レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて 2008年11月

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

2008年を振り返って 2 東出輝裕


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
2008年の振り返り 個人編。今回は東出輝裕選手。

これまでの記録です。

00-田中彰
0-井生崇光
1-前田智徳
2-東出輝裕

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------


1980年8月21日生まれ、28歳 1998年(1位)
敦賀気比→広島

FA取得年に3割をクリア。キャリアハイとなる成績をあげた東出選手。新井と同期ではありますが、彼のようにタイトルを取った訳でもなく、苦しい時代の方が長かった訳なので、これでFA流出となると新井よりもダメージが大きかったと思いますが、ファンの念願がかない、残留の運びとなりました。YouTubeでもアップされている特集でのコメントのように彼独特の考え方ではありますが、カープで優勝を日本一を狙うことを目標にこれからも頑張ってくれるということでFA行使ではない点が少し気になりますが、彼の言葉を信じて来年以降も応援したいと思います。

98年に二岡に振られた後のドラフト1位で入団。高校時代はショートとピッチャー兼任として、その身体能力を武器に甲子園で活躍し、入団1年目から前年引退した正田耕三の後継セカンドとして1軍定着し、翌年からショートにコンバート。これが躓きの最初でした。もともと、スローイングに難があったため、エラー連発。2000年、2001年と連続してリーグ失策王となり、その後、出番も減ってきました。前山本政権では半ばほされ気味でしたが、ブラウン監督就任後、外野を守ったこともありましたがセカンドに定着、完全復活となり、今に至っています。特筆すべきは、松坂世代で最速のFA取得であること。高卒野手が軒並み期待外れに終わった中、着実に力を付けていった証明だと思います。

さて、今年の成績ですが、3割を打ったのが初めてというのも意外でしたが、一時期、内川と首位打者争いをしてたことを考えると、最終的に栗原にも抜かれたのは不満です。終盤に怪我をした影響もあるかと思いますが、来年は最後まで頑張って欲しいです。ただ、彼の場合は、若い内野陣のリーダとして欠くことのできない存在となっており、来年、石井が加入することですし、石井からも良いところを盗み、更にリーダとして成長して欲しいですね。成績で言うと、盗塁が少ないのが気になります。打順が当初固定されなかったのもありますが、来年は最低でも30以上は走って欲しいですね。

また、ここに記録としては出てきませんが、あの衝撃的が守備範囲の広さ。何度も投手陣は彼の守備に助けられていると思います。

1軍:138試合 打率.310 本塁打0 打点31 盗塁13
2軍:-

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

以下、対戦チーム別に見て行きます(データは、Yahooスポーツより)。

相性の良い悪いがはっきりと分かれましたね。なぜか、巨人・中日戦で3割クリア。中日戦では.364も打ってます。一方で、横浜・ヤクルト戦では、.247、.265と不振です。チーム防御率などを見ると逆の結果が出てもおかしくないと思うのですが不思議なところです。

交流戦は、絶好調で突入しましたからね。確か、交流戦での首位打者までもう一歩(2位?)だったと思います。ロッテ戦以外は、衝撃の4割超え。もう少しロッテ戦で打っていればという感じです。苦手の交流戦をクリアしたのは若手の活躍もありましたが、東出の活躍も大きかったようですね。

◆リーグ戦(.293)
     打率 打数 安 本 打点 三 四 死
巨人   .315 92 29 0  7 10 3 0
ヤクルト .265 83 22 0  4  9 1 1
横浜   .247 93 23 0  5  8 3 0
中日   .364 88 32 0  6 10 3 0
阪神   .275 80 22 0  4 14 7 0

◆交流戦(.395)
        打率 打数 安 本 打点 三 四 死
西武     .467 15  7 0  0  3 1 0
日本ハム  .400 15  6 0  1  2 2 0
ロッテ    .143 14  2 0  0  2 1 0
オリックス  .467 15  7 0  3  0 1 1
ソフトバンク .455 11  5 0  1  2 1 0
楽天     .438 16  7 0  0  3 1 0

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

カウント別成績ですが、打者有利と言われているカウントでの打率が非常に良くなっています。ただ、この内、0-2、1-3の成績は良いのですが、打数が1桁と少ないためあまり参考になりません。その中で、0-1、1-1からの成績は打数も43、63とそれなりの数があり、その中での4割、5割超えというのは評価できると思います。2-1から打ったのが打数としては最も多く、119となっています。ここでも3割打ってますね。

