レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて 思い出の選手(8) 石貫宏臣

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

思い出の選手(8) 石貫宏臣


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
思い出の選手。今回は、石貫宏臣投手です。

西日本短大付高→広島(1987年 ドラフト2位)→ダイエー→ロッテ(現在、ロッテ打撃投手)

第4回で紹介した川島堅投手と同期入団の左腕投手です。小柄ながら、切れのいいストレートとカーブを武器に甲子園でも活躍しました。

1987年ドラフト指名選手
1位:川島堅
2位:石貫宏臣
3位:北原喜久男
4位:水沢英樹
5位:塚原善之
6位:芦沢公一

1位指名の川島投手は、かなり騒がれての指名でしたが、ドラフト後、数年後は石貫投手の方が実績を上げているのでは?という専門家もいたと記憶しています。3年目の90年に1軍登板を果たし、翌年に飛躍的な躍進を遂げました。46試合に登板し、5勝1敗1S。防御率が1.98と2008年の横山のような成績を残しました。川島と共に、カープの投手陣を支えるべく背番号も19に変更されたのですが、成績がガタ落ち。95年には故郷に移転したダイエーに金銭トレードで移籍しました。

甲子園に出場した頃から印象に残っている選手なのですが、残念ながら正確の記憶が残ってないです。ネットで検索した情報から記憶を辿ろうと思っていたのですが、残念ながらネットの情報も多くありませんでした。みなさんの中で記憶やエピソードが残っている人がいらっしゃいましたらコメントいただけると幸いです。

2005年のロッテ優勝時は、このようなシーンもあったようです。もう40歳だと思いますが、今でもロッテにいるんですかね。頑張ってください。

おめでとう。石貫、山崎健。

C-takeさん、後ほどリンクの連絡させていただきます。

広島東洋カープブログランキング

更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------




スポンサーサイト
2009.02.08 Sun l 思い出の選手 l コメント (13) トラックバック (0) l top

コメント

元と書いて「もと」と読めないのが・・・
元「広島東洋カープ」という但し書きの選手をメディアで見聞きするにつけ嬉しいような悲しいような、心象をどう表現したら良いのでしょうか何種類もの絵の具をパレットに搾り出しかき混ぜ始めたところと言いましょうか・・・・。
90年代以降に活躍された選手達はリアルタイムで接する事ができなかったのでなおさら切ない気持ちになります。
自分が余裕を持ちつつ全試合を観戦できる状況になったのが、野村謙二郎の引退の年だったのです(スタンド一杯の「7」、あの映像は大感動しました)。
「思い出の選手シリーズ」はそんな自分にとって追体験させて頂ける貴重な読み物です。
シンドイでしょうね、でもこれからも、よろしくお願いします(口を大きく開けた鯉状態)。

☆☆☆☆
2009.02.08 Sun l なにわ東洋カープ. URL l 編集
元は嫌な漢字(感じ)で
なにわ東洋カープさん

そういう見方もあるんですね。同じ選手に関する記憶を思い出し、懐かしがってくれることのみを期待してました。
ただ残念ながら90年代以降、私も空白の期間があり、90年代の選手をどれだけ紹介できるかはわかりません。何とか記憶を辿りながらやって行きますので、これからもよろしくお願いします。

コメントありがとうございました。
2009.02.09 Mon l ニュービギニング. URL l 編集
石貫宏臣の近況
初めまして。石貫の兄でございます。
弟の事を憶えてくださって 又 記事にして頂いて非常に感激しております。

