レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて 2008年12月

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

2008年を振り返って 6 梵英心


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
2008年の振り返り 個人編。今回は梵英心選手。

これまでの記録です。

00-田中彰
0-井生崇光
1-前田智徳
2-東出輝裕
3-永久欠番
4-尾形佳紀
5-栗原健太
6-梵英心

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

1980年10月11日生まれ、28歳 2005年(3巡目)
三次高→駒大→日産自動車→広島

1軍:97試合 打率.226 本塁打1 打点17 盗塁8
2軍:14試合 打率.250 本塁打0 打点4 盗塁7

つらい1年だったと思います。ファンが多く、また、その裏返しかもしれませんが、アンチも多い。何かあると、すぐに非難されているのをいろいろなブログ(+そのコメント)で見ました。「いらない」とか「使うな」など。石橋選手の件やFA流出により減少し、数少なくなった地元出身のスターです。期待も大きいだけに、今年のような不調だと見る側もつらいですね。

2年前、ハツラツとした攻守で新人王になり、内野の要と期待されていました。少なくとも、今年のシーズン前までは東出よりも期待されていたはずですし、年俸もほぼ並んでいたと思いますが、今年の結果により大きく明暗が別れてしまいました。

1年目、2年目とそれなりの結果は残しましたが、2年目は1年目になかった長打力を発揮したため、周りも含めて混乱したのでしょうか?打順問題やら、フォーム改造やら迷宮にはまったような気がします。守備も含めた総合力で見ると、やはり梵にはショートのレギュラーをつかんでもらわないと困ります。来年は、初心に帰ってルーキー当時の輝きを取り戻して欲しいと思います。

以下、対戦チーム別に見て行きます(データは、Yahooスポーツより)。

今年に関しては、数字見るまでもないかもしれませんね。阪神戦がかろうじて合格ですが、他は・・・。
◆リーグ戦(.235)
     打率 打数 安 本 打点 三 四 死
巨人   .161 31 5  0 1  5 5 0
ヤクルト .260 50 13 0 2  7 3 0
横浜   .235 34 8  1 5  4 1 0
中日   .194 62 12 0 4  15 6 1
阪神   .298 57 17 0 1  10 1 1

◆交流戦(.189)
       打率 打数 安 本 打点 三 四 死
西武    .429  7  3 0 1  1  1 0
日本ハム .000  4  0 0 0  1  3 0
ロッテ   .182  11 2 0 1  4  0 1
オリックス .000  9  0 0 0  1  1 0
ソフトバンク .308 13  4 0 1  1  2 0
楽天    .111  9  1 0 1  1  0 0

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

1-0からの成績が突出して良いですね。打数も今年の梵にしては、それなりの数字です。

◆カウント別成績
カウント 打率(打数)
0-0  .226(31)
0-1  .133(15)
0-2  .200(5)
0-3   - (0)
1-0  .424(33)
1-1  .136(22)
1-2  .167(18)
1-3  .250(16)
2-0  .059(17)
2-1  .283(53)
2-2  .204(49)
2-3  .179(28)

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

左右別は全く関係ないですね。いずれも低いです。左投手だから梵を代打ってのはやめた方が良さそうです。ランナー別の成績についても特筆すべきものはありません。

◆左右投手別成績
    打率(打数)
右投 .227(203)
左投 .226(84)

◆塁状況別成績
ランナー 打率(打数)
なし   .223(166)
一塁   .212(52)
一二塁 .227(22)
一三塁 .286(7)
二塁   .333(21)
二三塁 .000(5)
三塁   .200(5)
満塁   .222(9)

梵に関しては、今年は成績を云々するべきではないのかもしれませんね。これが実力なのか、今年は特異点なのか・・・

絶対にレギュラーでリーダとならなければいけない選手です。異論ある方もいらっしゃるかと思いますが、守備も含めた総合力ではやはりこの人でしょう。2年間で得た信頼、積み重ねた実績は全て0になったと思います。ここで初心に帰って、一から出直して欲しいと心から思います。

