レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて 2011年05月

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

ダービー結果


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
いやぁ・・・オルフェーヴル強かったですね。

重馬場がさらに他の馬との差を広げたような感じで。

直線では、ナカヤマナイトとサダムパテックに進路を塞がれて、抜けだすところが無かったようですが、瞬発力の違いで、2頭の間をすり抜け、最後は、ウィンバリアシオンに差されそうな気がしましたが、追い抜かせず。

あの差はどこまで走っても縮まらない気がしました。

2着と3着の着差が7馬身差。最後は鳥肌が立っちゃいましたw

馬券の方はと言いますと、取らせていただきました。

結局、3連単や3連複では絞りきれず、インチキ臭いですが、ワイドで1-2着、1-3着をゲット。

3着のベルシャザールは書いて無かったのでインチキ臭いですけどね。

オークスは、1-3着、2-3着のワイドをいただいたので、困った時は、ワイドで小遣い稼ぎを狙いますw

来週は安田記念。アパパネが中心になりそうですね。

カープも落ちて来たので、しばらくは競馬予想ブログになるかもしれませんw
スポンサーサイト
2011.05.31 Tue l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

F2 ~終わった・・・のか?~


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
大竹投手の骨折・離脱は痛いですね。

しかも、右手。最低でも2か月以上は登板出来ない様子。

まあ、超ポジティブに考えれば、肩の不安が無くなるまでしっかりと休んで、万全の体制で復帰してもらえれば・・・と思いますが・・・

影響は残らんのですかね?

まあ、最近の修復技術を考えればしっかりと治癒するんでしょうが、ピッチングに影響があると・・・つらいですね。小指だから大丈夫と思いたいですが。

しかし、大竹投手は、失礼な言い方ですが、「持ってない」・・・ですね。

実力はありながら、肝心なところで躓いてしまう。そんなことを言われるのは今回を最後にして欲しいものです。

◆◆◆

さて、試合の話に戻して・・・まあ、戻す必要もないかもしれませんね。

前日の試合に続く0-1の敗退。

この試合はエースを見殺しにしました。

まえけんは「エース」として結果を出すことはできませんでしたが、先発としての仕事はしたと思います。

ただ、あの武田(勝)投手の記録を止めちゃあいけませんわな。

武田投手の貧乏神 <<< カープの状態

だったということですか?まあ、5試合も完封されれば、そろそろ得点するタイミングだったかもしれませんし。

で、カープは、26イニング?連続無得点。いや、さっぱりですな。

ここ数年、恒例行事になって来た気がします。この試合も後半は、チャンスは作るものの、誰もタイムリーが打てず。丸選手が2塁から戻れなかったのもの判断ミス?だったんですかね?バントミスもありましたし。

まあ、工夫もなく黙々とアウトを重ねるのは、今に始まったことじゃないですからね。

チームとして攻略する、個人個人で工夫するってことは出来ないんですかね?まあ、出来ないからずっと勝てない訳なんですが。

好調な時は誰でもそれなりに打てるんだから、そうでないときに何が出来るか?でチームとしての価値が決まると思うのですが・・・どうも首脳陣含めて、打開策もないようで。

ちょうど、同じ日にCLの決勝があったのですが・・・

メッシに点の取り方教えてもらったらどう?

と思ったりしますw

マジ、サッカーみたいなスコアの試合だし・・・(悲)

得点0が続きますが、ついに貯金も0になりました。

ここから住み慣れた領域に戻るのか?それとも、去年までとは違うところを見せてくれるのか?

期待薄ではありますが、若手が育っていることを頼みに少しの期待を持って見て行きたいと思います。

ここで頑張るかどうかでシーズンが決まるぞ!

頑張って欲しいです。
2011.05.31 Tue l 試合講評2011 l コメント (0) トラックバック (0) l top

さてダービー


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
さて、明日は競馬の祭典ダービー。

やはり、それなりに盛り上がりますねw

驚きなのが、出走馬18頭すべてがサンデーサイレンスの孫ということ。

ノーザンテーストでもそんなことは無かったと思うし、考えられない状況ですね。

サンデーのインブリードが出てくるもすぐだと思うし、非サンデー系の種牡馬の導入、台頭も待たれるところですね。

明日は、残念なことに雨。かなりの道悪が予想されます。この雨を見方につけるのはどの馬なんでしょうか?

出走表は、ここ

以下、気になる馬を何頭か。

オルフェーブル(父:ステイゴールド 母:オリエンタルアート(メジロマックイーン))
 皐月賞1着、兄はGI3勝。東京で行われた皐月賞を勝利した意味は大きい。3馬身差は安全圏?
ウィンバリアシオン(父:ハーツクライ 母:スーパーバレリーナ(StormBird))
 あまり本番で結果が出てない青葉賞勝ち馬。ただ、最後方から超スローを差し切ったあの脚は?
サダムパテック(父:フジキセキ 母:サマーナイトシティ(エリシオ))
 皐月賞2着、弥生賞1着。朝日杯FS1番人気。オルフェーブルとの勝負づけはまだ?
フェイトフルウォー(父:ステイゴールド 母:フェートデュヴァン(メジロマックイーン))
 京成杯1着。乱れたのは皐月賞のみ。
ナカヤマナイト(父:ステイゴールド 母:フィジーガール(カコイーシーズ))
 共同通信杯1着。超安定感も皐月賞は外から伸びるも届かず。
デボネア(父:アグネスタキオン 母:ヴェルヴェットクイーン(Singspiel))
 重賞未勝利も皐月賞人気薄で4着により出走。シェイクモハメド×世界のデッドーリでダービーぶっこ抜く?
ロッカヴェラーノ(父:マンハッタンカフェ 母:ルンバロッカ(SriPekan))
 一貫して2000m以上のみ出走。皐月賞も人気薄ながら2着とは差が無い6着。武豊への乗り替わり。買い材料多し。
トーセンレーヴ(父:ディープインパクト 母:ビワハイジ(Caerleon))
 プリンシパルS1着。執念の連闘で出走権確保。現役最強馬の弟という超良血がここで花開く?

キリが無いですね。

なんとなくですが、

◎オルフェーブル
○ロッカヴェラーノ
▲トーセンレーヴ
△デボネア
△ナカヤマナイト

みたいな感じかなぁ・・・?明日は時間が無いと思うので、これらの馬を中心に適当に買うことになると思いますが。

話は逸れますが、JRAのCMって、91年のダービー(トウカイテイオー)ばかりやってますね。そうなると、父もダービー取った馬が来るw

ちなみに、それに該当する馬は、

ネオユニヴァース(オールアズワン、ユニバーサルバンク)
ディープインパクト(リベルタス、コティリオン、トーセンラー、トーセンレーヴ )
タニノギムレット(クレスコグランド)
キングカメハメハ(ベルシャザール)

多いなw

皆さんもグッドラックです!
2011.05.29 Sun l その他 l コメント (4) トラックバック (0) l top

F1 ~いつものカープに逆戻り~


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
打線を引っ張っていた梵選手が落ちてきて、廣瀬選手が離脱すると去年までと同じになっちゃいましたね。

栗原選手がポツン、ポツンと打つだけで他の選手は全然ダメ。

左右病が不治の病っぽい指揮官は、選手を使いきれず。

安定感抜群のエースや緊急登板したリリーフも援護なく討死に。

これまで散々見せつけられたパターンですね。

多少のヒットは出るんですが、(得点力不足という)状況を打開することはできず、ランナーを溜めてもホームに返すことができず。

こういうときは一発長打の選手が欲しいですね・・・糞づまりを治して欲しい・・・

間違いなく今の状況が実力だと思うのですが、また良い流れに揺り戻しがあるんじゃないかとの期待も少し。

ただ、貯金が0になると、そのまま借金生活に突入→雪だるま式に借金増→終戦となるような気がします。

明日は自称エースの登板。

こう言う時にチームを助けてくれてこそ「エース」

前回登板時、まえけん本人は感覚が戻ったようなことを発言してました(MERCURYさんは違う見解でしたがw)。

その発言が本当なら、

明日こそ、「エース」として本領発揮してもらいましょう。

明日、「エース」で負けたら終戦。勝ったらもう少し楽しめるw。

と、言うことで。

まえけんが正しかったか、MERCURYさんが正しかったかw

それでこそエースだ!というピッチングが見たいぞ!まえけん。
2011.05.29 Sun l 試合講評2011 l コメント (0) トラックバック (0) l top

私はどこが良いのかさっぱり分からず・・・


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
朝のテレビで話題になっていたのがこの記事。

アイドル史上初!AKBが初週ミリオン

確かに発売後、1週間でミリオンってのは凄いと思いますよ。

それが、真っ当に売れた結果ならね。

実態はこんな感じなんですよね?

