レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて チーム別対戦成績検証 中日編

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

チーム別対戦成績検証 中日編


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
チーム別成績検証、中日編です。昔は中日戦は強かったんですけどね、86年の優勝時など、終盤の4連戦で3完封、残る1試合も1失点なんてこともあり、「お客さん」のイメージが強かったです。ところが、星野監督就任以降、どういう訳か苦手意識が強くなり、今では完全に「お客さん」扱いされてますね。星野監督が就任時、「目指すはカープの野球」と発言してた気がします(記憶が定かでないですが)。今では、完全に立場逆転です。中日みたいな野球とは言いませんが、投手を中心とした守りの野球、アライバなど、見習う点は多いです。

開幕カードでしたが、開幕戦でコズが大竹の好投を無にしてから連敗。ここでは、ルイスが、当時、懸念だったボーク連発を披露するなどいいところがありませんでした。結局、中日とやると、試合運びの差を見せつけられるという感じでしたね。今年の中日だと、それほど怖さを感じないはずでしたが。

対戦成績を見ると、ここにも横浜銀行が過剰融資してますね。不思議なのが、阪神、ヤクルトに負け越していること。中日サイドから見ると、これが優勝(1位)を逃した要因なんでしょうね。昨年までの、ナゴドでの成績を見ると、阪神戦での11の借金は信じられません(ちゃっかりCSでは勝ちましたが)。

■対戦成績(中日から見た成績)(Yahooから引用)
 対広島 13-9-2
 対巨人 14-10-0
 対阪神 6-17-1・・・不思議ですね。これ。
 対ヤクルト 9-13-2
 対横浜 17-7-0

■広島成績(打率、防御率の()内の数字はシーズン通算成績)
打率     防御率
.282(.271)  3.79(3.78)
得点 失点 安打 本塁打 三振 四死球 盗塁 失策 
85  101  240  17    149   64   8   13  

■中日成績(打率、防御率の()内の数字はシーズン通算成績)
打率     防御率
.253(.253)  3.11(3.53)
得点 失点 安打 本塁打 三振 四死球 盗塁 失策
101  85  204   23   152   104  10  16

チーム打率としては、これも対戦チーム別では最高の数字。にも関わらず、実は完封負けが対戦相手別で最多です(下記参照)。ヒットは出るけど点数が入らない展開が多かったのでしょうか?良く覚えているのが、吉見相手に、二桁安打しながら完封負けした試合。あわや、先発全員安打だった気がします。こんな試合してたら上位を狙うことなど夢のまた夢。緒方塾の生徒達(もちろん先生も含む)で機動力野球を展開し、来年こそは、谷繁さんを疲れさせて欲しいものです。

失策や四死球の数は意外でした。カープの方が数値的には良いんですね。本塁打の数はウッズの分、負けてると思いますが、ここでも、この数字でなぜ中日の防御率の方が良いのか?中日の方が得点が多いのか?は分かりません。とりあえず、

カープが野球下手

ってことなんでしょうね。

■全試合結果
3月28日(金) 2 - 2 (結果) vs. 中日 18:00 ナゴヤドーム
3月29日(土) ● 3 - 5 (結果) vs. 中日 18:00 ナゴヤドーム
3月30日(日) ● 0 - 4 (結果) vs. 中日 18:00 ナゴヤドーム
4月11日(金) ● 3 - 7 (結果) vs. 中日 18:00 広島
4月12日(土) ○ 3 - 1 (結果) vs. 中日 14:00 広島
4月13日(日) ● 0 - 7 (結果) vs. 中日 13:30 広島
5月6日(火) 1 - 1 (結果) vs. 中日 15:00 ナゴヤドーム
5月7日(水) ● 3 - 10 (結果) vs. 中日 18:00 ナゴヤドーム
5月8日(木) ● 0 - 7 (結果) vs. 中日 18:00 ナゴヤドーム
7月8日(火) ○ 3 - 0 (結果) vs. 中日 18:00 広島
7月9日(水) ○ 3 - 2 (結果) vs. 中日 18:00 広島
7月10日(木) ● 7 - 8 (結果) vs. 中日 18:00 広島
7月21日(月) ● 0 - 8 (結果) vs. 中日 18:00 ナゴヤドーム
7月22日(火) ● 1 - 7 (結果) vs. 中日 18:00 ナゴヤドーム
7月23日(水) ○ 8 - 3 (結果) vs. 中日 18:00 ナゴヤドーム
8月12日(火) ● 4 - 5 (結果) vs. 中日 18:00 広島
8月13日(水) ○ 11 - 5 (結果) vs. 中日 18:00 広島
8月14日(木) ○ 4 - 0 (結果) vs. 中日 18:00 広島
8月29日(金) ● 3 - 4 (結果) vs. 中日 18:00 ナゴヤドーム
8月30日(土) ○ 4 - 3 (結果) vs. 中日 18:00 ナゴヤドーム
8月31日(日) ● 3 - 7 (結果) vs. 中日 18:00 ナゴヤドーム
9月19日(金) ○ 7 - 1 (結果) vs. 中日 18:00 広島
9月20日(土) ○ 10 - 0 (結果) vs. 中日 14:00 広島
9月21日(日) ● 2 - 4 (結果) vs. 中日 13:30 広島

