる、子供達に夢を与える、選ばれし者達の集団です。
まず鉈を振るわなければならないのは、プロと呼べる選手を育てる、意識を変革させる、現場スタッフの刷新です。
良い作物を栽培するための土壌つくりから着手して行きたいと思います。
むかしながらの軍隊式厳しさも良いですが、歯を食いしばっている最中、後に、ユーモアが交えられる雰囲気。
殺伐な練習の為の練習ではなく、表裏のない稽古、身に付く稽古、銭の花を咲かせる稽古。
夢売り人の申し子達が、自ら進んで、あるいは率先して稽古できる、やって甲斐のある舞台裏作りをいたします。
自分は楽屋裏の整備から着手いたします。
元店主は難色を示されるかもしれませんが、今の店長は自分です。
栄光の赤ヘル軍団を背負って立った皆様の援助を請います、期待します、集ってください。
技術もさることながら、赤ヘル魂の注入をお願いしたく思っています。
三年という期限は短すぎるでしょう、しかし自分はCARPを強くするため、その努力を出し惜しみしません。
ムードメーカーにもなりましょう、スライリーと全国を周りましょう、「代貸し」も連れて行きましょう。
北の大地のような豊穣で肥えた土地にする作業を貫徹させるには、あまりにも現状は痩せ細った土地なのかもしれません。
しかし、自分はへこたれません、強くするのです、子供達の眼を輝かせたいのです、おらがCARPと拳を突き上げたいのです。
おらが、わたし達、みんなの、ぼくらの、わしらの・・・・・いっしょにカープをつくりましょう!!


2009.07.24 Fri l なにわ東洋カープ. URL l 編集
ありがとうございます
携帯から失礼します。

誰からもコメントがなかったらどうしようかと思っていたのですが早速大作をありがとうございます。

他の方からも企画をお待ちしております!
2009.07.24 Fri l ニュービギニング. URL l 編集
No title
とりあえず監督は外様監督で。
貧乏性の方がいいかなと。
チームが弱い方が燃えるような。
お金は韓国代表の長距離砲選手獲得に使いますね。
あとはトレードを積極的にして、ドラフトでもっと選手を獲って、解雇者を増やす、という感じでしょうか。
これから先成長しても守備要員くらいの選手は解雇しますね。
いきなり強くなるのは無理だと思うので、ハンカチ世代の投手を大量獲得した年(2011年)の優勝を目指します(それでも早いかな)。
とにかく「癒着」を無くし、新しいものを取り入れるのが大事かと。
せっかくドラフトがかなり公平な制度になったので、とにかくドラフトではその年ナンバーワンの選手を獲る、というのは徹底したいですね。ポジションが被らない限り。
あと日本ハムの選手能力測定システム的なのを入れます。

後補強以外でざっと考えたのが
・カープ選手限定のかっこいいトレーディングカードを作る。(チケットについてくるとか)
・選手対抗のスポーツ大会を公開で行う。
(遠投、ベースランニング、握力、動体視力など)
運動部の男子とかで話題になるのでは?