AKB48のニューシングルがミリオン達成間近 / 1人で5500枚、2200枚購入した人も

馬鹿?880万って・・・

趣味に金掛けることは否定しませんし、経済的に余裕があるのであれば、その額も増えることはあるでしょう。

ただ、常軌を逸して無いですか?

まあ、あんな若い子たちがね、スカートひらひらさせたり、集団で水着で踊ったりしてる映像見たら、おじさんだって気になりますわ。

でも、こんなことはしませんって・・・正確には経済的に無理

被災者を気遣って、自粛せずに普通に経済活動するべきだとは思いますが、これは普通の経済活動なのか?

つくづく、秋元 康氏の戦略とそれに踊らされる消費者に驚きです。

いかん、いかん、あんまり書くと炎上させられるかもしれん・・・

で、タイトルのこと。

私はあの2トップ(大島、前田)のどこが良いんか分かりません!誰か教えて!

ちんちくりんの大島と、眼の間が妙に狭いのが気になる前田(←知ってるやん)、そんなに良いんかなぁ・・・?

ちなみに、Perfumeの3人も全く良いと思えず・・・ここまで来ると、ジェネレーションギャップか?

まあ、昔から「蓼喰う虫も好き好き」なんて言葉がありますからね・・・
2011.05.27 Fri l その他 l コメント (4) トラックバック (0) l top

L1,L2 ~惨敗、連敗~


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
良い感じだと思ったんですけどね・・・

結局、交流戦でやってはいけない同一チームへの連敗。初戦はエースにねじ伏せられ、2戦目は拙攻で実質的なエースを見殺し+守りで足を引っ張り惨敗。

なかなか勢いに乗れません。

結局、この2試合、井生選手の起用は無し、スタメンどころか途中起用もありませんでした。

広島、22歳・丸の逆転2点二塁打で3連勝 (2)

この写真は何だったのか?

マーティーの時もそうでしたが、旬の選手を起用するのが下手ですね。

正確には、「旬の選手を使う」よりも優先される判断基準があると言うか・・・今の首脳陣では、それが「右投手には左打者、左投手には右打者」なんでしょう。

そもそも、井生選手が好調とも感じてないかもしれませんね。左投手相手だったから打っただけだと思っているのかもしれません。

もちろん、中東選手を起用することに異を唱えて訳ではありません。彼もファームでここ5試合14打数6安打。好調なんでしょう。昨日は守備で好プレーもありましたし。ファームで好調と判断して上げた選手をすぐに起用することも否定しないんですけどね・・・

ちなみに、井生選手はここ5試合で11打数7安打.636で、出塁率は.733。
対左右打率で言うと、対左が.438で、対右が.600w、もちろん、対右は打数が少ないんですけどねw

あと、気になるのは梵選手が全く当たってないですね。彼が当たっているとき、廣瀬選手の好調さもあって、先制することが多かった(特に初回)のですが、5/12の阪神戦を最後に、ここ11試合、3回までに得点を取れていません。この辺が後手後手に回ったり、後半の逆転頼みになる展開となり、厳しい戦いを強いられている原因なのでしょう。

あと気になるのは、前田選手の使いかた。

実際に調べてないのですが、最終回2死走者無しから起用され、最後のバッターになっているのが目立つ気がします。調べてないので、単に、印象だけの話かもしれませんが、これって彼のモチベーションに影響しませんかね?

もちろん、好調とは言えないのですが・・・

有効な駒を余すのは論外ではありますが、それぞれの駒には適した場面、適した使い方があるはず。その使い方が、どうも変というか、思いつきというか、何も考えてないというかw・・・まあ、素人目線に過ぎませんがね。

今日は試合が無いのと、訳あって、時間がたっぷり出来たので、他にも記事をアップしたいと思います。

20試合を終えて書きかけた記事がまだ終わってないのに、30試合消化してしまったしw

2011.05.27 Fri l 試合講評2011 l コメント (2) トラックバック (0) l top

M2 ~良い流れなのか?~


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
良い写真ですね。

広島、22歳・丸の逆転2点二塁打で3連勝 (2)

逆転打を打ったのは丸選手でしたが、四打席すべてに出塁し、逆転した8回にもセーフティーバントで1塁にヘッドスライディングするなど(結果はファールでしたが)、チームへの貢献度で言えば、井生選手の方が上だったかもしれません。」

登録後、コンスタントに結果を出しており、その結果を受けての3番スタメンだったかと思います。

マーティ-の最終年度は、アピールの場すら与えられず、年齢的にも厳しいかと思っておりましたが、そのような状況でも腐らず、鍛練したことが今の結果に結びついているのだと思います。

彼の活躍がファームを更に活性化させ、若手の台頭に繋がって欲しいですね。

◆◆◆

さて、試合。大竹投手の登板や雨天順延により間の空いた福井投手ですが、立ち上がりから乱調でした。

結局、5回3失点で降板。

その後、リリーフ投手が無失点で切り抜けましたが、このビハインド時の起用、まだ、不満があります。

中田投手や岸本投手を使っても良かったのかなぁ・・・と。もちろん、それで勝てたとは言えませんが。

微妙にビハインドな投手たちが投げたのですが、彼らがリード時に登場してくるんじゃないかと心配もあります。

きっちり使い分けられているかどうかは、もう少し見て行く必要がありますね。

打つ方は、冒頭で書いた井生選手と丸選手。

廣瀬選手が故障離脱し、ズルズル行くのかと思いや、このように若手選手が台頭してくるのは、ここ数年に無かった流れです。

良い状態の時に使って上げているんだと思いますが、他の選手も出てきて欲しいですね。残念ながら、出てきそうな選手の名前が浮かばないのですが・・・松山選手、末永選手あたりは頑張って欲しいですね。もちろん、堂林選手もあがって欲しいですが・・・彼は時期尚早ですね。

何はともあれ、ロッテ戦2連勝で3連勝。貯金も4まで戻しました。

今の流れを大事にして、交流戦を乗り切って欲しいです。

明日は西武戦。涌井投手が先発予想らしいですが・・・

彼も打ちのめして、

この勢いを本物にしてくれ!

2011.05.25 Wed l 試合講評2011 l コメント (2) トラックバック (0) l top

B2 ~勝ったことのみ評価~


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
まあ、勝てば良し。

負ければ貯金が無くなるところが、貯金2に。

選手会長の一発は大きかったですね。

廣瀬選手が最低1ヶ月以上離脱するのは痛すぎます・・・残った選手でどれだけカバーできるか?

◆◆◆

さて、試合。大竹投手の好投のみが今後に向けての光ですね。

5回80球で5安打1失点。

あと1イニング投げてもらえると助かったのですが、まあ、病み上がりなので、致し方無いか。

今年の首脳陣。継投が致命的に下手な癖に、先発投手を替えるのが早いですね。

ほぼ100球で替えている印象があります。初年度?か2年目のマーティーを思い出します。先発投手を大事に大事に使って、その結果、リリーフに負担が掛かった。ただ、マーティーの場合は、リリーフもうまくローテーションしてましたが、今の首脳陣は・・・(悲)

若く、実績のない投手が多い先発を大事に使うことは決して悪いことではないのですが、後ろのことももう少し考えるべきではないかと。

石原選手の打席の時は、

「倉選手には簡単に代打出すのに、石原選手には出さんのやなぁ・・・」

と思ってました。ごめん、選手会長!!!

さて、今日からロッテ戦。先発はまえけんと福井投手。出来れば連勝して欲しいところですが、多分、交流戦初勝利を贈呈するんでしょうね・・・

打線も奮起して楽な展開を作ってくれ~!