◆カウント別成績
0-0 .282
0-1 .535(43)
0-2 .444(9)
0-3  -
1-0 .235
1-1 .413(63)
1-2 .359
1-3 .429(7)
2-0 .083
2-1 .319(119)
2-2 .213
2-3 .250

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

左右投手別は、右投手の方が良くなってますね。あまり左は苦にしてないと思いますが。

ランナー別では、所謂、「得点圏」打率が.311ですが、トータル打率と変わらんですね。また、打順の関係か、圧倒的に「ランナー無し」の打数が多いため(371、他の場面のトータルが151)、参考程度と言うことで。

◆左右投手別成績
右投 .324
左投 .276

◆塁状況別成績
ランナー 打率
なし   .315(371)
一塁   .276
一二塁 .100
一三塁 .438
二塁   .333
二三塁 .167
三塁   .500
満塁   .125



今年、最後までCS進出を争いましたが、東出の覚醒なしではこの成績はなかったと思います。リードオフマンとしての活躍、そして内野のリーダとしての存在感。残留が決まった時の、天谷、栗原のブログでの取り上げ方を見ても、その影響力は今のカープに無くてはならない存在となっています。今年、個人として、それなりに満足できる成績を残しましたが、まだ実質1年目です。また、これからはリーダとしてこれまで以上に難しい役割を担う必要があり、彼の出来、彼の動きによってチームの成績が決まると言っても過言ではありません。今年の成績はひとまず忘れて、また一から頑張って欲しいです。また、カープを引っ張って行って欲しいです。

2008実績 ★★★★☆
2009期待 ★★★★★★★


更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
スポンサーサイト
2008.11.30 Sun l カープ2008 l コメント (0) トラックバック (0) l top

記事ネタ 移籍市場その後


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
移籍市場もまずは最初のヤマが過ぎましたね。

三浦残留!ファンの熱い声で最終決断…30日会見で正式表明

30日に報告と言ってたので、デイリーの飛ばし記事かと思いましたが、報知も流しましたね。阪神サイドから見れば「何で?」というような残留宣言です。ただ、いろいろなブログを見ると、阪神ファンも概ね好意的に受け止めているようで、「虎の番長」などと騒いでいたのは関西のスポーツ紙だけだったということかもしれません。まあ、確かにいくら実績のある投手とは言え、34歳の投手に3年や4年の複数年で10億円近い年俸を提示となるとファンとしても複雑な心境ですよね。ここから川上に方針転換など無いように祈るのみです。野口の流出が確実なので、今度は同じベイの相川獲得に走る可能性はあるかも・・・

<中村紀洋>FAで楽天入り表明

ノリは順当に楽天に決まったようです。この結果、というかFA宣言自体を受けてのドラファンの意見も賛否両論です。名古屋では、ローカルニュースでFA権取得時のノリのコメント「興味無い。中日に骨を埋める」を流し、「裏切りもの」「昔のノリに戻った」と非難する一方で、中日スタメンの中で貢献度・実績が上位にも関わらず、年俸が最も安いことに対する同情心と、「この2年安い年俸で良くやってくれた!日本一もみれたし。」という感謝心を持つファンの気持ちが入り乱れ、複雑な雰囲気です。まあこの件の是非に関しては、ほとぼりが冷めてから書くことにしますが、とりあえず巨人や阪神でなくて良かったと言う気持ちはあります。あと、川上、ウッズに続くノリの流出は落合にとって想定範囲なのか、また選手層の厚さでカバーできる範囲なのかがCS進出のライバルチーム故に気になるところです。常識的に見ると、かなりの戦力ダウンですよね。

と、ここまで書いたところでこのような記事を見つけました。

<中村紀洋>「気持ちは残りたかった」

複数年契約が認められなかったのが大きかったようですね。2年前のことがあっただけに「残りたかった」という気持ちがあったということにほっとしています。まあ、どこまで信用できるかわかりませんが。