とにかく結果を出して、外野を黙らせるしかありません。タクローも加入し、ポジション争いも激しくなりましたが、頑張れ梵!それだけです。


2008実績 ☆☆☆☆☆(今年の成績は0にしておきました)
2009期待 ★★★★★

更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
スポンサーサイト
2008.12.18 Thu l カープ2008 l コメント (9) トラックバック (0) l top

記事ネタ WBC一次候補選手発表


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
少し気を抜くと、数日空いてしまいます・・・
特集ネタを作るのに時間が掛かっているので、なかなかコンスタントに記事を投稿できません。そのようなときには、記事ネタと行きたいところですが、ネタも少なく・・・

とりあえず、今日はWBCの一次候補が発表されたようなので、そのネタを。
 ⇒書き始めたのは、発表当日でした・・・書くのが遅い・・・

現在、34選手が候補として選ばれていますが、本番は、28選手。気になるのは、その配分でしょうか。まずは、投手と野手。そして、投手の中では先発と中継ぎ・抑え。そして、野手は捕手・内野手・外野手。必然的に、先発も中継ぎもできる投手(田中将とか)。複数ポジション守れる野手(キムタクや森野・・・リストにないですが)、が重宝されると思います。

ざっと見たところ、意外だったのが、以下の点。これも、他のブログでも散々言われておりますが、書くのが遅いので、2番煎じとなってしまいます・・・

・岡島の落選
 メジャーで2年続けてリリーフで実績を残した左腕。落選するとすると、怪我か本人の拒否?
・先発型への偏り
 リリーフ専任でやってる投手が、藤川、斎藤、山口のみ。ロングリリーフが重要になるとは言え、疑問もあります。連投はできるのか?
・左打ち多すぎ、右投げ多すぎ
 まあ、見ての通りです。レベルの高い投手(打者)は左右は気にしないと思いますが、バランスよくないですね。
・松井稼の落選
 本人(かどうかは不明ですが)も落選に対して不満があるようですね。怪我もあったので、ある程度仕方ないと思いますが。
・井口の落選
 今年不調でしたし、チームも決まってないですからね。その辺の影響もあるのでしょうか?
・亀井、山口の当選
 最終的に残るかどうかは微妙(特に亀井)ですが、原監督であるということもあり、賛否両論あるようです。
・西岡の落選
 怪我もありますが北京でも結果残しましたからね。松井もそうですが、二遊間は人材豊富です。最終的には、監督の好みも・・・?
・永川の落選
 カープファン的にはここですかね。去年の成績は神懸り的なものもありましたが、藤川よりも活躍できるとはとても言えません。
・なぜ34名
 この段階で45名ではなく34名まで絞る必要はあったんか?こんなことをするから、松井稼みたいなことが起きるのでは?

基本的に、この34選手の中から選ばれるようですが、素人が勝手に選ばれる選手を考えてみたいと思います。

試合は、第1、2ラウンドが各3or4試合。決勝トーナメントが2試合で、計8~10試合。最低4名の先発投手が必要になります。また、多くのブログで指摘されているのが球数制限。これにより、試合展開によっては、2番手以降の投手がロングリリーフが必要になります。

予選は、様々なブログでも紹介されているようにダブルエリミネーション方式で、一言で言うと、「2勝する前に2敗すれば敗退」となります。試合日程は、2連勝すれば3試合。それ以外の場合は、4試合(但し、3試合で勝ち抜けは決定)することになります。判りづらいですが、以下の試合日程パターンを参照ください。

1次・2次ラウンドでの勝敗による試合日程パターン(勝ち抜けのみ)
(○は勝ち、×は負け、*は予選突破決定後の順位決定戦、-は試合の無い日)

A.初戦を同日に実施するパターン
○-○-*
○-×○*
×○-○*

B.2戦を同日に実施するパターン(日本の第1ラウンドはこちら)
○-○-*
○-×○*
×-○○*

いずれにしろ、初戦・2戦目が非常に重要で、ここを連勝すると楽になります。だとすれば、ここにエース格(今回で言うと、松坂とダルビッシュ)を持ってくれば良いのでしょうが、そうするとどちらかで落としたときに、一気に追い詰められます。ただ、このエース格が準決勝・決勝を投げることを想定し、そこから逆算すると、初戦・2戦目に投げさすしかないんですけどね(中5日)。