これ1つ1つ取り上げるとキリないですねー。


2009.07.25 Sat l 7番打者. URL l 編集
No title
まさしくオフ企画ですねw    
でも言いたい事があっても自分で考えると難しいものですね。 私は裏方の整備ですね。スコアラーとスカウトの充実。特に楽天が取り入れてるコンビ二の出荷システムを利用したデータの管理とかを取り入れて欲しいですね。データは集めてるとは思いますが生かされてるとも思えないので・・。できれば主審、線審の傾向、各球場の天候、グランドコンディションなどわかり易く資料にできる人材とかも起用して。 あとは2軍にいる選手が試合機会を増やす意味でも読売のように合同でチームを作るか四国の独立リーグなども利用したいですね。                               営業面では関東、四国、北陸(新潟がありますが)のホームゲームを実施してファン層の拡大をはかって欲しいです。
2009.07.26 Sun l 緑の酒屋さん. URL l 編集
No title
 こんにちは。
 >今年も仕事そっちのけでチームを応援していたものの、その声は届かず、CS進出も風前の灯、仕事も手に付かず、会社からカープファンのブログにオーナーや監督の悪口を書いておりました。
 あれ?見られてましたかw
 えーと、GMになれるんですよね。でも3年か・・・。3年なら断るなあ(一応現実的に考えないとリアリティーがないんで)。
 5年やらせてくれるんなら、まずは「目標設定」から始めます。
(株)広島東洋カープ今期の営業目標=「3位以上」
6社中3位って、要するに上半分に入ればいい、と。サッカーでいったら9位か。「9位!すげー!Aクラスじゃん!」あまり言わんな。
で、同じ現場責任者が4年かけても3/6=1/2がおぼつかない。
 これ、始める前の目標設定と、そこにたどり着くための具体的な現状分析、ならびに対策の検討(と実施)、そしてなにより「目標の共有化」ができてなかった証でしょう。
 なので、まずこのチームの存在意義、というかカープはどこに向かうべきなのか?から始めます。
 「ひとまずこの地にあればそれでいい」のか?
 「10年に一回ぐらいは優勝争いを」なのか?
 「5年に一度は上半分に入る」チームなのか?
ここをしっかり決めないうちからやれ機動力だ、いや長打力だいったところで詮無い話で。
 私は甲府の出身なんですが、ヴァンフォーレ甲府というサッカーチームは、2部リーグ創設2年目に『25連敗』という、ちょっとやそっとじゃ打ち破られない、いわば金字塔を打ち立てました(ありゃへこんだなあ・・・)。
お客さん?入るわけないじゃないですかw
確か最低観客レコード樹立の日も観に行ってたんですが、野鳥友の会でなくてもカウントできましたよ。
これなんか目標設定なきダッチロールの最たる例ですし、実際チーム潰れかけたんです。
 で、まずはきちんとした目標を設定して、というかリーグ側から
「あんたらこの3つクリア出来んかったら消滅だかんね~」
と設定されて、じゃあどうやったらクリアできるか?
ここで初めてフロントも選手も、チームに関わるスタッフ全員が同じ方向を向いて必死になった。
それまで冷ややかだった市民、県民も
「あれ?あいつら本気だな」
熱が伝わっていき、どうにかチームは存続し、「J2のお荷物」が一度は1部に昇格。2部に戻った後も平均で1万人以上入ってます。
↑ま、かなり極端な例ですし、尻に火がつく前にどうにかならんかったのか?という話もありますがw
 いずれにせよ、「どこに行きたいのか」を明確にしない限り、「そこにどうやって行くべきなのか」の手段・方法も考え付かず、しまいにゃ「あれ?新井どこいったの?」てんでバラバラの繰り返し。
個人的には、
「今後も広島をホームとして活動し、チーム名には「広島」を冠する」
ことを条件として受け入れてくれる企業(団体)を探して交渉し、任期内に契約をまとめる。
これを現実的な目標設定にしたいなあ。
松田家=(株)広島東洋カープは、もうその役割を終えているというのが、多くの人の客観的な現状分析だと思うので。
長々と失礼しました。
2009.07.26 Sun l 旨酒を酌み交わそう. URL l 編集
高橋慶彦監督
原因なくして結果はでません。
そのために、まず監督を変えます・・・当然ですが(^_^;)

監督には、カープからロッテ、阪神と移り、現在ロッテ1軍打撃コーチで、西岡を育てたと言われる高橋慶彦(^o^)

おそらく、色々苦労してきたと思います。そして野球についても学んでいると思います。

ぜひ、積極的な走りまわる野球に本気で変えて欲しいと思います。

そしてヘッドコーチに木下富雄。彼にはチームのまとめ役を期待したいと思います。

1軍選手の競争意識を高め、若手選手のモチべーションを高めるために、1軍、2軍の選手をチェックし、1,2軍間の連携をスムーズにするための担当を置きます。2軍選手には、常に1,2軍担当が見ていることが励みになると思います。

また故障を避けるために、トレーニングコーチとそのアシスタントを充実させます。トレーニング施設は2軍も充実させます。

そして、技術だけでなく、考え方や生活まで、プロとして若手の手本になるようなベテラン選手を獲得する。

候補としてはソフトバンクの柴原あたりはどうでしょうか?