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------


金融不安が直撃!…着かない“メジャーストーブ”
川上、上原は球速落ちた? 米大リーグ評価

大リーグ組が決まりませんね。決まったのはアマの田澤君くらい。他の記事でも見ましたが、日本とは異なり今年のメジャーはFA選手が大豊作みたいですね。そのため、例年より小粒な日本選手まで回ってこないとか。川上、上原も2、3年前であればもっと評価も高かったのだと思うのですが、彼ら自身の故障・不調に加え、昨年大挙して渡米した日本人メジャーリーガーの失敗(?)により日本人バブルもはじけたようで、おまけに円高・・・気の毒です。それでもこの2人には複数チームが興味を示しているようで、国内移籍というのはなさそうですが、まだオファーの無い相川とかは厳しいでしょうね。建さんはどうなるのでしょうか?国内移籍だけは勘弁して欲しいですね。

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

虎のウィリアムス流出危機…三浦に踊らされている間に
阪神からFA野口12・1横浜と2度目交渉

三浦に頑張っている間に選手流出の危機だそうです。まあ、ウィリアムスについては夕刊フジなので飛ばしっぽいですが、野口は流出濃厚みたいですね。使える捕手が矢野だけに野口を抜かれると非常に痛いのではないかと思います。まあ、他のチームのことはどうでも良いですが、捕手については、来年以降、倉、石原のFA問題もあるので、広島も真剣に育てていかないといけないですからね。

最後に良い話を。

ルイスが正式契約 1億4300万円、外国人史上最高

待たされましたが、ようやく決まりました。できれば複数年契約して欲しかったですが、それは来年の今頃に鈴木本部長に頑張ってもらいましょう。来年は、今年同様、複数年契約にしたくなるような成績を残して欲しいですね。


更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.30 Sun l 記事ネタ l コメント (0) トラックバック (0) l top

2008年を振り返って 1 前田智徳


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
2008年の振り返り 個人編。第3弾は前田選手です。

1971年6月14日生まれ、37歳 1989年(4位)
熊本工業→広島

1軍:84試合 打率.270 本塁打4 打点29 盗塁0
2軍:-

今年は不本意なシーズンだったと思います。レギュラーを取って以降、怪我以外でベンチを温めたことは無かったと思います。市民球場最後の年、本人も思うところがあったと思うのですが、チーム方針により特に後半は代打中心の起用となりました。

他球団のファンも一目置く選手で、ファンが多く、前田の起用方法を理由にブラウンを酷評する人も多かったようですが、これについてはある程度仕方がないと思います。ただ、チャンスを与えられた赤松・天谷が十分な成績を残せなかったので歯がゆいものがあったと思います。打撃成績だけ見ると、彼らを使うよりも高い成績を残せたことは間違いないでしょう。ただ、09年からの新球場に向けた準備として必要であったことは間違いありません。

前述のように、衰えてレギュラーを奪われた訳ではありませんし、まだまだ老けこむ年齢でもないでしょう。今一度、レギュラーを奪い返すつもりで新球場元年の09年も頑張って欲しいです。

以下、対戦チーム別に見て行きます(データは、Yahooスポーツより)。

今年のような使われ方をしながらもそこそこの成績を残せるのはさすがだと思います。ずっとスタメンで使っていれば、3割もクリアしたんでしょうね。特筆すべきは代打成功率の高さ。数字は忘れましたが、確か3割7分くらい?(もし、データがある人いましたら教えてください)代打は向いてないと思っていましたが(確かに向いてないのは事実ですが)、しっかりと合わせて来た印象があります。

チーム別では、やはり投手力の良い、巨人・中日戦での成績が悪くなっています。他は貫禄の3割クリア。交流戦は打数が少ないこともあり、参考にならないかもしれませんが、ここ2年の交流戦での酷い成績に比べると改善されていると思います。

◆リーグ戦(.276)
      打率 打数 安 本 打点 三 四 死  
巨人   .185   27   5  2  4    3   0  1
ヤクルト .300   20   6  0  3    3   1  0
横浜   .308   26   8  0  2    6   3  1
中日   .261   23   6  1  4    5   2  0
阪神   .333   27   9  0  5    5   1  0

◆交流戦(.254)
       打率 打数 安 本 打点  三 四 死
西武     .600  5  3 0  1  0  0 0
日本ハム  .167  6   1 0  0   0  0 0
ロッテ    .250 12  3 1  5   0  0 0
オリックス  .000  8  0 0  0   0  0 0
ソフトバンク .400  10  4 0  3   0  1 0
楽天     .200  10  2 0  2   2  0 0