これらの日程を考慮した上で、ピッチャーの構成を考えてみました。

◆必要イニング数
最大:9試合90イニング
最小:7試合63イニング
※延長を除く

以下、選択する投手の役割分担です。最後の()内の数字は消化して欲しいイニングです。

◆先発の軸×2名
 先発3試合、各6イニング以上(36)
◆抑え×1名
 全試合最終回1イニング(10)
◆第3先発×1名
 先発2試合、各5イニング以上(10)
 (決勝トーナメントは中継ぎ要員)
◆先発兼中継ぎ×1名
 (予選4試合目があれば)先発2試合、各5イニング以上(10)
◆中継ぎ専任×?名
 各試合、1イニング(最大2イニングまで)(24)
 ※1イニング毎、最大2連投と考えると6名

と、考えると11名くらいでしょうか?先発兼中継ぎを中継ぎ専任者の中から出すとなると10名で足りる気もしますが、どうだろう?11名の場合、ロースター枠28名なので、野手が17名(捕手3名、内野手9名、外野手5名)・・・ちと多いか?そうなると、投手をもう少し増やした方が良さそうな気がしますね。ちなみに、北京が24名でその内訳が投手10、捕手3、内野手7、外野手4でした。北京をベースにし、4名分をどこに割り振るかを考えた方が良いですね。そうすると、投手12、捕手3、内野手8、外野手5くらいで、10試合でも対応できますし、何とかなるんじゃないでしょうかね。先発が炎上するなど不測の事態も考えられますが、その場合、先発型のタイプが多いのでカバーできるのと、予選のいずれかは3試合で乗り切れると思いますので、相殺されるかと思います。

で、12名で考えた場合、

◆先発の軸×2名・・・松坂、ダルビッシュ
◆抑え×1名・・・藤川

ここまでは、誰も異論はないのではないでしょうか?松坂とダルビッシュのどちらをエース格にするか?というのは興味があります。抑えも馬原、斎藤という意見もあるでしょうが、今年、故障しており100%のパフォーマンスを出せるかどうかは微妙です。

◆第3先発×1名・・・杉内(和田)

◆先発兼中継ぎ×1名・・・和田(杉内)

ここにはカープファンとしては黒田を入れたいところです。ただ、今年肩に故障を起こしたこと、決して立ち上がりが良くないこと、右と左のバランスが良くないこと、を考慮するとホークスの両左腕が実績的にも浮上してくるのではないかと思います。あと、岩隈もこちらに入れたいかもしれませんね。立ち上がりの安定感と相手のタイプによって使い分ければ良いと思います。

◆中継ぎ専任×7名・・・渡辺、山口、涌井、田中、岸、岩隈、馬原

まずは、変則タイプの渡辺、左腕中継ぎ山口は入れたいですね。あと、北京五輪、日本シリーズで中継ぎ経験のある田中、涌井、岸、そして、第3の先発としても使える岩隈。次は悩むところですが、リリーフ専門投手を優先し、藤川のバックアップの意味でも馬原を入れたいところです。

ここまでで12名となります。外れた選手が、黒田、斎藤、小松、内海。黒田、斎藤は故障明け。小松は実質活躍したのが今年のみ(それは、山口もそうですが)、そして内海は安定感を欠くことが外した理由になります。

・・・と、ここまで書いたところで、投手は13名という情報が・・・

原監督WBC連覇狙う100%のメンバー

W先発という話があるみたいですね。その狙いで、先発陣を厚めにし、リリーフ投手を削ったようです。W先発でも上記メンバーで大丈夫だと思いますが、13人目とすると黒田を選んで欲しいところですね。

続いて捕手ですが、これは簡単ですね。城島、阿部は確定。あとは、細川と石原の3番手争い・・・うーん・・・客観的に見て細川なんですかね。ここは判りません。カープファン的には石原を選んで欲しい気もします。