2011.05.22 Sun l 試合講評2011 l コメント (2) トラックバック (0) l top

記事紹介


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
鯉次郎が、

「(同じ託児所の)D君は、青いドラゴンズ好きなんだよ!」

と言うので、

「じゃあ、鯉次郎は何が好きなの?」

と聞くと、

「赤いカープ!」

嬉しくて涙が出そうでしたが、今は、「やめとけ」と言いそうな自分がいます。

妻は、「違うでしょ?」と鯉次郎を詰問してましたがw

◆◆◆

今日は、いつも取り上げている嫌いな携帯サイトでは無く、好きな携帯サイトから引用。

まずは、「K日記 weekly+」から


(省略)

唯一、まだ不安定なのはリリーフ陣。決して投球内容が不安定というのではなく、終盤の継投や、どういったケースでどの投手が登板するかという、『形』が不安定になっています。投手は打たれたことを自分以外の誰のせいにすることもできませんが、客観的に見て、いろんな面でリリーフ投手が力を発揮しやすい状況ではないように感じます。

ブルペンでの準備は、いくぶん改善されたようです。昨季はそれこそ試合を通して全員のブルペン待機が命じられ、初回から肩を作る必要もありました。長いシーズンを通しての肉体的・精神的負担は相当なものでしたが、今季は『初回から』という強制力はなくなっているようです。

ただ、だからといって楽になったかといえば、そうではないでしょう。どの場面でどの投手が登板するか。それがある程度予想できるかできないかということは、リリーフ投手にかかる負担を大きく左右します。せめて、勝ち試合と負け試合の投手の違いが明確になり、投手自身にも通達、もしくは自覚するような状況があれば、今よりもずいぶん力を発揮しやすくなるように思います。

また、毎試合緊張を強いられるリリーフ投手にとっては、シーズンの中でいかにリラックスするかは、とても重要な問題になります。しかし現在は、グラウンドの試合前練習などでリラックスし過ぎることが許されない風潮があるようです。それが練習メニューにも影響しており、最近のリリーフの調整法はこれまでとやや違う光景になっています。

選手はどんな状況であれ『結果』を残さなければ、チームの勝敗以上に、自分の生活が成り立たなくなります。首脳陣はチームのために選手の力を引き出すことが必須であり、それが自分たちの『結果』となります。チームにとって必要な投手を起用し、最大限力を引き出す努力をする。そういう状況にあるか、注意深く見守る必要があるのかもしれません。



ルールを知らないマネージャーに多くを期待するのは間違っているかもしれません。

でも、組織の長というのは、与えられた、限られたリソースを使い、最大の結果を出すことが責務だと思っています。

それはつまり、そのリソース(選手達)が、「どうすれば力を発揮できるか?」「どうすれば良いコンディションを維持できるか?」を常に考え、トレーニングが足りない場合は、やらせるし、逆に、多すぎると思えばブレーキを掛ける。

また、彼らの気持ちを理解し、気持ち良く出来るような雰囲気、環境を作り上げることが必要だと思います。

そういう点で言うと、今のマネージャーは論外で、本来の責務を全く果たしていないように思います。

もうひとつ。次は、「マエジュンのRED EYE」から。


(省略)
篠田を『先発の柱として期待している』のであればなおさらそう思う。

復調のためには、本人の奮起と首脳陣のサポートが重要になってくる。例に出すと、前回甲子園で3回9失点した阪神戦。3回まで引っ張らずに2回6失点の時点で交代させ、「今日は代える。…でも次は交流戦の頭を任せるから、しっかり調整しろよ」と背中を押していたらどうなっていただろうか。スポーツ界ではタブーである『たられば』の話。当然、同じ結果となっていた可能性だって充分にある。

何が言いたいかと言えば、『今季は先発の柱として期待している』といった思いが選手に伝わるようにメッセージを送るべきだということ。それは単に言葉ではなくても、先述した配慮や起用法などでもいいはず。選手は駒でもロボットでもなく、心がある。そういった心遣いが選手にプラスアルファの力を与えるに違いないからだ。
それはリーグ最多21試合目のマウンドに上がった青木にも言える。開幕直後はセットアッパー、そしてやや調子を落とすとさまざまな場面で多用された。復調を期待しての起用とは言っても、そろそろポジションを明確にしてもいいのではないだろうか。28試合で21試合はあまりに多すぎる。青木と同様に開幕から一軍にいる岩見は今日で6試合。反対にこちらは今日の先発、篠田と同数というから極端である。昨日の永川の投球を見て、青木の役割が降格となっての今日の起用ならば納得がいく。それであればその意図を選手に伝えてもらいたい。

首脳陣は「何で結果が出ないんだ」と選手に叫ぶのではなく、「どうしたら結果がでるようになるのだろうか」とまずは自分自身に問いかけてみるべきだ。プライドと人生を懸けている当事者は否が応でも努力するだろうが、それを生かすも殺すも指導者次第。チームの勢いが衰えかけている今だからこそ、首脳陣に求めたい役割だ。



特にこの部分ですね。

首脳陣は「何で結果が出ないんだ」と選手に叫ぶのではなく、「どうしたら結果がでるようになるのだろうか」とまずは自分自身に問いかけてみるべきだ。プライドと人生を懸けている当事者は否が応でも努力するだろうが、それを生かすも殺すも指導者次第。チームの勢いが衰えかけている今だからこそ、首脳陣に求めたい役割だ。



コマが足りないのは間違いありません。

ただ、その限られたコマさえも活かせていないことを首脳陣は理解するべきです。

まずは、自分のくだらないプライドを捨てて、どうすれば、最大の結果を出せるようになるかを考えて欲しいものです・・・

でも、無理かな?あの人達には。
2011.05.21 Sat l その他 l コメント (2) トラックバック (0) l top

心と身体の相談室(その10)


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
アホな上司にはどのように対応したら良いのでしょうか?

Q.

特殊な業種の仕事をしています。

過去10年以上、業界の中でのシェアが芳しく無く、非常に厳しい状況が続いています。

そのような中、外国人マネージャーによって上昇の光が見えて来たのですが、そのマネージャーが理不尽な首の切られ方をし、その後、就任したマネージャーが最悪です。

どうやら10年くらい前に相当な実績を残していらしたようなのですが、考え方がその頃から変わっていないようなのです。

先日、たまたま、マネージャーが持っている「マニュアル」の表紙が目に入ったのですが、「198X年版」と書いているのを見て、目眩がしました・・・

他の会社であんなマニュアルを見ている人はいないと断言できます。

マネージャーの取り巻きも彼には進言出来ないようで、心の中でどう思っているかは知りませんが、イエスマンばっかりです。

マネージャーよりも年長の補佐がいらっしゃるのですが、彼のマニュアルも「198X年版」でした・・・期待できません(悲)

先日、更にモチベーションが下がった出来事があります。

他社とのコンペがあった際、マネージャーがルールを知らなかったために、担当者で無いものがプレゼンをやる羽目になりました。たまたま、大きな問題にはならなかったのですが、プレゼンをやった若手は顔面蒼白でした・・・このルールは、198X年当時と変わってないはずなのですが・・・

マネージャーの上に進言しようとも思うのですが、その上も更に問題があり・・・八方塞がりです・・・

このような組織で私はどうすれば良いのでしょうか?

(広島県 匿名でお願いします)

A.

末期的な組織ですね。

私の聞く限り、組織内で、それを解決する方法は無いと思います。

可能であれば、個人のスキルを磨くことに専念し、他の会社にヘッドハンティングしてもらうことをお勧めします。

腐らずに頑張ってください!

2011.05.20 Fri l その他 l コメント (6) トラックバック (0) l top

B1 ~ベンチがアホやから・・・~


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
試合開始前から、勝つ気が無いような展開でした。

オリ岡田監督、広島の「DH今村」に会心のどや顔

オリックス‐広島1回戦が20日、京セラドームで行われ、試合前のメンバー交換でハプニング。広島が7番指名打者に偵察要員として投手の今村を入れたが、この“不備”を発見した岡田監督が本塁付近に引き返し、審判団に得意顔で告げた。「DHは代打出されへんねんで。絶対1打席立たなあかんねんで」と指摘。野村監督は「あっ」と“しまった”の表情。
 野村監督は普段の同一リーグ戦のように偵察要員のつもりだったようだが…。してやったりの岡田監督は「そのまま(1打席は)出さなあかんねんで」と会心のどや顔。復刻阪急ユニホームで臨む3試合目だが、試合前から勝ったも同然という表情だった。 注目の今村は二回、1死一塁で打席に立ち、投前に送りバント成功した。



去年も同じようなことがありませんでしたっけ?投手交代のルールでしたっけ?

本当にマネージャーなんでしょうか?この人は?監督以外でチェックはしてないんでしょうか?

たまたま、バント成功したから「良かった」ということではないと思います。

決定的なチャンスで回ってきたらどうするんだ?

(打席に入ることで)万一、怪我でもしたらどうするんだ?

私の上司がこんなんだったら、モチベーション上がらないと思いますし、さっさと出て行きたいと思います。

#残念ながら、私の上司は「アホ」では無く・・・(苦笑)、まあ、人の心を持ってないようですが・・・

◆◆◆

さて、試合。打線の開店休業状態はいつものこととして、7回の投手起用でしょうか?

バリントン投手がメロメロだったので6回降板はありでしょう。まあ、もう1回行っても・・・とは思いますが。

でも、7回の投手が「上野」と見て、

あれ?

まあ、最近、好投してるからな・・・と、しばらく目を離した後に、再度見ると、

「青木」

と。

あ・ほ・か?

今日は(今日からは)、永川、シュルツ、サファテと投げるんじゃなかったのか?

青木投手は、0-9のビハインドで投げさせたんじゃなかったのか?

まあ、永川投手を勝ちパターンで投げさせるだなんて、誰も言って無かったですがw

この3人で同じ結果だったら、個人的には、まあ仕方ないと思えたのですが・・・、何だ?このやるせなさは?