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

次にカウント別成績です。いずれも打数が少ないため参考程度なのですが、過去の前田のすごさは、追い込まれてからの打率に表れていたと思いますが、今年はその傾向が出ていません。代打になってから、(タマスジを見るためか)全くバットを振らずに追い込まれているシーンを良く見ましたが、打席での考え方が変わってきたのかもしれません。その代わり、初球打ちの打率が高いようですね。タマスジを見てたということとは矛盾するのですが、初球を打ちに行くほど甘い球だったということかもしれませんね。

◆カウント別成績
カウント 打率
0-0   .368
0-1   .269
0-2   1.000
0-3    -
1-0   .222
1-1   .269
1-2   .222
1-3   .500
2-0   .000
2-1   .233
2-2   .258
2-3   .267

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

続いて、左右別成績とランナー別成績です。左右別成績は、さすがというか・・・左を全く苦にしていません。前田に限ってはブラウンもあまりこだわってないとは思いますが、左投手相手でもガンガン出して欲しいですね。今年のチーム成績で、左投手相手が良くないのは、前田がスタメンで使われなかった影響もあるかもしれません。ただ、右投手相手が悪すぎ・・・

ランナー別は・・・これを見ても良く判りませんね。満塁の成績は良くないですが、比較的、ランナーがいるときにも打ってる・・・か?気がついたのは、1塁にランナーがいる時の成績が良いこと。1-2塁間のゴロが多く、1塁にランナーがいる際は、1-2塁間が広く開いているのでということかもしれませんが、全くの推測です。そこまでのデータはございません。

◆左右投手別成績
右投 .244
左投 .359

◆塁状況別成績
ランナー 打率
なし    .226
一塁    .344
一二塁  .238
一三塁  .353
二塁    .300
二三塁  1.000
三塁    .250
満塁    .000


幸いにも、来年も現役を続けてくれることが決定しました。現在の年俸は大きくダウンすると思いますが、それを踏まえた上での現役続行だと思います。思えば、開幕前の熊本のローカル番組で「今年が最後」という発言をしたようにネット上では騒がれてましたし、今年のような使われ方ではモチベーションの維持が出来ないのではないかと思っていましたが、彼なりにチームへ貢献する道を選んだのかもしれません。それは、「前田」らしくないという人もいるかもしれませんが、「前田らしい」というのも、ファンが勝手に思い描いている偶像のような気がしますので、彼の選んだ道、類まれな才能を持ちながら怪我に泣かされた最高の選手の残り少ない現役生活を楽しませてもらいたいと思います。

できれば、あと1年。フル出場して、力が衰えてないことを示して欲しいです。無理なお願いかもしれませんが。ただ、新球場でのあの守備は怖すぎますねw。石井の加入も良い方向に作用するといいですね。


更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.29 Sat l カープ2008 l コメント (0) トラックバック (0) l top

チーム別対戦成績検証 巨人編


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
こんばんは。

今回は、チーム別成績検証、巨人編です。

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

今でも巨人戦は特別ですね。どうしても負けたくない気持ちが強いし、勝つと他のチームに勝ったときよりうれしいです。最近、阪神戦で同様の気持ちが芽生えてますが、同じ気持ちの人も多いと思います。

ラミレス、クルーン、グライシンガーを補強し、圧倒的な優勝候補の巨人でしたが、カープ戦では冴えなかったですね。あり得ないミスが出たりして、勝たせてもらった試合も多いと思います。これまで今の選手は巨人に対して良くない印象を持ってるんじゃないかと感じたことがありましたが、今年はノビノビやってて、巨人とは戦いやすいというイメージを持てるようになったんじゃないかと思います。CSを争っていた頃、2位が巨人なら楽勝!!と思ってましたしw。若い選手も多いので、来年以降もこの気持ちで戦って欲しいですね。

対戦成績を見ると、。とにかくヤクルト、横浜で稼いでますよね。この両チームからトータル25の貯金。これだけで優勝だよ。まったく。一方で、上位3チームには苦戦。途中までは、上位3チームには負け越してました。阪神相手にあがりの7試合で7連勝と一気に対戦成績をひっくり返しましたが、優勝にケチをつけられる理由のひとつだと思います。