今現在も、ロッテでスコアラーをやっており頑張っています。裏方ではありますが、野球に携わっている事で本人は満足しているようです。

ただ、サラリーマンと違って毎年契約更新があるので、身内としては心配なのですが・・・

乱文にて失礼致します。

2009.02.19 Thu l 石貫の兄. URL l 編集
Re: 石貫宏臣の近況
石貫の兄さん・・・というか、石貫さんでよろしいでしょうか。
初めまして。

> 初めまして。石貫の兄でございます。
> 弟の事を憶えてくださって 又 記事にして頂いて非常に感激しております。

私が高校野球もかなり観戦していた頃で、甲子園での弟さんのご活躍は非常に印象に残っております。カープが指名したときも、非常にうれしかったですし、カープファンの友人達とかなり盛り上がったことを記憶しています。本当はいろいろなエピソードも書きたいのですが、残念なことに記憶が薄れてきておりまして、十分に書けなかったことを非常に残念に思っています。もう少し、昔の持ち物などを探って、記憶をたどってみようと思います。

> 今現在も、ロッテでスコアラーをやっており頑張っています。裏方ではありますが、野球に携わっている事で本人は満足しているようです。
> ただ、サラリーマンと違って毎年契約更新があるので、身内としては心配なのですが・・・

引退後は野球を離れる方が多い中で、野球の好きな選手(元選手)にとっては幸せなことなんでしょうね。

ただ、我々サラリーマンには想像もつかないような厳しい世界だとお察しいたします。

> 乱文にて失礼致します。

いえいえ、私もインターネットを介してとはいえ、選手のご家族とコミュニケーションを取るのは初めてのことであり、非常に感激しております。しかも好きだった選手のご家族ということで、まだ、信じられないような感じです。本当にありがとうございました。

今でも私自身、石貫投手のことは良く覚えています。大変なお仕事だとは思いますが、陰ながら応援させていただきますので、ご本人にもよろしくお伝えください。縁があって、またカープに復帰していただけると更に喜びは倍増ですね。

最後になりますが、石貫投手(スコアラーですね)、そしてお兄さんのご健康とご多幸をお祈りしております。

乱筆・乱文で申し訳ありませんでした。

コメント、本当にありがとうございました。
2009.02.19 Thu l ニュービギニング. URL l 編集
Re: 石貫宏臣の近況
自分も感激しております。
石貫大兄、本当に、コメントありがとうございます。

現在、宏臣氏はスコアラーをされておられるとの事。
チームのため、これもまた、なくてはならない遣り甲斐のある仕事ですね。
同じく、応援いたしておりますと、お伝えください。

(▼皿▼メ)ノ (秀樹カンゲキィ! ← 古い)






2009.02.20 Fri l なにわ東洋カープ. URL l 編集
Re: 石貫宏臣の近況
ニュービギニング様 コメントありがとうございます。

>私が高校野球もかなり観戦していた頃で、甲子園での弟さんのご活躍は非常に印象に残っております。

二年の夏・三年の春と2回甲子園に出場したのですが残念ながら一勝も出来ませんでした。特に春の選抜は残念でした。野村・橋本・立浪・片岡らがいたPL学園との試合で4回に5本の長短打を含む集中打を浴び3点を失い結果それが決勝点となり3-1で負けました。
元々スロースターターな方ですが、5回以降ノーヒットに抑えただけに非常に悔しい思いをした事を今でも憶えています。

裏話なのですが実は、弟は西日本短大付属へ進学する気は無く、久留米商業へ進学するつもりでした。

当時、久商の監督が森秀雄さんで弟が幼少時代から目をかけてもらっていた事と私自信が久商で野球をやっていた事もあり森監督の下で野球をしたい(甲子園に行きたい)という思いでした。

ところが、弟が中学2年の秋に突然、森監督が大分の高校へ移籍する事になりその影響で西短入学を決心したようです。

私自信、久商OBとしては母校へ行ってほしかったのですが、森監督の下でという気持ちも理解していましたので複雑でした。(教員からは弟を入れろー入れろーとしつこく言われたのを憶えています)

とりとめのない話になってしましましたが 今でも昔を憶えて下さっている人がおられる事を是非、伝えたいと思います。

なにわ東洋カープ様 コメントありがとうございます。

>チームのため、これもまた、なくてはならない遣り甲斐のある仕事ですね。
同じく、応援いたしておりますと、お伝えください。

今でも昔を憶えて下さっている人がおられる事を是非、伝えたいと思います。ありがとうございます。

>(▼皿▼メ)ノ (秀樹カンゲキィ! ← 古い)