継投を責めるのは「結果論」になるので、あんまり言いたくないのですが(?)、なーんか、やってることがわからない。何をやりたいのか意味不明。

もちろん、「ファンを納得させる」必要なんか全くないんですけどね。結果さえ出せばね。

でもなぁ・・・

ルールも知らない人に継投を覚えさせるのは無理な話なんですかね?

うちのドジョウに芸を覚えさせる方が簡単に思えて来ました。ザリガニでも良いけど。

中日は良いなぁ・・・凄い勝ち方してたし。佐伯選手が働いていたのがまた・・・
2011.05.20 Fri l 試合講評2011 l コメント (4) トラックバック (1) l top

彼らの存在意義


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
少し前の記事ですが。

国会議員はまとまって来て…被災地から不満

東日本大震災の被災地を国会議員が相次いで視察に訪れていることに対し、地元から、対応に追われることへの困惑や、国会議員に対する陳情の効果に疑問の声が漏れている。


 国会では11日に被災地を訪れた衆院の3委員会を含め、これまでに衆院6、参院3の計9委員会が視察を行っており、今後も衆院予算委など3委員会が予定を組んでいる。個人単位でも多くの議員が被災地入りしている。

 この「視察ラッシュ」に対し、宮城県の畠山和純県議会議長は6日、仙台市を訪ねた横路衆院議長に「国会議員は超党派でまとまって来るよう配慮を」と要請。被災自治体からは「大勢視察に来て要請を聞いてくれるが、その後、各省庁の担当者に確認すると全く進んでいない事例が多い」(岩手県幹部)と不満も出ている。



先日、役立たずのおばさんの能天気視察の記事を書きましたが、他の政治家もやってることはそう変わらんのですよね。

彼らがそれぞれ視察することで、何かメリットがあるのか?何か役に立てるのか?何をしてくれるのか?

結局、人気取りのためのような気もしますし、受け入れ側が迷惑に思うことも想像できないのか?

実は弊社でも同様のことがありました。

被災地にある協力会社さんを「視察」と言う名目で、訪問し、一刻も早く復旧しようとしている彼らの手を煩わせ、おまけに、「早く復旧して納入せえ!」とばかりに、協力の押し売り。

かなり迷惑な事例もあったと聞いております。

政治家の視察の話に戻りますが、彼らが行っても、天皇陛下のご訪問のようにありがたがられる訳でもなく、また、被災者の方々にとって実益がある訳でもない、警護を始めとして、受け入れのための手間が掛かるだけ。

で、彼らは能天気に見学し、一般人に考えられないような出張費を申請する(これは、ある人だけかもしれませんが)。

なんか違うんだよなぁ・・・でも、選んだのは国民なんだよなぁ・・・

本当に人材がいないんだなぁ・・・
2011.05.19 Thu l その他 l コメント (10) トラックバック (0) l top

H2 ~どうしようもねぇ・・・~


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
イライラを解消してもらうはずが、イライラが倍増するような馬鹿試合でしたね。

ここ数試合、昨年までのカープに逆戻りしており、このままズルズル行きそうな気がします。

巨人戦のラッキーなサヨナラ勝ちが無ければ5連敗だった訳で・・・あの勝ちは大きかったようです(悲)

◆◆◆

さて、試合。中5日で篠田投手の先発。

前の試合で3回9失点と大炎上しただけに、注目された登板だったのですが、結果は3回7失点・・・。

先日、ワイルドピッチのことを書きましたが、今日も2回で3失点。どんな球だったか知りませんが、多すぎやせんか?どうよ?選手会長さん?

結局、復調の気配もなく3回で降板した篠田投手。岸本投手が降格した今、誰が投げるんかと思いましたが、岩見投手がその役目となりました。

良く頑張ってくれたと思います。4回で2失点。まあ、内容は問わず・・・ですが。

で、最後は、勝ちパターンのピッチャーのはずの青木投手。

まさか、昨日の今日で、この展開で出て来るとは思いませんでした・・・確かに、あのメンツで他に投げる投手がいなかったこともありますが・・・どうなんでしょう?

永川投手が(1回きりですが)結果を出したこともあり、青木投手はビハインド要員になるんですかね?

それならファームから他の投手を上げて、青木投手は一度リリースして欲しい気がしますが・・・

打線は、昨日の後半から続く開店休業状態。

今日のソフトバンクのような試合をカープにもして欲しいのですけどね・・・序盤に大量得点して、こう言う試合が出来ると思った時は、大反撃を食らうのに、逆の立場になると、無抵抗ですね。

ここまで引っ張ってきた梵選手、廣瀬選手の勢いが止まった気がするのが心配ですね。

ここ数試合の内容を見ると、上位にいる価値はなく、また、巨人、中日に迫られてはいるのですが、この状態でもまだ貯金2があります。

当面は、他のチームの勝敗は気にせず、5割をキープ出来るような戦い方をして欲しいです。

そのためには、リリーフ陣の再構成・・・かな?

交流戦期間、篠田投手をリリーフに回すというのは無いですかね?

皆さんはどう思われますか?まえけん、バリントン、福井、今村、大竹・・・難しいですかね?
2011.05.18 Wed l 試合講評2011 l コメント (0) トラックバック (0) l top

H1 ~イタタな引き分け~


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
さあ、今日から交流戦開始。

初戦の相手は、

交流戦最多勝チームで、
交流戦最多勝投手で、
しかも、その投手はカープに一番勝ってる・・・

勝てる要素が見つかりませんね(苦笑)

◆◆◆

さて、試合。先発がいなかったのですが、中4日で今村投手を持って来ました。
予想は篠田投手になってましたけどね。

その今村投手。前回、中継ぎで3回無失点だった勢いを持ち込んだのか、非常に良かったようです。

テンポ、制球、そして自慢のストレートも球速以上に球威があったようで、ホークス打線を6回4安打1失点。初回の内川選手の一発のみに抑えました。

これだけ投げてくれると今後も計算できますね。先発で勝利するのも近いと思います。本当は、今日がその日だったと思うんですが・・・

で、7回から首脳陣得意の継投策。球数(95球)から行って、あと1回行っても良かったと思うのですが、中4日ということを配慮したのでしょうか?

7回はシュルツ投手。ツーアウトから松田選手に被弾(悲)

球速はそこそこ出てきているようなのですが、故障する前のように、「一発が無い」という安心感が消えていますね。まだ本調子には戻ってないのでしょうか。

で、2点差になって青木投手。ひょっとして、ここは永川投手か?と思って、ドキドキしながら待っていたのですが、現状からは無難な選択?相手の打順(右左)の関係でシュルツ投手と順番を変えたのだと思うのですが・・・結局、1失点でランナーを残して降板、継いだ上野投手が内川投手に打たれて追いつかれてしまいました。

その後は、回跨ぎとなった上野投手と9回から出てきた永川投手でどうにかホークスの攻撃をしのぎ切り、引き分けで終えることができました。後半の流れを見ると、良く負けなかった・・・というか感じで(苦笑)

上野投手と永川投手で3回2/3イニングで9奪三振!!!永川投手はすべてのアウトを三振の6連続でした。球速は出ていましたが、球は高めにも抜けたりしててバラついていたようですが、どうでしたか?ストレートで空振りも奪っているようでしたし、彼が使えるとなると大きいですね。

打線は、7回以降1安打で開店休業状態でした(悲)

継投については結果論になりますし、「永川投手を投げさせておけば!」なんて言わないのですが、現状の青木投手でしたら、使い方を見直した方が良い気がするのですが・・・思い切って、一度、抹消するのもありかも。

永川投手が本物のようなら、青木投手のところにそのまま入れればと思いますが、まあ、登板毎に内容にバラツキがあるので、次を見てからですかね。つい最近も、ファームで大炎上してたようですし。

基本的に、勝たないといけない試合だし、その展開だったのですが、引き分けたのは痛いです・・・ただ、今村投手、永川投手と今後に向けて目途が立ったと前向きに考えようと思いましたが・・・

無理だ!できん!

明日は、このイライラを解消してくれ!
2011.05.17 Tue l 試合講評2011 l コメント (2) トラックバック (0) l top

真実は?


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
こんな噂があるんですね。

阪神の久保が自分の先発時には金本をスタメンから外す契約をした件について

※リンクは貼っていません。検索掛ければ、いろんなブログが出てきます。

で、自分で調べては無いのですが、久保投手の先発時は、金本選手はベンチスタートで、久保選手先発以外の日は、すべて金本選手がスタメンであるとか・・・

#記録が途絶えた日も久保投手が投げてたとか・・・(未確認)

↓これもどこぞのコピーです。

4/12(火) 能見    金本スタメン
4/13(水) スタンリッジ  金本スタメン
4/14(木) 岩田    金本スタメン
4/15(金) 久保    林スタメン   ←★注目
4/16(土) メッセンジャー 金本スタメン
4/17(日) 下柳    金本スタメン
4/19(火) 能見    金本スタメン
4/20(水) スタンリッジ  金本スタメン
4/21(木) 岩田    金本スタメン
4/22(金) 久保    林スタメン   ←★注目
4/29(金) 久保    林スタメン   ←★注目



元々、朝日芸能のスクープだったようですが、これほど露骨に結果が出ていると「真実」なのかな?とも思っちゃいますね。ただ、本当にそんな契約するんだろうか・・・?とも思います。

確か、新井選手が出た原因のひとつに前田選手の扱いだったという説がありますよね。

衣笠選手の現役最後の頃のことを思い出します。

もし、落合監督ならどうするんでしょうね?興味あります。
2011.05.17 Tue l その他 l コメント (2) トラックバック (0) l top

G6 ~エース復活までの道険し~


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
良いニュース・・・なんですかね?