カープは見事に勝ち越し。巨人が連勝中に対戦した最後の4連戦が危なかったですが、あそこで得た、1勝1分が大きかったです。実際に対戦すると大したことは無かった気がするのですが、あの勢いをなんとか止めたのは立派だったと思います。

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

■対戦成績(巨人から見た成績)(Yahooから引用)
 対広島 10-12-2
 対阪神 14-10-0
 対中日 10-14-0
 対ヤクルト 18-6-0・・・ありえんでしょ。この数字。
 対横浜 18-5-1・・・ありえんでしょ。これも。

■広島成績(打率、防御率の()内の数字はシーズン通算成績)
打率     防御率
.268(.271)  3.60(3.78)
得点 失点 安打 本塁打 三振 四死球 盗塁 失策 
94   99  221   20    173   52   14   19  

■巨人成績(打率、防御率の()内の数字はシーズン通算成績)
打率     防御率
.264(.266)  3.61(3.37)
得点 失点 安打 本塁打 三振 四死球 盗塁 失策
99  94   216   27   157   72   13   16

打率・防御率はほぼ互角。得点・失点もほぼ同じような数字になっています。違いが目立つのは、三振と四死球の差でしょうか。四死球が少ないが、三振も少ないという数字が出ていたはずですが、巨人投手陣からは結構三振とられてますね。対戦チーム別でみると最も多いです。

この数字だけみると、「なぜ勝ち越した?」という気もしますが、たまたま・・・なのかなぁ?ただ、「ここぞ」という時に、タイムリーを打ち、守り切ったカープとミスが続出した巨人の差がこういう結果になったのだと思います。

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

■全試合結果
4月18日(金) ● 1 - 5 (結果) vs. 巨人 18:00 広島
4月19日(土) ○ 1 - 0 (結果) vs. 巨人 14:00 広島・・・建さん完封
4月20日(日) ○ 5 - 4 (結果) vs. 巨人 18:00 広島
4月29日(火) ● 2 - 3 (結果) vs. 巨人 18:00 東京ドーム
4月30日(水) ○ 4 - 3 (結果) vs. 巨人 18:00 東京ドーム
5月1日(木) ○ 6 - 0 (結果) vs. 巨人 18:00 東京ドーム・・・ルイス完封
5月16日(金) ○ 7 - 1 (結果) vs. 巨人 18:00 東京ドーム
5月17日(土) ○ 8 - 5 (結果) vs. 巨人 18:00 東京ドーム
5月18日(日) ● 3 - 6 (結果) vs. 巨人 18:00 東京ドーム ・・・ルイスが初回4失点
6月27日(金) ○ 6 - 1 (結果) vs. 巨人 18:00 広島
6月28日(土) 3 - 3 (結果) vs. 巨人 14:00 広島
6月29日(日) ● 1 - 6 (結果) vs. 巨人 13:30 広島 ・・・永川がラミレスに満塁弾被弾
7月28日(月) ○ 6 - 4 (結果) vs. 巨人 18:00 広島
7月29日(火) ● 2 - 6 (結果) vs. 巨人 18:00 広島
8月15日(金) ○ 5 - 4 (結果) vs. 巨人 18:00 東京ドーム
8月16日(土) ● 1 - 4 (結果) vs. 巨人 18:00 東京ドーム
8月17日(日) ○ 5 - 3 (結果) vs. 巨人 18:00 東京ドーム
9月2日(火) ○ 5 - 2 (結果) vs. 巨人 18:00 京セラドーム
9月3日(水) ● 9 - 10 (結果) vs. 巨人 18:00 京セラドーム
9月4日(木) ● 2 - 6 (結果) vs. 巨人 18:00 松山
9月22日(月) ● 1 - 9 (結果) vs. 巨人 18:00 広島
9月23日(火) 4 - 4 (結果) vs. 巨人 14:00 広島
9月24日(水) ● 2 - 6 (結果) vs. 巨人 18:00 広島
9月25日(木) ○ 5 - 4 (結果) vs. 巨人 18:00 広島


9月3日の試合もそうですが、負け試合でも結構良い内容のものが多い気がしてます。終盤まで互角に戦って、突き放されたり、引き離されても追いついたり。今シーズンの内容を振り返ってみても、巨人アレルギーってのは無くなったのかなぁ・・・と思います。

巨人の巨大戦力が整う前に勝っただけ・・・という意見もあるかもしれません。確かに、巨人の調子が上がってきた終盤の4連敗は残念でしたが、これらの試合も9月22日を除けば、互角の試合も多く、そう悲観するものではないと思います。来年も、恐れるに足らず!