もろ、私の世代です。懐かしいです。



2009.02.21 Sat l 石貫の兄. URL l 編集
Re: Re: 石貫宏臣の近況
コメントありがとうございました。裏話も含め興味深い話しでした。

>
> 二年の夏・三年の春と2回甲子園に出場したのですが残念ながら一勝も出来ませんでした。特に春の選抜は残念でした。野村・橋本・立浪・片岡らがいたPL学園との試合で4回に5本の長短打を含む集中打を浴び3点を失い結果それが決勝点となり3-1で負けました。

PL史上最強チームですね。エース級3人は反則でした。

> 元々スロースターターな方ですが、5回以降ノーヒットに抑えただけに非常に悔しい思いをした事を今でも憶えています。
>
> 裏話なのですが実は、弟は西日本短大付属へ進学する気は無く、久留米商業へ進学するつもりでした。
>
> 当時、久商の監督が森秀雄さんで弟が幼少時代から目をかけてもらっていた事と私自信が久商で野球をやっていた事もあり森監督の下で野球をしたい(甲子園に行きたい)という思いでした。
>
> ところが、弟が中学2年の秋に突然、森監督が大分の高校へ移籍する事になりその影響で西短入学を決心したようです。
>
> 私自信、久商OBとしては母校へ行ってほしかったのですが、森監督の下でという気持ちも理解していましたので複雑でした。(教員からは弟を入れろー入れろーとしつこく言われたのを憶えています)
>
> とりとめのない話になってしましましたが 今でも昔を憶えて下さっている人がおられる事を是非、伝えたいと思います。

お兄さんも野球されてたのですね。久留米商業と言えば山田武史投手で甲子園で旋風を起こしたのを記憶しています。カープにも在籍した宇部商業の秋村投手と対戦し、勝利したことを覚えています。あの時の山田投手は印象に残っていて、私の中では甲子園で見た1番キレのあるストレートでした。腰が治って巨人に入団したのが悔しかった記憶があります。石貫投手とは4歳差ですが、もしかするとお兄さんは山田投手と所属時期が重なっているのですか?

>
> なにわ東洋カープ様 コメントありがとうございます。
>
> >チームのため、これもまた、なくてはならない遣り甲斐のある仕事ですね。
> 同じく、応援いたしておりますと、お伝えください。
>
> 今でも昔を憶えて下さっている人がおられる事を是非、伝えたいと思います。ありがとうございます。
>
> >(▼皿▼メ)ノ (秀樹カンゲキィ! ← 古い)
>
> もろ、私の世代です。懐かしいです。

私もほぼ同世代です。

出先で携帯からなので簡単ですが、あと誤字脱字がありましたらご容赦下さい。

コメントありがとうございました。


2009.02.21 Sat l ニュービギニング. URL l 編集
Re: Re: 石貫宏臣の近況
ニュービギニング様

ご察しの通り、山田武史とは同級で私は7番ライトで甲子園にも出場させて頂きました。

甲子園成績も春・夏合わせて15打数6安打で、唯一弟の成績を上回り自慢できる事でした。

私は、それほど才能も無くレギュラーの座を勝ち取る為に血のにじむ様な努力をしたのを昨日の事のように憶えています。

たまたま結果が伴ってきましたが、『結果ではなく目標に向ってひたむきに努力する事が大事だ』という事を痛感し社会に出て壁にぶちあたっても、その事を思い出し教訓を生かしてます。