【広島】大竹が交流戦から先発復帰へ

昨年の復帰が見切り発車だっただけに、今年は反省して・・・ますよね?

反省の色もなく、進歩の気配もない首脳陣には期待してませんが、

大竹君、痛みは無いですよね?自己管理が重要ですよ!

◆◆◆

さて、試合に戻って。一向にエースの調子が戻って来ませんね。

昨日の巨人の先発が前回あっさり攻略したグライシンガー投手。そして、スタメンがこれ。
打率は、左から、今年の通算打率、ここ10試合の打率、昨年の打率です。

1 (中) 鈴木 尚広 .316 .333 .280
2 (二) 藤村 大介 .167 .200 .---
3 (遊) 坂本 勇人 .269 .250 .281
4 (左) ラミレス .286 .273 .304
5 (右) 長野 久義 .341 .500 .288
6 (一) 田中 大二郎 .176 .000 .---
7 (三) 円谷 英俊 .--- .--- .---
8 (捕) 鶴岡 一成 .225 .143 .229
9 (投) グライシンガー .--- .---

怪我人続出の巨人ですが、スタメンも苦戦してますね。マークすべきは3~5番だけって感じがしたのですが・・・

その3~5番に見事にやられました!

いろいろな不調の原因が考えられますし、レッドルさんが言われるように疲労が原因かもしれません。

ただ、真のエースになるためには通らないといけない道。パリーグには昨年のまえけん以上の成績を何年も続けているスーパーエースがいます。

目指すべき場所はもっと高いはず。この苦しみを乗り越えて真のエースの称号を得て欲しいものです。

先発に余裕があれば、1,2度登板を飛ばすことも考えられますが、そこまでの余裕はないですからね。投げながら修正して欲しいですね。

まあ、打線の方はいつもの調子になってきましたね(悲)

トレーシー選手に一本が出てれば・・・という感じでしょうか?まあ、2匹目のどじょうはいませんわねw

2戦目に続いてサファテ投手を投入しましたがダメでした。

ま、試合に関してはそんな感じでしたが、これで交流戦に突入。

まさかの貯金3

考えても無かったです。ただ、下がり目の状態で交流戦突入は怖いですね・・・大竹投手、永川投手が復調していることを切に願います。でも永川投手はファームでも炎上してたよな・・・

交流戦とは関係ないのですが、3年前からオールスターで「選手間投票」が始まりました。以降、セリーグで選出された投手は、ルイス、大竹、まえけん。

そう、カープの投手しか選手されておりません!

今年も交流戦で大活躍してパリーグ票を獲得し、

4年連続の選出を期待しております!
2011.05.17 Tue l 試合講評2011 l コメント (0) トラックバック (0) l top

頑張れ!鯉次郎!


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
えっ、と思う記事が2日ほど前に・・・

木金休み 土日操業 夏の節電対策で自動車業界合意

まさに寝耳に水。

まだ、正式に上からの話は聞いておりませんが、大口のお客様であるT社は既に確定とのこと。まあ、うちの会社も確定しているんでしょうね・・・

まあ、個人的に、直接的な影響は、保育所の対応、習い事くらいか・・・あっ、競馬w

会社で話題になったのが、結婚式を挙げる人への影響。

会社の上司・先輩・同僚は、みんな有休か?

結論として、一番嬉しいのは、

独身で、ギャンブルをしないゴルフする人
ということでしたw

まあ、冗談はさておき、震災の痛みを全国民で分かち合う以上、この程度のことは頑張らないといけないですね。前向きに頑張って行かねば。

◆◆◆

さて、本題。

皆さんに心配いただいた鯉次郎。まだ手術は終わってないのですが、いつも通り元気です。

実は、先日発覚したのが、

鼠径ヘルニア

でした。要は、

脱腸

ですな。

私自身やっているせいか、もっとポピュラーだと思っていましたが、周りでも知らない人が多かったのは意外でした。

お世話になる総合病院では、幼児の鼠径ヘルニアは年間50例ほど(大人は200例ほど)手術しているようなので、決して珍しいものではなく、男性で生涯10%弱程発症するようです(MERCURYさんには、メールで30%とデマを流してしまいました。申し訳ありません。)

ただ、手術でしか完治しないことや、幼児であること(付添が必要)から、困ったなぁ・・・という感じです。

もちろん、内視鏡とは言え、麻酔をかけて手術する訳ですから、身体への負担はもちろん、確実に成功するという訳ではないので、親としての心配はありますけどね。でも、これはお医者さんに任せるしかないですからね。

また、執刀医の先生の予定の関係で月末が手術日になったのですが、それまでに、腸が出てきた(?)ら、毎度毎度、病院に行かないといけないこと。これが大変で・・・連休中も救急外来に2度ほどお世話になりました(苦笑)

そこで、先生に押し込んでもらう訳ですが、あれも苦痛ですね・・・かと言って、腕白盛りの3歳。安静に出来る訳もなく・・・

最近は自分でもわかってきたのか、頻繁に、

「腸出てない?」

と、言いながら、ちん○んを見せてくれる鯉次郎に笑ってしまいますw

鯉次郎、食事時に見せるのは止めて・・・

そう言うことですので、しばらくは心配な生活が続きますが、鯉次郎自身は元気です。心配いただいた方、どうもありがとうございました。

無事、手術が終わりましたら、また報告させていただきます。

ちなみに、鯉次郎の近況。

得意のトスバッティングですw

一応、ピッチャーの方に強烈(?)なゴロを打ってます。

MERCURYさん、ゆういちさん、レッドルさん、フォーム解説をお願いしますw

Image1140.jpg
Image1141.jpg
Image1142.jpg
Image1143.jpg
Image1144.jpg
Image1145.jpg
Image1146.jpg
Image1147.jpg
Image1148.jpg


2011.05.15 Sun l その他 l コメント (4) トラックバック (0) l top

G5 ~形はどうあれ、大きい勝ち~


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
とにかく今日は勝ったことが全てです。

良かった良かった。

ただ、この2試合。両チームの得点が、広島 5-7 巨人。内、ホームランによる得点が、広島 0-6 巨人。やっぱり、長打力が欲しいですね。ヒット3本で満塁で無得点・・・みたいなのを見せられると特にそう思います・・・

◆◆◆

さて、試合に戻って。途中までは、完全に負けパターンだったんですけどね。

巨人が得意の長打攻勢で先制。また、ラミレス選手ですか・・・?これで、栗原選手と並んでズムスタ通算ホームランがトップじゃないですか?

ここをホームにしているホームラン打者。恥ずかしいと思わないんですか?

福井投手は良くも悪くもと言う感じ。ただ、打線がこんな状態なので、5回3失点ですっぱり交替。

早いんかなぁ・・・でも、勝負しないとなぁ・・・と思っていると、代打の石井選手が、この試合の重要さを分かっているかのような見事な仕事。その3回2死満塁からの栗原選手の打席を見て、早くも負けを覚悟していたのですが、ここで、少し希望がw

その後、1点ずつ取り合い、8回のチャンスも逃し、

「また追いつけずに終わるのかよ・・・」

と、思った9回。

まずは、表の巨人の攻撃。ビハインドながらもサファテ投手登板。交流戦で投手が楽になるし、雨で登板間隔が開いていたのでありでしょう。それに、サファテ投手登板で、

「まだまだ勝ちに行く」

という姿勢を見せてくれたのは良かったかと。

そして、9回裏。

携帯サイトを見ると、

巨人はメロメロ

ロメロでしたw

これは誤記じゃなかったです。私の脳内変換でしたw

ただ、その後、メロメロだったので良しとしましょう。

まあ、形はどうあれ勝ったので良しとしましょう。永川投手が悪かった時に、相手チームはこんな感じだったんでしょうねw

最後の石原選手の時に、「(3時間半過ぎてるのに)なんで代打じゃないの?」と思ったのですが、最後にベンチにいたのは倉選手だけだった?