そしてファンサービスでは、選手と触れ合える場をより多く設定します。

試合前に握手会、ただしこれは握手会チケットが必要。また毎試合抽選でその日のベンチ入り選手、監督、コーチのサインボールが当たる。しかもそのサインボールを本人から直接手渡して貰えるようにします。

1軍レギュラークラスの選手は、休日やオフには施設や学校を訪問して講演やキャッチボールや野球教室などをすることにします。

選手にも、野球だけでなく、直接ファンと接したり、社会貢献したりしてその感謝される気持ちがモチベーションを上げたり、プロとしての誇りとなったりすると思います。
2009.07.26 Sun l オバ. URL l 編集
面白そうですね
参加しますね。

まず、オーナーとファン、スカウト、選手、コーチ陣、カープOBの各代表者で定例会議が開けるようにします。議長は私がやりますね。
出席者は全員平等に意見・発言が出来るようにします。そして決まったことは即実行、実行して効果が現れなければ、即会議を開き対策を練ります。
会議の結果及び議事録は一般公開とし、誰が何をどう言って何が決まったかを明らかにします。
これが第一歩ですね。
球団経営には経営コンサルティングの他に、サービス業経験者や有識者、カープファンクラブ及びレディース、ジュニア会員の代表が意見を言えるようにします。こちらも結果は一般公開します。
後は、カープファンにプチ株主になってもらい、株券を発行して経営に参加してもらいます。ただし、枠としては、全体の10%以下で一人当たりの制限を設けます。子供にも参加をしてもらいますが子供はお金では無く、作文や絵、カープ選手への激励文などで評価して株主になってもらいます。
これらの株主向けにオフに1日、中国、関東、関西、九州、東北、北海道の単位で選手をゲストに加えて株主総会をします。当日参加できない人はメールや封書でも参加可能として、広くカープが勝つための建設的な意見を求めます。子供と大人はもちろん分けて総会を行います。
以上で1年目の種まき完了、後は結果を見て次にアクションを起こします。
キャンプ時期の練習試合や、シーズン終了後に非公式試合を地方で計5試合程度企画し、この試合のスターティングオーダーは、抽選で選ばれたファンかが行い、そのファンはその試合に交通費・宿泊費支給で招待されます。もちろんベンチ入りしてもらいオーダー変更は3回終了時以降又は、発案したファンがOKした場合のみに可能とします。
こんな感じですかね~ファンサービスに重点を置いちゃったかな?

2009.07.27 Mon l 和をん. URL l 編集
前提として
今までの収入以外にあげた利益も使えるとして
年間5億くらいの余剰収入の確保に向かいますね。
3年6億では足りないのは火を見るより明らかですから。

そして、強いチームの遺伝子を持つ選手の獲得に動きます。
巨人にいた清水あたりは格好の選手だったんですが
今で考えるとDの和田、井端、森野、
Hの松中、小久保、Gの小笠原
Sの宮本あたりでしょうか。

逆に首脳陣は師匠を中心としたカープブロガーの方々。
カープに対する熱く強い思い入れが決め手です。
それで年俸はかなり安く抑えられるかと(笑)
スコアラーもデータに強い方々に一新。
ただし、ヘッドコーチは「軍神」大下剛史氏。
カープの黄金期を選手・コーチで支えた頭脳は必要です。

外国人は問答無用の4番打者の獲得。
栗原に3番を打たせられるようにならないと
このチームは始まりませんから。
それと絶対的なクローザーの獲得。
状況によっては先発を獲得してルイスの配置転換。

って月並みな意見に終始してしまいました(笑)

2009.07.27 Mon l MERCURY. URL l 編集
ドミニカ・カープアカデミーはどうなのよ?という疑問から。
こんばんは。

ドミニカ出身のメジャーリーガーの活躍は素晴らしいものがありますし、当時の目のつけどころは良かったと思うんですが・・・。
現在はメジャーの青田買いが影響し現在は投手しか育成できないようですし、成果が出ているとは言い難い状況だと思います。費用対効果の面で考えれば撤退やむなしと考えました。
ドミニカで得たノウハウは活用できるところはあると思いますので、例えば新たに韓国、台湾、中国といった近隣諸国へ新たに目を向けます。今年のWBCでこれらの国のレベルは上がっていることは実証されていますので、現地プロチームと交流や提携を行い、助っ人を獲得する、交流試合を行うなどして戦力アップを図るほうが現状よりも期待できると思います。が、ヤクルトの後追いで視点としては面白くないですし、ニュービギニングさんの前提からかなり外れてますが、とりあえずコメントしてみました。
2009.07.28 Tue l 左手ぎあ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://newbeginning436.blog77.fc2.com/tb.php/347-5efe1022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。