個人成績は以下の通りです。

◆主力打者成績(広島)
 東出 .315 0本 7打点
 栗原 .287 4本 21打点(対戦チーム別では最高打点)
 梵 .161 0本 1打点
 シーボル .333 4本 11打点
 石原 .234 1本 5打点
 赤松 .263 3本 5打点
 アレックス .347 1本 15打点
 天谷 .204 0本 0打点
 嶋 .316 2本 5打点
 小窪 .259 1本 3打点
 前田 .185 2本 4打点

シーボル、アレックス、嶋、東出の成績が良いですね。30日に去就が確定する両外国人ですが、このような成績を見ると、リリースは残念な気がします。まあ、来年も同等以上の成績を残せるとは限らない訳ですが。栗原は打率が若干落ちますが、打点が対戦チーム別で最高値とチャンスに結果を残しているようです。ちなみに、栗原は巨人戦・中日戦で3割打ってません。来年は全チーム相手に3割打って欲しいですね。そうすることで打点も増えるのではないでしょうか。

◆主力投手成績(広島)
 ルイス 3勝1敗 防御率2.31
 宮崎 登板なし
 大竹  0勝3敗 防御率4.73
 前田(健) 2勝0敗 防御率2.70
 高橋 3勝0敗 防御率2.68
 篠田 0勝1敗 防御率3.94
 斎藤 0勝0敗 防御率6.00
 大島 0勝0敗 防御率0.00
 青木(高) 0勝1敗 防御率3.38
 長谷川 0勝0敗 防御率3.00
 上野 0勝0敗2H  防御率6.48
 梅津 0勝1敗3H1S 防御率3.48
 シュルツ 2勝0敗1H 防御率3.38
 ブラウワ 0勝0敗3H 防御率3.60
 横山 0勝0敗2H  防御率3.86
 永川 2勝1敗0H5S 防御率4.15

先発投手陣が比較的良い成績です。特に、ルイス、高橋、マエケンですね。高橋は後半崩れましたが、前半の貯金のせいか防御率も良い結果となっています。まだ移籍先が決まってないですが、高橋が抜けるのは大きいですね。マエケン、ルイスは素晴らしいですね。ルイスの1敗も初回に4失点した試合で、この試合も2回以降、完璧に抑えたことを考えると、ほとんど崩されてないと思います。大竹は、中日戦と同様、残念な内容です。来年、建さんが抜けることを考えると大竹もしっかりと巨人戦で結果を残して欲しいものです。他では、篠田、斎藤。数字は良くないですが、イニング数が少なく、実際の内容はそう悲観するほどのものではありません。彼ら二人が建さんの分まで巨人戦で活躍してくれれば、来年の勝ち越しも現実のものになることでしょう。

中継ぎ・抑えは全体的に悪いですね。巨人戦が最も悪い人が多いようです。後半に結構打ちこまれたのでしょうか?永川もラミレスの満塁ホームランもあり、防御率が良くないですね。まあ、中継ぎ・抑えの場合、1試合で崩れると、そのまま結果に反映されるのでこれだけで評価するのは難しいですが。

◆主力打者成績(巨人)
 木村 .348 1本 5打点
 小笠原 .333 7本 16打点
 ラミレス .250 7本 18打点
 谷 .314 2本 8打点
 阿部 .267 4本 7打点
 鈴木 .255 0本 3打点
 脇谷 .222 0本 0打点
 高橋 .174 1本 6打点
 李承ヨプ .292 0本 4打点
 亀井 .273 2本 7打点
 古城 .211 1本 3打点
 坂本 .287 0本 3打点

キムタク、小笠原、谷が打ってます。意外だったのは、ラミレスの打率が意外と低いことですね。勝ち越した要因のひとつかもしれませんね。ただ、打点は多い・・・年間通して不調でしたが、阿部、高橋などの生え抜きをしっかりと抑えることができたのも大きいと思います。来年は、ラミレス同様、坂本、小笠原をしっかりと抑えて欲しいですね。それができれば、巨人の得点力も半減すると思います。