ま、それでも倉選手の代打の方が期待出来たような気がしますがw

あの局面で、栗原選手や前田選手への代走って必要だったんですかね?1死だったから、ゲッツーが怖かった?小窪選手の足だと代走の意味が無い気がしますし、下位に回るのだから代打要員として残していても良かった気がしますが・・・まあ、勝ったから良いですが。

内容はともかく(しつこい?)、今日の勝ちは大きいです。

嫌な負けで連敗し、ここで負けるとズルズル行きそうだったこともあり、それを食い止めることが出来たのは大きい。明日のまえけんへのプレッシャーも軽減されるでしょう。

明日はエースで勝って、気持ち良く交流戦に突入だ!
2011.05.14 Sat l 試合講評2011 l コメント (4) トラックバック (0) l top

G4 ~嫌な感じの負け方・・・~


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
いやぁ・・・バレンティン選手凄いですね。いつまで打つんでしょうか?

彼がカープにいれば・・・もちろん、トレーシー選手がダメって訳ではないのですが・・・あの長打力は魅力です。

◆◆◆

さて、試合の方は、阪神戦に続いて連敗。

一昨日は先発篠田投手がボロボロでしたが、昨日は打線がボロボロ。昨年までの打線を見ているようでした。

バリントン投手は2発食らったものの、安定したピッチング。この先、しばらくは期待できそうです。

ただ、あのテンポの良いピッチングで4回は初球を良いように狙われましたね。

かつて、ルイス投手もやられたことがありましたが、

石原選手は学習せんのか?

まあ、坂本選手はともかく、ラミレス選手にはもう少し慎重に入っても良かった気がします。

とは言っても、ああいうのは難しいんでしょうね。調子が良く、テンポ良く打ちとってると、そのリズムに乗ってきて、酔ってくるのかな・・・と思います。そのまま押し切れれば良いのですが、昨日の試合のように落とし穴も待っている。

調子が良いからこそ、慎重に、試合の中での「チェンジオブペース」なんてのも必要なんじゃないかと思います。

もちろん、投手のスタイルもあるので、良く相談した上でやらないと、テンポを変えることで逆に調子を崩すこともありそうです。

打線は、1~3回が全てでしょうか?チャンスを潰していく中で、いやぁ~な感じがありました。

梵選手に一本が出てればと思うのですが、まあ、そう毎日毎日は打てませんわな。今まで引っ張ってきた梵選手、廣瀬選手がノーヒット。こういう試合こそ他の選手が打って勝って欲しいものです。

負け方としては、過去、嫌と言うほど見てきたパターンですね。

阪神戦の嫌な負け方に続いて、嫌な負け方。無敵のバリントン投手に土がつけられました。

今日、明日は福井、まえけんと勝たないといけない投手が続きます。

残り2つをスカッと勝って、交流戦に突入だ!

嫌な感じを払拭してくれ~・・・
2011.05.14 Sat l 試合講評2011 l コメント (0) トラックバック (0) l top

20試合を終えて(その2)


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
20試合分のデータ振り返り(その2)です。

◆◆◆

ここ数試合、序盤、とくに初回に得点することが多いですが、イニング毎の得点、失点数を見てみたいと思います。

ついでにセリーグ全球団についてまとめてみました。各イニング毎の得点、失点で10日までの試合で集計しています。10点以上のイニングを黄色のセルで、15点以上については更に赤地にしています。1~3回、4~6回、7回以降の失点合計も書いております(見づらいですが)。

point20.jpg

カープに関しては、最後にまとめて見るとして、他チームで目立つのが以下の通り。

・横浜の序盤の失点
横浜は初回の失点が凄いですね。先発の弱さがこういうところに出ているのでしょうか?当然ですが、横浜は1~3回での失点も凄いことになってますね。失点最少の阪神(19)の2倍以上となっています(43)。

・阪神投手陣の安定感
ま、防御率から安定しているのは分かるのですが、7、8回以外に二桁の失点が無いのは凄いですね。ビッグイニングを作られて無いということになるのでしょうか?後半3イニングの失点数が一番多いのは、トリプルK崩壊の影響でしょう。

・中日、巨人の後半戦の安定感
中日は分かるのですが、巨人の後半の安定感は意外ですね。7回以降で1点取られるかどうか、と言うことであれば、ある程度計算できますよね。ただ、ここはリードしている場合とビハインドの場合で条件が変わりそうな気がするので、そう言った観点でも分けて見てみたいですね。

さて、カープ。目立つのは初回の得点と、やはり予想された通り、7回以降の失点の多さでしょうか。リーグ最悪の31点でリーグ最少の中日(17)のほぼ倍となっています。

内訳について見てみようと思いますが・・・眠いZzz

と、言うことで、また次回に持ち越しです・・・あと2回くらいかな・・・?w

ちなみに、数字は皆さんのイメージ通りでしたか?
2011.05.13 Fri l カープ2011 l コメント (2) トラックバック (0) l top

T6 ~まさか試合をやっていたとは・・・~


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
タイトル通りです。

当然中止と思っていたのですが、まさかやっていたとは。

まあ、今日は仕方ないでしょう。ぬかるむマウンドで篠田投手も投げづらかったでしょう。

もちろん、プロである以上、言い訳は出来ないんでしょうが、タイプによっては難しいでしょうね。

青木投手も投げなかったし、まあ、良しでしょう。

今日は怪我してなければ良し。忘れよう!

でも、あの負け方はムカつきますね(苦笑)
2011.05.13 Fri l 試合講評2011 l コメント (0) トラックバック (0) l top

なんじゃ?こりゃ?


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
相変わらずお気楽議員の驚きの事実が。

辻元清美議員が震災地訪問6日間で114万円使用 / 国民から「ずいぶんと豪勢な出張ですね」と怒り

東京から岩手・宮城・福島に6日間で114万円?

何で行ったの?どこに泊まったの?

と、言うか、あのおばちゃんが視察して何か意味あるんか?

まあ、一人で行くんじゃないだろうから・・・ってのはあるんでしょうが、それにしてもねぇ・・・

庶民の感覚からかけ離れた不思議な行動です。
2011.05.11 Wed l その他 l コメント (6) トラックバック (0) l top

20試合を終えて(その1)


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
バリントン投手、月間MVP受賞おめでとうございます。

投手部門はおなじくらいの成績のライバルが多かったですが、最終的には単独トップの3勝というのが効きましたかね?

今後も4月と同じような成績を残してくれると・・・良いですね。

昨日は恵みの雨でしたね。交流戦前、最後の6連戦で先発投手も苦しい上に、開幕以降、(一部の)リリーフ投手は酷使してましたからね。少しでも間が空くことはプラスに働きそうですね。少しでもリフレッシュして欲しいものです。

◆◆◆

さて本題。20試合を終えて、ここまでの成績を振り返ってみたいと思います。

ここまで、まさかの同率トップ!(20試合終了時は、2位)これは想像しておりませんでした。

むのんさんのブログを見てから、10試合単位での見方をするようになってきたのですが、最初の2回で、

1節 6勝3敗1分け
2節 5勝4敗1分け

と、いずれも勝率5割を超えてます。選手たちが1試合1試合に全力を尽くすのは当たり前ですが、首脳陣は、先を見て、長い目で安定した成績を上げられるよう動いて欲しいものです。

ここまでの順位は、他球団のもたつきや、自チームの破滅的な選手起用+ラッキーな展開などなど、様々な要因が重なったことによるものと思われますが、素直に嬉しいですね。

ここまでのデータを見ながら、これまでの傾向、並びに、今後の対策などについて書ければと。

まずは、チームの総合成績(22試合終了時点)から。( )内はリーグ順位です。

試合数 22(2)
勝利数 12(1)
敗北数 7(1)
引き分け 3(1)
勝率 .632(1)
得点  98(1)
失点  82(5)
本塁打 8(6)
打率  .278(1)
防御率 3.39(5)

予想外なのは、チーム打率と得点。予想通りなのは、本塁打数・・・ですかね。

チーム打率については、梵選手、廣瀬選手が引っ張ってますが、東出選手や岩本選手、栗原選手などレギュラークラスに不調の選手も多い、なんでこんなに高いのかと思って見てみると、控え選手の働きが大きいのかな?と。

もちろん、20数試合の数字なのでこのまま行く訳ではないのですが、何人か上げてみると、

井生 崇光 .385
小窪 哲也 .364
石井 琢朗 .750
倉 義和 .308
丸 佳浩 .340

と、揃って高打率。特に丸選手は、チームトップの3本塁打。今だに4,5番にホームランが出てないことやチームトータルで8本ということを考えると、特筆すべき数字だと思います。試合展開上でも大きい一発もありましたしね。

この数字が続くとは思いませんが、期待を持たせる成績。また、赤松選手と天谷選手の争いだったセンターに割って入り、一気にレギュラーを奪いそうな勢い。彼ら二人に対する刺激にもなりますからね。彼の台頭は大きいです。