続いて内野手です。あれ?既に8名?削る必要ありませんね。投手枠の関係で削る場合は、ポジションが1箇所しか守れない、村田か栗原が削れらると思います。

外野手も6名中5名ですから、まず間違いなく亀井落選で問題ないと思います。あと一人削るとなると・・・内川ですかね。

結局、投手を何人いれるか・・・?というところで決まってしまうんですね。原監督が投手13名と宣言した時点で、怪我さえなければ野手は確定ということかもしれません。

ここまで長すぎたので、今日はここで終了。次回は、スタメンなどを考えたいです。



【選手】
         氏名   所属    齢    投打  防御   勝数  敗数  S
投 手
       松坂 大輔  BOS   28    右右  2.90   18    3    0
       黒田 博樹   LA    33    右右  3.73   9    10    0
       斎藤  隆   -    38    右左  2.49   4    4    18
       涌井 秀章  埼玉   22    右右  3.90   10    11    0
       岸  孝之  埼玉    24    右右  3.42   12    4    0
       小松  聖  大阪    27    右右  2.51   15    3    0
       ダルビッシュ有 北海道 22    右右  1.88   16    4    0
       渡辺 俊介  千葉    32    右右  4.17   13    8    0
       岩隈 久志  東北    27    右右  1.87   21    4    0
       田中 将大  東北    20    右右  3.49   9    7     1
       杉内 俊哉   SB    28    左左  2.66   10    8    0
       和田  毅   SB    27    左左  3.61   8    8     0
       馬原 孝浩   SB    27    右右  2.79   0    2    11
       内海 哲也   巨人   26    左左  2.73   12    8    0
       山口 鉄也   巨人   25    左左  2.32   11    2    2
       藤川 球児   阪神   28    右左  0.67   8    1    38
【野手】
       氏名     所属   齢   投打  打率 本塁 打点 盗塁
捕 手
     城島 健司   SEA    32  右右  .227  7   39   2
     細川  亨   埼玉    28  右右  .238  16  58   0
     阿部慎之助   巨人   29  右左  .271  24  67   1
     石原 慶幸   広島    29  右右  .265   9   50   6
内野手
     岩村 明憲   TB    29   右左  .274  6  48   8
     中島 裕之   埼玉   26   右右  .331  21 81   25
     片岡 易之   埼玉   25   右右  .287  4  46   50
     松中 信彦   SB    34   左左  .290  25  92   3
     川崎 宗則   SB    27   右左  .321  1  34   19
     小笠原道大   巨人   35   右左  .310  36  96   0
     栗原 健太   広島   26   右右  .332  23 103   5
     村田 修一   横浜   27   右右  .323  46 114   0
外野手
     イチロー    SEA    35   右左  .310   6  42   43
     福留 孝介  CHC    31   右左  .257  10  58   12
     稲葉 篤紀  北海道   36   左左  .301  20  82   2
     亀井 義行  巨人    26   右左  .268   5  23   7
     青木 宣親  東京    26   右左  .347  14  64   31
     内川 聖一  横浜    26   右右  .378  14  67   2
【注】成績は2008年公式戦のもの。斎藤はフリーエージェント


更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.12.17 Wed l 記事ネタ l コメント (0) トラックバック (0) l top

記事ネタ 契約更改


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
最近疲れ気味なニュービギニングです。
なかなか定期的に更新できません。

カープネタが日々少なくなってきて、残るは契約更改と新球場ネタがほとんどとなってきましたが、契約更改について思った事を。

大竹1400万円増6500万円 3選手契約更改



まず、大幅(?)アップに意見の分かれる大竹から見てみます。推定、5100万円から1400万円アップの6500万円。大竹に厳しいファンの方からは、不満の声が多いようで、非難する内容のブログを良く見ました。果たして、この評価は甘いのか・・・?