◆主力投手成績(巨人)
 上原 0勝1敗1S 防御率4.50
 高橋 3勝1敗 防御率2.55
 内海 1勝0敗 防御率1.80
 グライシンガー 1勝3敗 防御率4.88
 木佐貫 0勝3敗 防御率5.57
 バーンサイド 登板なし
 東野 1勝0敗 防御率2.20
 石川 0勝0敗 防御率0.00
 越智 1勝0敗2H 防御率1.35
 山口 1勝0敗4H 防御率2.70
 西村 1勝0敗2H 防御率2.45
 豊田 1勝0敗4H 防御率2.00
 クルーン 0勝0敗1H3S 防御率5.14

まず先発投手。右は打ちこみ、左は全く打てず。以上w
しかし、極端ですね。左が打てないのは巨人戦だけではないですが、グライシンガーを含めた右投手はボコボコにしてます。昨年、グライシンガーには抑えられた記憶がありますので、来年どちらの目が出るか。苦手意識は消えたと思いますので、来年もしっかり打ちこんで欲しいです。左投手をなぜ打てないんでしょうね。今年、高橋は決して良くなかったはず(防御率4.13)。にもかかわらず、この成績。内海は2試合10イニングの成績なのでなんとも言えないですが、まあ、多くなっても一緒でしょうね。巨人戦に限らず、とにかく左投手対策は優勝を狙うためには必要不可欠です。

中継ぎ・抑え投手は全く打ててません(クルーンを除く)。終盤勝負に持ち込んで勝ちきれなかったのもこの辺に要因があるのでしょう。今年、大ブレークした山口、越智、東野にも抑えられてますね。プラス西村。西村に抑えられると、他の投手に抑えられる以上につらいので、打ちこんで欲しい投手です。いずれにしろ、来年、中継ぎ・抑えの結果が巨人と広島で逆になるよう、打撃陣の奮起を望みます!

■総評
派手なFAの陰に隠れて、こっそりと育ってきた巨人の若手選手。カープも若いですが、彼らの成長もあなどれません。特に投手陣については、来年、しっかりと叩いておかないと、これから何年も苦しめられることになります。幸い、今年の結果により、カープの若手選手には巨人に対する苦手意識もないと思いますので、打者では、坂本・小笠原(FAですが)、投手では山口、越智、プラス左投手への対策をしっかりとし、来年は確実に抑える+攻略して欲しいです。カープ側の期待の選手としては、投手陣が斎藤、篠田。2人で高橋の分を穴埋めして欲しいし、できると思います。あとは、大竹。エースは苦手チームを作ってはいけません。打撃陣では、栗原、赤松、そして契約更新すれば両外国人。とにかく、来年もこの巨大戦力をたたきつぶして、カープファンの溜飲を下げてください。

総評というよりも、来年への期待となってしまいました。今年の結果としては、満足できるものだったと思います。


更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.29 Sat l カープ2008 l コメント (0) トラックバック (0) l top

2008年を振り返って 0 井生崇光


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
2008年の振り返り 個人編。第2弾は井生選手。

1981年3月12日生まれ、27歳 1998年(2位)
東筑高→広島

1軍: 0試合 打率.000 本塁打0 打点0  盗塁0
2軍:54試合 打率.300 本塁打4 打点17 盗塁0

昨年、ユーティリティプレイヤーとして重宝された井生選手ですが、今年はまさかの1軍試合出場なし。木村に代わるユーティリティプレイヤーとして2006年はキャッチャーまで経験、2007年は、高い代打成功率を残した井生選手ですが、今年は残念な結果に終わりました。

2005年に初安打を放ってから37安打、15安打と確実に一軍での実績を残してきましたが、今年は新戦力に押され、存在感をアピールできませんでした。俊足巧打のユーティリティプレイヤーは、今のカープでは、似たタイプが多く、年齢的なものもあり、いよいよ後が無くなってきました。ウエスタンリーグでは、外野、DHなどでコンスタントに試合に出ていましたが、フェニックスリーグには派遣されず、岩本が加入する来年以降の使われ方は不明です。外野一本に絞った場合、タイプ的に赤松、天谷がライバルとなるのでしょうか?また、右打ちであることを考えると廣瀬あたりもかぶるかもしれません。