で、得点は98でトップ。初回の先制攻撃を含め、集中打が目立ちます。得点効率が良い、悪いなどと某ブログで話がありましたが、20試合程度だと良い側に振れるとあり得る話で、今の得点方法を考えると、今後は得点力は低下する方向に進むと考えた方が良いでしょう。

ちなみに、昨年の例で言うと、

4月30日の青木投手の完封した試合。これが9-0で完勝だったのですが、覚えている方も多いかと思います。その後、青木投手が転落していったので・・・(悲)

その試合を起点に22試合をサンプルすると、得点数合計が102。つまり、今年のここまでよりも多く得点しております。ちなみに、勝敗は、9勝13敗(悲)。

結局のところ、この程度のバラツキは普通にある話で、この結果だけを見て、「長打力が無くても大丈夫」なんて結論を出さず、長打力のある人の復活はもちろん期待してますし、フロントも常に新しい選手を獲得することを補強することを考えて欲しいものです。

出来過ぎの感がある先発投手と良い方にバラついた得点力の結果、ここまでの好成績になっていますが、今後、先発投手が落ちて来たときにリリーフ陣の出来も含めて考えると、まだまだ予断を許さない状況のようです。

次回、投手成績について、もう少し突っ込んで見たいと思います。

今日も雨で流れそうですね。名古屋は終日雨のようです。大阪の天気はどうですか?
2011.05.11 Wed l カープ2011 l コメント (2) トラックバック (0) l top

S4、5 ~内容に不満は残るが、トータルでは良しか?~


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
まあ、1勝1敗で良しと思っていたスワローズ戦ですが、1勝1分けという結果。

内容的には2連勝出来ただけに残念な気もしますが、トータルで見ると、まあ良しでしょう。

昨日、中継ぎ投手を総動員しただけに、今日はまえけんに完投を期待していましたが6回での降板。エースの復肩はまだまだ先のようです。足は大丈夫だったんですかね?

◆◆◆

さて、昨日の試合から。

序盤の展開を見て、今村投手の完投でも見れるかと思ってましたが、さすがに甘いw

ただ、リリーフ投手総動員となるとは思いませんでした(苦笑)

ただ、とにかく良く勝った!

1点差まで詰められた時は、確実に逆転されると思いましたが、そこからまさかの0行進。

最後は、これぞ4番のトレーシーのダメ押し打が出て、そのまま押切り。

どうなることかと思いましたが、勝つことができました。

今日は取れなかったですが、ここのところ、連続して初回に得点していますね。しかも、連打連打による攻撃で2点以上取ることが多い。ヤクルト戦の前が横浜戦だったということもあるんでしょうが、先発を楽にするためには良い傾向です。

ただ、気持ち良いですが、この状態が続くようには思えないだけに、早く4、5番の一発が欲しい気がします。

今村投手以外は、みんな良くやったと思いますが、岩見投手を1イニングで下げたのだけは解せません。

日頃、回跨ぎがどうのこうの言っているので、言いづらい内容ではあるんですが、あの場面は続投だろ・・・?と思うんですが、いかがなもんでしょう。打順が回って来なかったら続投だったのかもしれませんが、2死走者無しで丸選手を代打に送るってのは理解不能でした。

まあ、勝ったから良しなんですかね?

◆◆◆

で、エースで連勝を目論んだ今日の試合。

ここでエースが、

今日はリリーフの皆さん、肩を作る必要もないですよ!

とばかりに、

危なげなく完投勝利でもしてくれれば、良い流れなんですが、そうもうまくは行きませんw

6回1失点、球数は95,6球くらい?足にボールが当たったのもあるんでしょうが、あと一イニング行けなかったかなぁ・・・と思います。残念。

早く復調して欲しいですね。

例によって、7回に青木投手・梅津投手が登板して2失点。気になるのは、追いつかれたのが、暴投によるもの。昨日も2発ありましたよね(昨日は、今村投手、倉選手)。

若い頃、野球やってた連れが、「暴投(ワイルドピッチ)は、キャッチャーの責任。捕逸(パスボール)は、ピッチャーの責任」と聞いたことがあります。要は、ワンバウンドならキャッチャーが止めないと行けない。パスボールになるのは、ピッチャーのサインミスが多いということだったかと。

若い投手が多いチーム。低目低目に頑張って投げている投手を助けるためにも、キャッチャーは止めて欲しいものです。確か、先日紹介した「ディープピープル」という番組でもキャッチングのことに触れてました(ピッチャー目線で)、これもまた紹介します。

8回表の無死満塁の逸機に関しては・・・

まあ、良くあることでしょう!

あれでがっくりして勝ちこされなかったことを喜びたいです。>良くやった!上野投手。

さて、週明けからは阪神、巨人との6連戦。余裕を持って、交流戦に入るためには、何とか五分で行って欲しいところ。

これを乗り切ると、先発ローテーションが楽になるので、うまく乗り切って、編成を考えて欲しいですね。

そして、

交流戦が終わるころに大竹投手が復帰してくれれば・・・もしかして・・・

無いですかね?w

もちろん、無理な復帰は禁物です。万全の状態での復帰を期待です。

#また、夜に更新予定です!
2011.05.08 Sun l 試合講評2011 l コメント (6) トラックバック (0) l top

また、随分遅くなりましたが競馬の話


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
書こう書こうと思って書けなかったネタを。

もうずいぶん前のように感じますが、皐月賞と天皇賞の話。

まずは皐月賞ですが、牝馬戦線と違って混戦が予想されていた牡馬戦線(まあ、牝馬戦線も大本命馬リタイヤにより、直前に混戦となりましたが・・・)、軸となる馬が無く、一番人気になったのは朝日杯でも一番人気だった(で、人気を裏切った)サダムパテックで、続いて安定感抜群のナカヤマナイト。

ところが蓋を開けてみれば・・・オルフェーブルの圧勝でした。

当馬もそうですが、GIホースである全兄(ドリームジャーニー)が東京で結果を出して無いことが嫌われたか、前走内容の割に人気は上がらなかったのですが、強い強い。

残り200mからのあの脚。終わってみれば1強でした。

あの脚を見せつけると、ダービーではかなり人気するでしょうし、固い気がします。血統的に距離は全く問題ないと思いますし。

しかし、メジロマックイーンの肌にステイゴールド・・・ナカヤマフェスタもそうですが、ステイゴールドが種牡馬としてこれほど結果を出すとは思いませんでした。

さて、続いて天皇賞。

昨秋以来、古馬混合の重賞を勝ちまくり、最強世代と呼ばれる現4歳世代と意地を見せたい古豪達の対決。役者も揃い、面白いレースでした。

スローペースでしたが、そのまま行った行ったになるわけではなく、出入りも多く、面白い内容。

結果、勝ったのは最強世代の一角、前走でようやく重賞をゲットしたヒルノダムール。同期のダービー馬を従えての勝利でした!

人気の馬2頭は、スローペースと出入りの多い展開に泣き、実力を出し切れず惨敗。ローズキングダムは菊花賞で2着に来ましたが、両者共にこの距離は向いてないのかもしれませんね。

スローペースをそのままにせず、いろいろな馬が仕掛けたのも面白かったですし、結果、自分で仕掛けた、ナムラクレセントやマイネルキッツも上位に来ていたのも良かったです。

ヒルノダムールは、父・マンハッタンカフェに続く、父子2代天皇賞(春)制覇となりました。

その中で「あれ?」と思ったのが、以下の報道。

あのシーマー・タカオー以来、実に56年ぶりの父子制覇



さすがに「あの」と言われても、シーマーもタカオーも知りませんが、天皇賞の親子制覇なら、メジロマックイーンが父子3代制覇だったのでは・・・?