一番印象に残っている試合は、第60回夏の大会3回戦で池山(元ヤクルト)率いる市立尼崎との試合です。
8回裏4-0で負けていて、先頭バッターの私は高校生活最後の打席と思いバッターボックスへ。気合でヒットを打ちました。後続も続きこの回3点を奪い4-3。9回表を0点で切り抜け9回裏へ。先頭の4番山田が左中間へ2塁打。その後5番・6番が連続三振。6番の時にワイルドピッチで山田は3塁へ。2アウト3塁で私に出番が回ってきました。『何としてでも山田をホームへ帰す』
そう思いバッターボックスへ。結果レフと前のポテンヒットで同点。後続がライト線へ打ち打球がファールグランドでてんてんとする中、私は3塁コーチャーの制止を振り切りホームへヘッドスライディング。サヨナラ勝ちの瞬間でした。試合が終わってもしばらく鳥肌がおさまらなかったのを記憶しています。『努力は必ず報われる』そう思わせてくれる試合でした。

社会では結果が全ての場合が多いですが・・・?

山田武史時代の久留米商業も憶えて下さっていて非常に感激です。

私の自慢話になってしまったようですが、決してそんなつもりではなくニュービギニング様のサイトを通じて昔を思いだした一人の元野球バカの戯言だと理解下さい。

長々と失礼致しました。又、遊びにきます。
2009.02.21 Sat l 石貫の兄. URL l 編集
Re: Re: Re: 石貫宏臣の近況
2度目の驚きと感激に浸るニュービギニングです。

> ニュービギニング様
>
> ご察しの通り、山田武史とは同級で私は7番ライトで甲子園にも出場させて頂きました。
>
> 甲子園成績も春・夏合わせて15打数6安打で、唯一弟の成績を上回り自慢できる事でした。
>
> 私は、それほど才能も無くレギュラーの座を勝ち取る為に血のにじむ様な努力をしたのを昨日の事のように憶えています。

年代的に重なっているのかな・・・?という軽い気持ちでの質問だったのですが、まさかドンピシャだったとは。ということは、お兄さん(馴れ馴れしい呼び方で申し訳ありません)は、甲子園ベスト4メンバーということですね。まさに、「秀樹カンゲキィ!」です。

ちょっと、ここから甲子園オタクのネタになりますが・・・

83年の大会と言うと、池田全盛時代&KKコンビデビューの年でしたが、注目の選手が多く、
水野(元巨人)、江上(池田)、清原、桑田(PL学園1年)、山田(久留米商業-元巨人)、野中(元阪急)、紀藤(元広島)(中京)、大森(元巨人)(高松商)、三浦(元中日)(横浜商)、仲田幸(元阪神)、仲田秀(興南)、荻原(仙台商-元巨人)、秋村(宇部商業-元広島)、小椋(学法石川)、池山(市尼崎-元ヤクルト)、吉井(元近鉄)、嶋田(弟)(元阪神)(箕島)、津野(元日ハム)、中山(元横浜)(高知商)、小野(元近鉄)(創価)など、3年生の選手以外にも、嶋田(弟)や中山のように、控えで、翌年以降に注目を浴びる選手がそろっていた気がします。

> たまたま結果が伴ってきましたが、『結果ではなく目標に向ってひたむきに努力する事が大事だ』という事を痛感し社会に出て壁にぶちあたっても、その事を思い出し教訓を生かしてます。
>
> 一番印象に残っている試合は、第60回夏の大会3回戦で池山(元ヤクルト)率いる市立尼崎との試合です。
> 8回裏4-0で負けていて、先頭バッターの私は高校生活最後の打席と思いバッターボックスへ。気合でヒットを打ちました。後続も続きこの回3点を奪い4-3。9回表を0点で切り抜け9回裏へ。先頭の4番山田が左中間へ2塁打。その後5番・6番が連続三振。6番の時にワイルドピッチで山田は3塁へ。2アウト3塁で私に出番が回ってきました。『何としてでも山田をホームへ帰す』
> そう思いバッターボックスへ。結果レフと前のポテンヒットで同点。後続がライト線へ打ち打球がファールグランドでてんてんとする中、私は3塁コーチャーの制止を振り切りホームへヘッドスライディング。サヨナラ勝ちの瞬間でした。試合が終わってもしばらく鳥肌がおさまらなかったのを記憶しています。『努力は必ず報われる』そう思わせてくれる試合でした。