まず、大竹のここ4年の成績を見てみます。4年間の通算勝ち星と投球イニングを調べてみました。()内は、左から05~08年の投球イニング数を並べています。

大竹 34勝(161、157、145、171)

続いて、各チームの先発ローテーション投手です。今年の新人や、今年頭角を現した投手は、省略している場合もあります。

まず、勝ち星で大竹よりも上の選手を上げてみると、内海、グライシンガー、川上、中田、安藤、下柳、三浦、石川で、すべて規定投球回数を満たしたのは、大竹以外におりません。100イニング以上に限定しても、赤字の6名のみです。彼らの年俸は、まだ更改の完了していない選手もいますが、全て7000万円以上(最低が、中田の7200万円)で、大幅アップ後の大竹の年俸はまだ届いておりません。もちろん、勝ち星とイニング数だけで評価出来るわけではなく、負け数や防御率も含めて評価すべきという意見は分かります。実際に大竹は4年連続で負け越しております。ただ、先発として定着した05年以降、負け越しはしているものの、防御率は徐々に上がってきており、去年、今年とどうにか3点台に抑えております。メジャーでは「イニングイーター」という言葉があり、故障なく、毎年コンスタントに150~200イニング投げてくれるピッチャーは評価されます。その点を考えても、彼の成績は評価に値するものだと考えています。彼のモチベーションを考えても、他球団の同程度の成績を残した選手との比較で見ても、今回の提示は妥当なものだと私は考えています。もちろん、これに満足することなく、更に上を目指して欲しいし、それができる素材だと思ってますが・・・厳しいファンの声も、それを思うがこその声だと思います。

◆巨人
上原 27勝(187、161、62、89)
高橋 32勝(163、62、186、122)
内海 42勝(114、194、187、184)
グライシンガー 33勝(-、-、209、206)
木佐貫 18勝(13、10、148、74)

◆中日
川上 49勝(180、215、167、117)
朝倉 33勝(86、112、170、56)
中田 36勝(114、194、187、129)
山本昌 31勝(116、170、108、133)
佐藤充 11勝(16、129、4、40)

◆阪神
安藤 36勝(146、129、33、154)
福原 25勝(171、154、71、34)
下柳 48勝(132、150、129、162)
杉山 17勝(134、90、84、43)
岩田 10勝(-、3、13、159)

◆横浜
三浦 38勝(214、216、185、144)
那須野 13勝(22、95、61、80)
寺原 18勝(4、76、184、71)
工藤 21勝(136、70、103、13)
吉見 12勝(59、103、97、86)

◆ヤクルト
川島 22勝(128、47、65、115)
石川 36勝(149、151、96、195)
館山 27勝(150、79、127、153)




続いて、カープの選手では無いですが、気になったので、この選手の更改について。

阪神江草保留「評価されたが想像と開き」

江草 仁貴 55試合登板 3勝1敗 防御率2.78(09年年俸 4150万円・・・保留)

ここ4年の成績です(左から、防御率、試合数、勝、敗、ホールド、セーブ、イニング)
05年 2.67 51 4 3 6 0 70.2
06年 3.54 36 5 6 5 0 96.2
07年 1.95 50 5 0 5 0 60.0
08年 2.78 55 3 1 9 0 58.1

比較対象が難しいのですが、我らがカープのセットアッパー・梅津の成績を出してみます。

梅津 智弘(09年年俸 3800万円)
05年 2.53 33 1 1 5 0 32.0
06年 1.23 23 0 1 9 1 22.0
07年 5.28 47 2 3 21 0 44.1
08年 2.62 64 0 3 21 0 58.1

これを見て言えるのが、江草の安定感とイニング数ってすごいですよね。今年こそ、梅津と同じですが、それ以外は、ほぼ倍のイニングを投げています。にもかかわらず、この安定した成績。06年に若干崩れてはおりますが、07年は防御率1点台。ホールド数が少ないのは、リードされているor同点の場面での登板や失点が多いのですかね?梅津との比較でも差があるようですが、そこは良く分かりません。

ちなみに、今年既に更改した中継ぎ投手で近い年俸の人を見てみると、

山口(巨人) 4,500万円
西村(巨人) 3,600万円
越智(巨人) 3,000万円
浅尾(中日)  3,500 万円

うーん・・・微妙ですね。山口は今年働いただけですしね。

私が不思議に思ったのはこの人との比較でした。

阪神平野、7000万円に「想像以上」

まあ、重要な役割を果たしたといえば、そうかもしれませんが、そこまでの働きでしたかね。まあ、他チームのことなので深くは追求しませんが、明らかに投高打低のチームで、その屋台骨を支えている中継ぎ投手にこういう扱いをすると、しっぺ返しをくらうような気がします。三浦だ清水だ川上だ!と言ってる前に、自分たちの最も重要なところをしっかりと押さえておく必要もあるんじゃないでしょうか。

江草君、広島出身だし、カープに来ないかい?