全体を通してみると、2連勝が最高なんですよね。カードをまたいでの3連勝も無し。最後の3連戦は3連勝して欲しかったですが、あの雰囲気でルイスでもだめでした。逆に3連敗(1回は引き分けを挟む)が3回。ちなみに完封負けが4個あり、対戦チーム別では最多です(次点は、ヤクルト戦の3。巨人戦は0)。

個人成績は以下の通りです。

◆主力打者成績(広島)・・・今回から打点も追加
 東出 .364 0本 6打点
 栗原 .273 4本 15打点(対戦チーム別では最低打率、最低打点)
 梵 .194 0本 4打点
 シーボル .352 5本 12打点
 石原 .315 1本 10打点
 赤松 .246 2本 7打点
 アレックス .343 3本 9打点
 天谷 .246 0本 6打点
 嶋 .345 0本 4打点
 小窪 .290 0本 2打点
 前田 .261 1本 4打点

シーボルさん頼みですか?嶋は全体的に(どのチーム相手でも)そうなんですけど、5番にいて20安打で4打点は少なくないかい?巷で言われているように、チャンスに弱いというのは正しいのでしょうか?チーム打率も良かったですが、主力選手の打率を見ると、抑えられているようには見えませんね。ただ、打ってる割に打点が少ないのは目立ちます。残塁が多いのかもしれませんね(残塁数のデータをご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください)。

◆主力投手成績(広島)
 ルイス 0勝2敗 防御率4.50
 大竹  2勝3敗 防御率3.50
 前田(健) 1勝1敗 防御率5.93
 高橋 1勝0敗 防御率1.50
 篠田 0勝0敗 防御率1.50
 斎藤 2勝0敗 防御率0.00
 大島 0勝1敗 防御率2.35
 長谷川 0勝2敗 防御率8.36
 上野 0勝0敗1H  防御率0.82
 シュルツ 0勝1敗3H 防御率3.38
 横山 1勝1敗4H  防御率1.35
 永川 0勝0敗2H2S 防御率0.00

先発投手陣にはバラつきがありますが、中継ぎ・抑えが安定した成績を残しています。前田(健)も序盤に打たれてましたが、最後の対戦で完封勝利を上げるなど、来年に向けて苦手意識を持ち越すことは無さそうです。長谷川は全体的に悪かったですしね。あとルイスが未勝利なのは意外でした。考えてみると、開幕カードと最終戦での結果が良くなかったですね。

◆主力打者成績(中日)
 荒木 .302 0本 4打点
 立浪 .143 0本 2打点
 和田 .297 4本 20打点
 井端 .329 1本 5打点
 李 .270 3本 13打点
 谷繁 .233 0本 2打点
 森野 .341 6本 17打点
 ウッズ .256 6本 14打点
 中村 .250 2本 11打点

印象としては、荒木に出塁されて、走られて・・・森野に返される、というイメージがあるのですが、荒木はそれほどでも無いようですね(3割あれば十分?四死球が多いんでしょうね)。むしろ、井端か。森野は印象通り、というか、印象以上に打ってます。中軸打者はしっかりと打点を稼いでますね。これが強いチームなんでしょう。ちなみに、中村と嶋は同じ安打数。しかし、打点数の差は7あります。中村は2本ホームラン打ってます(嶋は0)が、やはりこうみると、嶋の打点数は不満ですね。

◆主力投手成績(中日)
 川上 1勝0敗 防御率1.06
 朝倉 2勝0敗 防御率2.41
 中田 0勝2敗 防御率9.72
 川井 0勝2敗 防御率3.45
 吉見 2勝0敗1H 防御率1.86
 チェン 1勝0敗1H 防御率3.00
 平井 0勝0敗2H 防御率5.06
 山本(昌) 3勝2敗 防御率2.18
 浅尾 0勝0敗3H 防御率5.19
 小笠原 1勝1敗 防御率5.25
 清水 1勝0敗 防御率3.48
 高橋 1勝0敗3H 防御率0.93
 岩瀬 0勝0敗2H4S 防御率0.00

中田は以前から打っている印象ありましたが、今年はぼこぼこですね。まあ、シーズン通して悪かったみたいですけど。この数字だけ見ると、全体的に結構打っている印象を受けました。これで、来年、川上が抜けると、これまでみたいな怖さはないかもしれませんね。山本昌と朝倉をなんとかしないといけないですが。

中日は中継ぎのピッチャーも含めて球が速い人が多く、球威に負けるという印象がありました。実際、山本昌を除くと、速球派が多く、しかも、層が厚い。人的保障で岡本を出しても、次から次に出てきますからね。昔のカープのようです。来年、川上が抜けても、また誰かが出てくるのでしょうね。

■総評
個々の成績を見ると、そうは感じないのですが、総合力で負けている気がします。守備も打線もそつがないですね。川上とウッズが抜けるとの噂がありますが、結局、他の人が出てきて、その穴を埋めるのだと思います。投打ともに、それだけの選手層の厚さがあります。打つ方で言うと、新井、堂上兄弟、平田と目白押しですよね。なんとか対抗していくには、個々の選手の力だけでなく、チームとして1点を取りに行く野球、1点を守る野球をしっかりすることだと思います。その意味でも、今、秋季キャンプで強化中の「機動力」に期待したいですね。中日に勝ち越すくらいのチーム力があれば、優勝も夢じゃないと思います・・・妄想?


更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。
スポンサーサイト
2008.10.28 Tue l カープ2008 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://newbeginning436.blog77.fc2.com/tb.php/23-fdeefee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。