レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて Nasty Factor

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

Nasty Factor


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
MLBネタが続きます。

MLBの公式サイトでWS第6戦の速報を見てたのですが、そこで見慣れない表記が。

ピッチャーの投球のデータで球種、球速の後にNFと言う項目があって2桁の数値が・・・

なんだ?と思って見ていたのですが、良くわからず。

後で調べてみると(と言うか教えてもらったのですが)、

Nasty Factor

と言う、その球、球の打ちづらさを示す指標だとか。

同じ球種、スピード、コースでも2球続くと2球目は数値が下がるとか。こんな数字をリアルタイムで速報に流すMLBは凄いですね。

こんなのがありましたが、球速、配球、コースとmovement?リーグのレンジとの比較とありますが、最後の項目が良くわかんないですね(さくっと訳せない英語力が悲しい・・・)

カープファン学生さんのヘルプお待ちしておりますw

これはMLBではメジャーな指標なんですか?
スポンサーサイト
2011.10.31 Mon l その他 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

初耳です
 ナスティーファクターという言葉は初めて聞きました。最近は次から次へと新しい考慮要素や基準が作られており、少々混乱するところではあります。

 「ムーブメント」というのはなんでも「打者から見たボールの動き方を視覚化したもの」だそうです(間違っていたらすみません)。しばしば同じストライクなのにある投手は打ちやすい、ある投手は打ちにくいということが言われたり、打ち取られた打者が「ボールが動くのだ」「球が伸びてくる」とコメントしたりすることがありますが、単なる印象をムーブメントによって客観化できるかもしれません。

 とはいえ、このナスティファクターという指標。まだ導入されたばかりで、専門家の世界ではともかく、まだ一般のファンにはなじみの薄いものだと思います。ただ、今後はどうなるかわかりません。

 指標が客観化されることは総じて好ましいことだと思います。ただ、あくまで参考にすべきものの一つであり絶対視しすぎると思わぬ落とし穴にはまる気もします。
2011.11.02 Wed l ヤルネック. URL l 編集
No title
Nasty factor、こちらも初めて聞きました。
昨シーズンあたりから使われ始めた指標なんですかね?
今シーズンから徐々に広まってきているそうですが、
上にヤルネックさんが書いてらっしゃるように、まだあまりメジャーではないようです。
http://www.lookoutlanding.com/2011/5/31/2197649/nasty-factor-mlb

球速やコースはいいとして、動き(Movement)についても指標化するんですね。基本的には大きく動く球ほどいい数値が振られる、ということのようですが……。正確にやろうとすると、わりと高度な動画の解析が必要になりそうですが、どうやってるんでしょうかね。
(まさか目分量でやるわけはないでしょうけどw)

配球(Sequence)を見るというのは面白いアイディアかもしれません。一球一打を切り取って見るのではなく、前後との関係も考慮して指標化するようですね。同じ球が2球続くのはどれくらい悪いのか、3球続くどうなのか、とか、その辺はどうやって数値を振ってるんでしょうねえ。気になります。

個人的には、ひとつの指標としては、ちょっと盛りだくさんすぎるかなあという気もしますが、今後どうなっていくか、楽しみですね。

そういえばレンジャースは今年も残念でした!!
めげずにまた来年もがんばってほしいですね!
2011.11.02 Wed l カープファン学生. URL l 編集
Re: 初耳です
ヤルネックさん

>  ナスティーファクターという言葉は初めて聞きました。最近は次から次へと新しい考慮要素や基準が作られており、少々混乱するところではあります。

凄いですね。次から次に指標が出てくるのは。何でも客観的な指標で評価してしまうってのは、アメリカ人っぽいのですが。

>  「ムーブメント」というのはなんでも「打者から見たボールの動き方を視覚化したもの」だそうです(間違っていたらすみません)。しばしば同じストライクなのにある投手は打ちやすい、ある投手は打ちにくいということが言われたり、打ち取られた打者が「ボールが動くのだ」「球が伸びてくる」とコメントしたりすることがありますが、単なる印象をムーブメントによって客観化できるかもしれません。

そうなのかな・・・と思いましたが、やはりそうですか。でも、これをどのように評価するんでしょうね?しかも、ほぼリアルタイムで。

>  とはいえ、このナスティファクターという指標。まだ導入されたばかりで、専門家の世界ではともかく、まだ一般のファンにはなじみの薄いものだと思います。ただ、今後はどうなるかわかりません。

そういうレベルのものが速報に出てるのが凄いですね。

>  指標が客観化されることは総じて好ましいことだと思います。ただ、あくまで参考にすべきものの一つであり絶対視しすぎると思わぬ落とし穴にはまる気もします。

実際の結果と合わせて検証し、相関関係を調べてもらいたいですね。あと、こういう指標が出て来ると、打者目線で行くと、「打ちそこない」みたいな評価指標も出せるのかもw

コメントありがとうございました。
2011.11.08 Tue l ニュービギニング. URL l 編集
Re: No title
カープファン学生さん

指名させていただいたのに、コメ返が遅くて申し訳ありません。

> Nasty factor、こちらも初めて聞きました。
> 昨シーズンあたりから使われ始めた指標なんですかね?
> 今シーズンから徐々に広まってきているそうですが、
> 上にヤルネックさんが書いてらっしゃるように、まだあまりメジャーではないようです。
> (http://www.lookoutlanding.com/2011/5/31/2197649/nasty-factor-mlb

まだ、使われ始めて間もないんでしょうね。アメリカで生活されていたカープファン学生さんがご存じないのであれば、マイナーなんでしょうね。

> 球速やコースはいいとして、動き(Movement)についても指標化するんですね。基本的には大きく動く球ほどいい数値が振られる、ということのようですが……。正確にやろうとすると、わりと高度な動画の解析が必要になりそうですが、どうやってるんでしょうかね。
> (まさか目分量でやるわけはないでしょうけどw)

これをどうやっているのか私も興味があります。
コメントを見て思い出したのですが、確か、守備範囲か何かを示すメトリクスを測定するために、グラウンドの上空にカメラを設置し、野手(外野手だったと思います)の動きを記録している球場があるとか。彼らはやることが凄いです。(どこかの記事で見かけたのですが、探せませんでした・・・すみません)

> 配球(Sequence)を見るというのは面白いアイディアかもしれません。一球一打を切り取って見るのではなく、前後との関係も考慮して指標化するようですね。同じ球が2球続くのはどれくらい悪いのか、3球続くどうなのか、とか、その辺はどうやって数値を振ってるんでしょうねえ。気になります。

投手の立場から見ると面白いですよね。おそらくは、視覚的な慣れみたいな観点なのでしょうね。配球は、打者との読み合い、駆け引きもあるのだと思いますが、それは指標化しづらいですからね。

> 個人的には、ひとつの指標としては、ちょっと盛りだくさんすぎるかなあという気もしますが、今後どうなっていくか、楽しみですね。

ヤルネックさんへのコメ返でも書かせていただきましたが、結果との相関がみてみたいです。

> そういえばレンジャースは今年も残念でした!!
> めげずにまた来年もがんばってほしいですね!

残念でしたね。でも、再来年に優勝出来るということでw

コメントありがとうございました。
2011.11.08 Tue l ニュービギニング. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://newbeginning436.blog77.fc2.com/tb.php/1090-42a84c79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。