今日のところは以上です。次回は、この人の評価について書きたいと思います。

嶋、5500万円で更改 「来季は長打を狙う」




なお、年俸データについては、こちら、プロ野球人事部様のデータを参照させていただきました。



更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.12.10 Wed l 記事ネタ l コメント (0) トラックバック (0) l top

記事ネタ カープOB戦他


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
記事ネタです。カープネタも減りましたね。

笑顔の真剣勝負 カープOB球宴

何がうれしいってヨシヒコの出場ですね。しかもMVP。移籍の経緯を考えると、二度とカープのユニフォームを着ることはないと思ってましたが、変化があったのですかね。
「僕は引退試合をしていない。ファンのみなさんのおかげで、今日は僕にとっての引退試合になった」と感慨深そうだった。

このコメントもわだかまりが溶けたようでうれしいですね。コーチとしてカープのユニフォームを着ることを期待してます。ここに長谷川良平さんもいて欲しかったですね。あと、大野の球。まだ現役でやれるんじゃないか?w

移籍してよかった 楽天・佐竹は500万円増

今年の結果なら仕方ないですね。圧倒的に佐竹>牧野です。カープは左腕がいないと言いながら、佐竹と言い菊地原と言い、勿体ないことをやってますよね。もちろんカープにいたとしてあれだけ活躍できたかは疑問ですが、スタッフ能力含め、このようなことが発生する原因を追求して欲しいですね。

キャッチボール、梅津が再開 リハビリ優先で焦らず

肩を傷めたと聞いてましたが、かなり早い時期から痛みがあったようですね。そのなかでのこの成績は立派です。来年も必ず必要な投手です。オフの間にしっかり治して来シーズンに備えて下さい。「関節唇損傷、靱帯(じんたい)部分断裂」とありますが名前聞くと重症ですよね。

大阪にて

最後は琢郎さんのブログから。すっかり赤くなりました。この3人がしっかり働けば、ひとまず内野は安心です。期待してます。



更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

2008.12.07 Sun l 記事ネタ l コメント (0) トラックバック (0) l top

2008年を振り返って 5 栗原健太


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
2008年の振り返り 個人編。今回は栗原健太選手。

これまでの記録です。

00-田中彰
0-井生崇光
1-前田智徳
2-東出輝裕
3-永久欠番
4-尾形佳紀
5-栗原健太

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

1982年1月8日生まれ、26歳 1999年(3位)
日大山形高→広島

1軍:144試合 打率.332 本塁打23 打点103 盗塁5
2軍:-

昨年、4番バッターがFAで移籍。新しい4番候補として白羽の矢が立ったのが栗原でした。シーズン開始直後は、4番の重圧か、満足の行く成績は残せなかったですが、徐々に調子をあげ、ホームラン以外はキャリアハイの成績をあげることができました。中でも本人が4番バッターとして意識していたという打点は100をクリアし、前任の4番と遜色のない成績を初年度からあげることができました。

各数字を見ても、打率3位、打点4位、安打数2位とリーグの中でもトップクラスの数字で他球団の4番と比較しても年齢、年俸などを考えると十分に満足できる数字ではないかと。あとはホームラン・・・ですね。どうしても、4番には長打力が期待されます。来年、新球場になりさらに厳しくなりますが、30本は打って欲しいですね。

栗原は入団後これまで毎年確実に成績を上げて来ています。リーグトップが見えてきた今、来年は本人も言うように、「3冠王」を目指すつもりで、更に成績を上げて欲しいものです。