この試合も記憶しています。自分の中で、山田投手は春の1回戦の印象が強すぎて、夏は調子が悪いのかな・・・?という感じでしたが、この試合は、非常に素晴らしい試合で、好試合としての印象が強く残っています。池山選手は当時、三塁手でしたよね?(間違っていたら申し訳ありません)。

実は、この年、唯一の甲子園観戦をしたときで、学校の補習を休んで3回戦の最終日とベスト8の試合を観戦しました。3回戦では、吉井選手から打った津野選手の満塁ホームランや荻原投手と秋村投手の投げ合いを記憶しています。ベスト8の試合は申し訳ないのですが、池田、中京の試合を目的に見に行ったため、次の試合であったお兄さんの出場していた試合の印象はあまり残っておりませんでした。スタンド観戦はテレビで見るより疲れますね。もちろん、選手はもっと疲れるのだと思いますが。

準決勝の試合は残念だったですね。当時の横浜商業は強かったですよね。春も夏も準優勝だったですが、夏は、話題の好投手(学法石川・小椋、宇部商業・秋村、久留米商業・山田)を打ち破っての上位進出でしたね。上には書き忘れましたが、横浜商業には3番に高井という好打者もいましたね。横浜商業戦でリリーフした秋吉投手も覚えています。2年後に甲子園に戻って来ましたよね。旋風を起こした甲西高校との好試合も印象に残っています。

いや、あのときにグラウンドでプレイしていた選手と話が出来るとは思ってもいませんでした。しつこいようですが感激です。

> 社会では結果が全ての場合が多いですが・・・?

やはり、社会に出ると「お金」が先に来ますからね。高校野球の良いところは、お金がかかってないところだと思います。現実にはそうではないかもしれませんが。ただ、社会に出た場合、努力した人が必ず成功する訳ではないですが、成功する人は必ず努力しているのだと思います。お兄さんの貴重な体験はその努力の過程は、今までもそうでしょうが、今後にも必ず生きてくるのだと思います。年長の方に対して、偉そうなことを言って、申し訳ありません。

> 山田武史時代の久留米商業も憶えて下さっていて非常に感激です。
>
> 私の自慢話になってしまったようですが、決してそんなつもりではなくニュービギニング様のサイトを通じて昔を思いだした一人の元野球バカの戯言だと理解下さい。

甲子園オタクだったことを思い出させていただきました。過去の甲子園の思い出なども、記事として書こうかと思って来ました。感謝いたします。

> 長々と失礼致しました。又、遊びにきます。

また、ぜひお願いします。山田投手の近況なども含め、コメントもいただければ、うれしく思います。コメントありがとうございました。
2009.02.22 Sun l ニュービギニング. URL l 編集
はじめまして
はじめまして。
今日このブログを初めて見つけて、大変興奮しております。

私も生まれが久留米ということもあり、久商が甲子園に出た83年は、メチャメチャ応援しておりました。当時中学1年だった私は、エースの山田武史さんの伸び上がるボールにとてつもない感動を覚えました。その後社会人を経てプロ入りされましたが、故障がちだったことが本当に惜しまれます。ちなみに山田さんは現在、マスターズリーグの東京ドリームスで活躍されているようです(たまたまある番組でマスターズリーグの様子を放送していて、あれ、何となく見覚えのあるフォームだなぁと思って、もしやと思いマスターズリーグのHPを確認したら、やっぱり山田さんでした!!!)。

そして、更なる驚きは石貫さん!!!まさか市尼戦で同点ヒットを放った石貫さんがカープの石貫投手のお兄さんだったとは!! その石貫さんのコメントを、あれから25年以上経った今、拝見できるとは!!! 実は、83年夏の久商の試合はすべてビデオに収めており、今でも大切に保管しております。石貫さんのタイムリーの直後、森監督が笑顔で石貫さんを蹴るようなそぶり(こんなバッティングしやがって、という意味でしょうか・・・)をするのも、石貫さんのヘッドスライディングも、しっかり収められています。しかしあのヒット、あと10cm飛んでいればきっとレフトに取れれていましたね。本当に奇跡といえるような同点ヒットで、当時、狂喜乱舞した記憶があります。石貫さんといえば、試合中笑顔を絶やさず、チームのムードメーカー的な存在だったんだろうなと思います。