と思った人いませんでした?私は思いましたw

で、調べてみると、メジロマックイーンは天皇賞春を勝利しましたが(連覇)、その祖父と父、メジロアサマとメジロティターンは、秋の天皇賞でした(恥)

アサマとティターンの現役当時は知らないのですが、当時、秋の天皇賞は東京3200mで行われており、いずれも3200mのGIの勝者には違い無いのですが、春天の父子制覇ではないのだとか・・・当時は、天皇賞を勝つと、以降、出走できないんだから、同じようなもんだと思うんですけどねw

ちなみに、秋の天皇賞が2000mになったのは、ミスターシービーが4歳(現在の年齢表記)から。シービーのための、路線変更と言われていたようですが、きっちり、彼にとって最後のGIを取りました。その後は、1年後輩の三冠馬、シンボリルドルフの存在により、GIを勝つことはかないませんでしたが・・・

そして、天皇賞春の週に悲しいニュースも。

名門メジロ牧場解散 近年成績低迷で「経営に限界感じた」

もうあの勝負服が見えないと思うと、寂しい気持ちでいっぱいです。

確かに最近パッとしませんでしたからね。

以上、競馬ネタでした。
2011.05.07 Sat l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

BS4、5、6 ~もう止めてくれ・・・、そして辞めてくれ!~


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
奇跡的に良いスタートを切ったと思っていたのですが、今のリリーフの状況は酷すぎますね・・・そして、それを全く理解していないマネージャーのコメント。

広島・野村監督「後ろのピッチャーが頑張ってもらいたい」

「(決勝点が入った8回の継投について)うちはあのメンバーしかいないわけですから、どこで誰を起用するかは、最終的には僕の決断ですからね抑えてくれると思って、期待して出しているわけですから。(初回以降、惜しい攻撃が目立ったが)負ければそう言われますけど、相手も必死ですからね。今日は向こうも8人継投したのかな。そういう展開で、相手は抑えて、ウチは打たれたというだけです。とにかく打者は頑張ってくれているので、後ろのピッチャーが、1イニング(を抑える)とかじゃなく、ひとりでも多く取れるように頑張ってもらいたいですね。」



もう言葉が無いですね。

・やっぱり、お前が判断しているのか?
・「抑えてくれると思って」起用するだけでなく、「抑えられるような」コンディションを作ってあげられないマネージャーも問題だと思うよ。
・今日は後ろの投手だけの問題じゃないでしょ?
・頑張ってるのは打者だけじゃないでしょ?

本当に辞めてもらいたい!

あっ、言葉が無いってのは嘘でしたねw

曲がりなりにも2位にいるチームの監督が辞めることなんてないと思いますが、ここから監督が「普通の」監督(notOB、not尾花)に変われば、CSは十分可能性があると思うのですが・・・

無理な話ですわな。

今日にしても、全く勝った気がしません・・・

◆◆◆

しかし、酷い3試合でしたね。

レッドルさんが書いているように、横浜も酷いだけに(悲)

3連戦で勝ち越したという事実だけ。まあ、それはそれで重要なのですが、144試合の勝負であることを考えると素直に喜べません。

初戦も勝ちはしましたが、例によって7~9回は、得意の継投策。

ついにサファテ投手も回跨ぎの犠牲者となりました。まあ、彼の場合は、ここまで間隔が空いてましたからね。単発であれば仕方がないかもしれません。

先日のまえけん登板は、福井投手のお兄さんに不幸があったことが理由のようですね。順番がまえけんだったこともあるのでしょうが、彼の性格を考えると「志願」して登板したことも考えられますね。ただ、それで結果を残せないところに今年の状態の悪さが表れています。ま、悪いと言っても、普通の状態であり、去年が良すぎただけかもしれませんが。

福井投手はなんとか試合を作ってくれましたね。ただ、あと一人投げさせられないものでしたかね?7回2死から得意の継投策。フラフラだったのかもしれませんが、携帯の速報で継投を目にすると、本当に悲しくなるし、萎えて来ます・・・

で、結局、8回は回跨ぎ、そして、例によってグダグダの継投で、サファテ投手投入・・・本当、バカですね。

◆◆◆

続いて2試合目。

初回、幸先よく3点もらったと思ったら、今度は先発投手がグダグダ。

打線もすぐに安心する悪い癖を出し、その後、何度もあったチャンスで全く加点出来ず。

何とか追いついたものの、そこで、得意の勝ちパターン(?)継投でしっかり勝ち越し点を奪われ、ジ・エンド。

終わってみれば、前節の中日戦と同様、4-5での敗戦。もうこうなると笑えて来ますねw

◆◆◆

そして今日、昨日に続いて初回の先制攻撃で5得点・・・も、その後は、音無しw

しかし、昨日と違ったのはバリントン投手の安定感。

7回被安打5、失点1で乗り切ってくれました・・・が、・・・

その後はいつもと一緒。

8回は仲良く青木投手、シュルツ投手が登板し、きっちり1失点。更に、9回はセーブの付かないところでのサファテ投手登板。もう、溜息も出ません・・・

今日の展開だと、球数を考え、8回もバリントン投手。で、9回は、上野投手か、梅津投手で万一の場合にサファテ投手くらい。

バリントン投手が7回で降板であれば、8回に岸本投手と岩見投手、そして、9回は上と同様の感じで良かったのでは無いのでしょうか?

今の流れで、岩見投手や岸本投手っていつ使うんや??

と思います。

結局、この3連戦。青木投手、シュルツ投手は全試合で登板し、以下のイニング数を投げました。
(太字は回跨ぎ、赤字は失点)

青木   2/3 1 2/3
シュルツ 1/3 2/3 1/3

なぜ、この2人じゃないといけないんですかね?誰か教えてください!

当然、彼らが戦力で無いという意味ではありません。彼らを戦力にするために、使い方を考えて欲しいという意味です・・・

どうせ、彼らの耳には届かない声なんでしょうね。悲しくなって来ます。
2011.05.06 Fri l 試合講評2011 l コメント (6) トラックバック (0) l top

なぜ今日の試合展開で8回に2人登板???


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
全く意味、意図、頭の中身も不明・・・

どうせスタンバイしてると思うからブルペンで投げてるんでしょうが・・・

ちなみに岸本投手に投げさせる気はあるんだろうか・・・?
2011.05.05 Thu l カープ2011 l コメント (6) トラックバック (0) l top

D1、2、3 ~3タテの はずが、終われば、 負け越しに・・・~


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
振り返ってみれば、3タテ出来たと思う3連戦。中日との地力の差、野球の差を思い知らされたここ2戦でした。

勝てば選手のおかげ、負けた時には「監督が悪いんだろ」という落合監督と、

マジで、選手のおかげで勝って、采配で負ける野村監督の差ですかね。序盤は特にそう思います。

とにかく負け方が良くない。

最初に良い勝ち方して、それを何十倍にして返された昨年、一昨年の記憶が蘇ります・・・

◆◆◆

さて、初戦。

基本的に言うことはないのですが、最終回にノーアウト満塁から当たり前のように無得点に終わったことだけですかね。

暴論かもしれませんが、ああいう終わり方が2、3戦目に繋がっている気もします。

地上波を少し見てたのですが、序盤の0-0からカープが先制したあとは、

「試合が動き出しましたから、中日も得点するチャンスですね。(←意味不明)」

みたいな実況でw

ああいう実況は副音声でやって欲しい・・・

続いて、2、3戦。

全く逆の展開だったのですが、きっちり追い抜く中日と追いつけず、突き放されるカープ。この違いは大きいです。

まず追いつけなかった試合。

5回に追いついた後も、6回1死12塁から岩本選手。そして、8回1死12塁から栗原選手。

まあ、あれで追い越せなければ勝てる訳もない・・・

そして、悪夢の継投策・・・

同点で、上野投手登板、続投までは良かったのですが、8回の梅津投手の続投、得意の青木投手ワンポイント、そして、シュルツ投手投入遅れ・・・

結果論と言われるかもしれませんが、時間を考えると、8回最初から青木投手、あるいはシュルツ投手。あと、打順を考えると、登板順序を変えてサファテ投手であの回を乗り切るのもありだったような気がします。結局、この3連戦使えなかった訳ですし・・・青木投手の確変が終わった今、一番計算できるリリーフ投手を使えない(使わない?)ってのはいかがなものかと。

使わなかったと言えば、丸選手も使いきれず・・・使う場面あったと思いますけどね・・・

続く第3戦。

まさかの中4日のまえけん起用。序盤は、良かったですが、徐々に追い詰められてまえけんに勝ちがつかないどころか、試合も落としてしまい・・・

福井投手で普通に落としたのであれば、別に痛くない試合だと思いますが、まえけんで落とすとねぇ・・・しかも、この展開で・・・痛いですね。

まえけんも「エース」と呼ばれたいのであれば、そろそろ調子をあげてもらわないと困ります。調子が上がらないなんて、今のようなピッチングを続ければ、結局、今の調子が実力になってしまいます。

昨年の疲れ、他チームの研究などいろいろあると思いますが、頑張って欲しいです。

攻撃の方は、5回まで毎回先頭打者を出塁させながらメロメロのネルソン投手を崩せず・・・結局、1、2回の3点のみで後半は防戦一方。最終回にチャンスはあったものの、結局、8回の2失点目が効き、惜しくも何ともない1点差「惜敗」。まあ、実力通りと言えば、そうなんですが・・・

青木投手が例年の状態に戻り、そして、首脳陣のリリーフ起用は全く変わらず。

まだまだ貯金3あるのですが、既に、追い詰められた感じですw

青木投手の防御率はすでに5.00になってますね・・・信じられません・・・

もっと長い目で見た戦いは出来ないんですかね。その点でも落合中日との差は大きいです。

中日戦は忘れて、5割ペースで頑張りましょ!

まあ、その前にリリーフ起用方法は再考して欲しいですが・・・

p.s.鯉次郎の件、別途報告します。ご心配いただきありがとうございました。
2011.05.02 Mon l 試合講評2011 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。