以下、対戦チーム別に見て行きます(データは、Yahooスポーツより)。

栗原の良いところは苦手チームがないところだと思います。交流戦の西武・日本ハム戦で若干低い打率になっているものの、打数が少なく、その中で、ダルビッシュ、涌井などを相手にすると、こういうこともあろうかと。西武・日本ハム相手でもセリーグ相手のように100打席近く打席に立つと3割近い打率は残せるのではないでしょうか。やはり、課題はホームランですかね。技術的に言うと、栗原はポイントが他の選手に比べても身体に近いため、変化球に対する見極めは良いのですが、そのポイントで飛距離を出そうとすると尋常でないパワーが必要となります。比較的緩い球に強く、速球に弱いのもポイントが近いことが理由だと思います。2年前からアメリカでトレーニングを行っていますが、更に肉体改造を進めて、メジャーリーガー並みの身体を作って欲しいですね。

◆リーグ戦(.329)
     打率 打数 安 本 打点 三 四 死
巨人   .287 94 27 4 21 15 4 2
ヤクルト .366 93 34 4 17 13 5 2
横浜   .333 84 28 6 16 6 12 3
中日   .273 99 27 4 15 12 5 3
阪神   .391 92 36 2 17 9 10 2

◆交流戦(.347)
       打率 打数 安 本 打点 三 四 死
西武     .222 18  4 0  1  1 1 0
日本ハム  .250 16  4 1  3  3 0 0
ロッテ    .500 14  7 0  4   3 3 0
オリックス  .467 15  7 1  5  2 1 0
ソフトバンク .353 17  6 1  2  2 0 0
楽天     .333 15  5 0  2  2 1 0


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

打者有利なカウントでの成績は非常に良いですね。ストライクを取りにきた球を確実にとらえられているのでしょう。追い込まれてからの打ち方が課題ですが、追い込まれてもファールで粘って行く打ち方ができれば、これも改善できると思います。後半戦ではそれができていたようにも思います。

◆カウント別成績
カウント 打率(打数)
0-0   .429(91)
0-1   .471(70)
0-2   .357(14)
0-3  1.000(1)
1-0   .290(62)
1-1   .404(57)
1-2   .400(30)
1-3   .385(13)
2-0   .138(29)
2-1   .183(71)
2-2   .286(77)
2-3   .238(42)

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

左右別は全く関係ないですね。頼もしい4番バッターです。ランナーを置いた時の成績も申し分ないものになっています。1試合で満塁で2度(3度だったか?)凡退して叩かれた試合がありましたが、本人はランナーの有無はあまり意識していないかもしれませんね。

◆左右投手別成績
     打率(打数)
右投  .332(394)
左投  .331(163)


◆塁状況別成績
ランナー 打率(打数)
なし   .291(285)
一塁   .396(111)
一二塁 .429(28)
一三塁 .394(33)
二塁  .333(66)
二三塁 .444(9)
三塁  .364(11)
満塁   .214(14)

個人的には、三冠王はおろか、3割40本、40盗塁まで狙えるんじゃないかと思ってます。他球団の4番に比べても若く(彼より若いのは、西武中村とヤクルト畠山くらい?)、まだまだこれから油が乗ってくるので、選手生活でのピークはもっと先にあると思っています。注文をつけるとすると、打つ方でのホームランの他、何度かあった走塁でのチョンボなど、時々、集中力を欠いたプレイがあります。打つだけの選手ではなく、グラウンドにいるときは常に高い集中力で、走攻守全てにおいて高いレベルの選手になって欲しいし、それができる選手だと思います。

あとひとつ・・・メジャーには行かないで!


更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------


-----追記12/6
また忘れてた。
2008実績 ★★★★☆
2009期待 ★★★★★★★

話は変わりますが栗原のブロクに、黒田や大竹と焼肉を食べた写真がアップされてましたね。新井のような移籍だとこういう交流はないんですかね。黒田が3年後カープに復帰して優勝祝賀会でこのような光景が見たいなあ。妄想です。
2008.12.04 Thu l カープ2008 l コメント (0) トラックバック (0) l top