と、とりとめのない文章になってしまいましたが、あのビデオの中の憧れの久商ナイン、石貫さんのコメントに感動し、思わず投稿せずにはいられなくなってしまいました。しかしもうあれから25年以上も経つのですね・・・。今は息子に「伸びる球はこうやって投げるんだ!」と山田投手のフォームを覚えさせようと必死の父親です。

長々と、しかもカープネタではなくて申し訳ありませんでした。
2009.05.03 Sun l 山田武史ファン. URL l 編集
Re: はじめまして
山田武史ファンさん

> はじめまして。
> 今日このブログを初めて見つけて、大変興奮しております。

初めまして。私も、石貫(兄)さんからコメントいただいた時は、大興奮でした。また、今回もこのネタでコメントいただいてその時の興奮がよみがえってきております。

> 私も生まれが久留米ということもあり、久商が甲子園に出た83年は、メチャメチャ応援しておりました。当時中学1年だった私は、エースの山田武史さんの伸び上がるボールにとてつもない感動を覚えました。その後社会人を経てプロ入りされましたが、故障がちだったことが本当に惜しまれます。ちなみに山田さんは現在、マスターズリーグの東京ドリームスで活躍されているようです(たまたまある番組でマスターズリーグの様子を放送していて、あれ、何となく見覚えのあるフォームだなぁと思って、もしやと思いマスターズリーグのHPを確認したら、やっぱり山田さんでした!!!)。

地元だとなおさらですね。以前のコメントでも書きましたが、仰るようにあの当時の山田さんの球は伸びあがるように見えました。同じように思っていただいた方がいらっしゃったことを大変うれしく思います。

> そして、更なる驚きは石貫さん!!!まさか市尼戦で同点ヒットを放った石貫さんがカープの石貫投手のお兄さんだったとは!! その石貫さんのコメントを、あれから25年以上経った今、拝見できるとは!!! 実は、83年夏の久商の試合はすべてビデオに収めており、今でも大切に保管しております。石貫さんのタイムリーの直後、森監督が笑顔で石貫さんを蹴るようなそぶり(こんなバッティングしやがって、という意味でしょうか・・・)をするのも、石貫さんのヘッドスライディングも、しっかり収められています。しかしあのヒット、あと10cm飛んでいればきっとレフトに取れれていましたね。本当に奇跡といえるような同点ヒットで、当時、狂喜乱舞した記憶があります。石貫さんといえば、試合中笑顔を絶やさず、チームのムードメーカー的な存在だったんだろうなと思います。

その映像私も見たいですw
私は、当時毎年買っていた「アサヒグラフ」の甲子園特集号でしか振り返ることができないので、非常にうらやましく思います。あの試合は、今でも甲子園の名勝負にあげられるくらいですからね。


> と、とりとめのない文章になってしまいましたが、あのビデオの中の憧れの久商ナイン、石貫さんのコメントに感動し、思わず投稿せずにはいられなくなってしまいました。しかしもうあれから25年以上も経つのですね・・・。今は息子に「伸びる球はこうやって投げるんだ!」と山田投手のフォームを覚えさせようと必死の父親です。

息子さんも山田さんや石貫さんのように、多くの方に夢を与えてくれるような名選手に育つと良いですね。

> 長々と、しかもカープネタではなくて申し訳ありませんでした。

いえいえ、高校野球おたくでもあったので全然問題ありません。また、気になるネタがあれば、コメントいただけるとうれしいです。石貫さんもまた見てくれていると良いですね。

コメントありがとうございました。
2009.05.05 Tue l ニュービギニング. URL l 編集
感動しました。
今、驚いています。と同時に大変興奮してます。

28年前に話が見れて感動の嵐です。

私事ですみません。

石貫兄と西国分小学校で5年生迄一緒にいた者です。石貫兄、弟とは西牟田公園で野球をした思い出があります。高校2年生の春に久留米商業が甲子園に出て、石貫兄がライトを守っている時は、「ゴンちゃん(石貫兄のあだ名)頑張れ!」と応援してました。

83年夏にも久留米商業が甲子園出場。
全ての試合をリアルタイムで見てました。あの市立尼崎の試合は「もうだめだ」と思ったなかで土壇場でのサヨナラ勝!アサヒグラフ内ページ一面にゴンちゃんのヘッドスライディングは感動でした。

選手名簿を見て、西国分小学校出身が何人かメンバーにいたんでは?と思ってみてました。

ベスト4で横浜商業(Y校)とあたって、久留米vs横浜はどっちも勝って欲しいと願ってました。
Y校には、応援団長が中学校の同級生で甲子園で頑張って応援してたんで複雑な気持ちで応援してたことを覚えてます。

横浜に転校してから久留米が良かったと子供の頃はずーっと思ってました。

そう、サイドスローの秋吉投手の跳ね上がるピッチングも思い出しました。

その後、甲子園出場が決まった西短の選手一覧を新聞で見て「石貫宏臣」の名前をみた時にもしや弟?と思い、テレビで顔を見た時はそっくりで間違いないと確信しました。

最終ブログ更新から2年が過ぎてましたが、広島カープのブログに感謝しています。

ゴンちゃんの弟もカープで頑張っている様子で嬉しく思います。

広島県も福岡県も神奈川県もあれから甲子園出場校が変わってきています。やはり私立高校は強いですね。


もし、ゴンちゃんと連絡が取れたら嬉しいです。
どうしたら連絡とれるんでしょうか?掲示していただきましたらこちらから連絡させて頂きたいです。

夏の甲子園が始まると83年を思い出します。
83年の甲子園出場選手は社会人では中堅で頑張っている方がほとんどかなと思ってます。
 みまさんの詳しい情報に感動しました。

45歳の私は夏の甲子園を見るたびに18歳に戻ります。

現在は、ブリジストンの近くに居て久留米の会社が頑張っていることもはげみになってます。

カープねたが無くて申し訳ございません。
あまりにもみなさんの詳しい内容を読んで興奮して書いてしまいました。

とりとめの無い文章ですみませんでした。



また、感動の嵐を期待してます。
 
2011.08.01 Mon l 久留米→横浜の転校生. URL l 編集
Re: 感動しました。
久留米→横浜の転校生さん

初めまして!

> 今、驚いています。と同時に大変興奮してます。
>
> 28年前に話が見れて感動の嵐です。

感動していただくと私もうれしいです。

>
> もし、ゴンちゃんと連絡が取れたら嬉しいです。
> どうしたら連絡とれるんでしょうか?掲示していただきましたらこちらから連絡させて頂きたいです。

石貫さんのお兄さんは時々登場されるので・・・次、来ていただいた際に判っていただけるように、私の方からメッセージを残しておきます。

> 45歳の私は夏の甲子園を見るたびに18歳に戻ります。
>
> 現在は、ブリジストンの近くに居て久留米の会社が頑張っていることもはげみになってます。

甲子園良いですね。見る機会は少なくなりましたが、今でも熱くなりますねw

> カープねたが無くて申し訳ございません。
> あまりにもみなさんの詳しい内容を読んで興奮して書いてしまいました。
>
> とりとめの無い文章ですみませんでした。

いえいえ、私の記事をきっかけにしていろいろ書いていただけると嬉しいので。

>
> また、感動の嵐を期待してます。

ご期待に応えられるかどうか分かりませんが、頑張ります!

コメントありがとうございました。
2011.08.08 Mon l ニュービギニング. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://newbeginning436.blog77.fc2.com/tb.php/26-3da86129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。