2008年を振り返って 4 尾形佳紀


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
2008年の振り返り 個人編。今回は尾形選手。

これまでの記録です。

00-田中彰
0-井生崇光
1-前田智徳
2-東出輝裕
3-永久欠番
4-尾形佳紀

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

1978年8月5日生まれ、30歳 2003年(4巡目)
日大藤沢高→日大→ホンダ→広島

1軍:-
2軍:49試合 打率.223 本塁打1 打点12 盗塁1

ファンが多い選手だと思います。プロ入り2年目の2005年にシーツの後釜としてショートのレギュラーポジションを奪い、その溌剌としたプレーでチームを引っ張り、序盤の快進撃の象徴となりました。ところが、5月の西武戦で古傷の右膝前十字靱帯を再び断裂、その後、尾形のいなくなったチームは転落の一途をたどりました。野村がショートを守れなくなって後、その後継者不在に苦しんできましたが、「彼こそが!」と思った矢先の出来事でした。彼が、リハビリに励んでいるときに頭角を現したのが、新人の梵でした。

守備に難はありますが、その高い打力・走力は、3番ショートを任せるに相応しい存在で、彼が健在であれば、3番・ショートとチームのウィークポイントを一気に埋める解となっていたことでしょう。

2006年はリハビリに明け暮れましたが、2007年の復帰後、巨人戦で見せたあのサヨナラホームランには感動した方も多かったのではないでしょうか。

2008年は1軍での出場はありませんでした。2軍でも外野・サードが中心です。もちろん、足の傷が再発した場合、選手生命に関わるため致し方ありません。2009年は外野に岩本が加入、サード候補も新加入の石井を含めてライバルが多く、年齢のことを考えると後がないところまで来たと思います。ただ、彼の潜在能力は他のレギュラーに比べても引けをとりません。なんとか、外野戦争・サード戦争に参戦し、2009年にはわれわれにまたあの感動を見せて欲しいものです。

頑張れ尾形!

2008実績 ☆☆☆☆☆
2009期待 ★★★★☆


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------



更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.12.02 Tue l カープ2008 l コメント (0) トラックバック (0) l top

記事ネタ オチョア&シーボル


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
ようやく外国人選手の去就がほぼ決まり、来年の陣容が見て来ましたね。

シーボル残留へ アレックスは退団

新3塁手候補として、以前、昨年阪神も(新井獲得前に)獲得に動いたらしいアンディ・フィリップス(レッズ)らしいですが、メジャー志向が強く、契約が不調に終わったようです。そのためのシーボルの残留のようですが、現場での評価が高いようで、ディアスのような2年目の爆発を期待するみたいです。残留を期待してたので、喜ばしい限りですが、新外国人野手の調査も継続して欲しいところです(報道によると、投手に絞るらしいですが)。シーボルの終盤の成績を見ると、ちょっと期待したいところですが、レギュラー扱いでなく、石井や若手を含めた競争でレギュラーを決めて欲しいですね。

また、アレックスですが、年齢と守備面がネックになったようです。来年から新球場で両翼が広くなることを考えると致し方ないと思いますが、それなら今年みたいにアレックスに固執することなく(若手も含めた)他の選手も起用して欲しかった気がします。打つ方は3割をクリアしましたが、勝負どころでのゲッツーも多く、また年齢的に上積みが期待しづらいことも考慮されたのでしょう。ただ、アレックスは打つ・守るだけでなく、外国人選手の中のまとめ役のような役割もあったようなので、彼がいなくなった場合の他の選手の精神的ケアなどがうまくいくかどうか心配ですね。まあ、監督が外国人なのでその辺は大丈夫と思いたいですが。

アレックスは今年の成績なら他のチームが狙うかもしれませんね。ウッズ、ズレータ、フェルナンデス、ラロッカなど去就の注目される外国人が多いですが、守備位置的にも有利かと思います。ただ、移籍するならパリーグ希望です。

アレックスがいなくなると、森笠を含め、外野手が1軍枠で1.5、レギュラー枠で1空きます。岩本を含めた若手外野手陣に取ってもチャンスですね。ここに緒方・前田も加わり、今年以上の外野大戦争を繰り広げて欲しいですね。来年の布陣についても後日考えてみたいと思います。

更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.12.01 Mon l 記事ネタ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。