当たり年であったドラフトの同期(下記参照)も、今年森笠が去り、広島に残るのは3人(東出、広池、井生)になってしまいました。その東出は、今年ベストナインに選ばれ欠くことのできない選手となりました。大きく水をあけられた東出の差を少しでも詰めて、是非とも存在感を示して欲しいものです。

1位:東出輝裕
2位:井生崇光
3位:矢野修平
4位:森笠繁
5位:小山田保裕
6位:新井貴浩
7位:酒井大輔
8位:広池浩司

2008実績 ☆☆☆☆☆
2009期待 ★★★☆☆

更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.26 Wed l カープ2008 l コメント (0) トラックバック (0) l top

2008年を振り返って 00 田中彰


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
新しいコーナーです。2008年の振り返り 個人編。
各人の成績を振り返って、今年の満足度と来年への期待度について書いてみたいと思います。

一応、背番号順ということで始めたいと思いますが、途中で変わるかもしれません。その際は、ご容赦ください。

まず、第1弾は、田中彰(00)選手。

1982年10月23日生まれ、26歳 2004年(5巡目)
創価高(甲)-法大-オリックス→広島(2008)

1軍: 1試合 打率.000 本塁打0 打点0 盗塁0
2軍:23試合 打率.303 本塁打0 打点9 盗塁0


今年の7月、山崎選手との交換トレードでオリックスから移籍してきました。いきなり1軍に登録され、代打登場、センターフライに終わりましたが、期待を持たせる内容でした。結局、1軍での結果は、この1打席のみ。

一向に埋まらないサードのバックアップとしての獲得と思える、大型三塁手。これまでオリックスでも1軍での実績は皆無に等しいですが、2軍ではそれなりに使われたようで、期待の大きさが伺えます。ただ、今年、2軍でもホームランが0なんですよね。2006年には、2軍ではありますが、7本塁打という記録もあるので、自分の持ち味である長打力を発揮し、首脳陣にアピールして欲しいです。

アマチュア時代の成績ですが、4年生まではぱっとした成績は残せなかったのですが、4年の秋にそれまで田淵が持っていたシーズン本塁打記録を破る7本塁打を放ち、注目を浴びました

背番号も00で、期待も大きいと思いますが来年で大卒の5年目、また、今年解雇された甲斐選手と同じ年ということもあり、来年1軍に昇格できないようだと、厳しい状況になると思います。サードはカープの弱点ではありますが、狙っている選手は多く、先日、石井も加入してきて、ライバルも多いです。長打力のある右打者という、他の選手にはない長所を持っているので、来年はしっかりと成績を残して欲しいです。新井タイプの三塁手は彼しかいません。目指せ、ポスト新井!頑張れ田中!

2008実績 ★☆☆☆☆
2009期待 ★★★★☆


更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.25 Tue l カープ2008 l コメント (3) トラックバック (0) l top

つれづれ 補強と育成(4)


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
補強と育成について第4回です。
既にくじけてますが、細々と続けていきます。

とりあえず、前回分はこちら。

今回は、中日の投手陣から再開です。

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

■中日
川上 憲伸 D1(大)
岩瀬 仁紀 D2(社)
朝倉 健太 D1(高)
佐藤 充 D4(社)
川井 進 D4(大社)
中里 篤史 D2(高)
吉見 一起 D希(社)
中田 賢一 D2(大)
チェン 外
平井 正史 移
山本昌 D5(高)
齊藤 信介 D6(大社)
浅尾 拓也 D3(大)
小笠原 孝 D3(大)
ネルソン 外
清水 昭信 D6(大)
高橋 聡文 D8(高)
長峰 昌司 D5(高)
小林 正人 D6(大)

FA・・・0名
移籍・・・1名
外国人・・・2名
大社・・・11名
高卒・・・5名

イニング数が少ないため、鈴木(大)、山内(大)、山井(大社)は削除しています。

FA選手はいませんが、バランスが良いですね。即戦力の大学・社会人選手が多いは多いですが、高卒投手もしっかりと育てています。目立つのがドラフト下位指名の選手。4位以下で立派に戦力になっている選手が多い気がします。これはスカウトの目が確かなのか、2軍の育成がしっかりと機能しているのか。いずれにしろ、素晴らしいことだと思います。

調べていて思ったのですが、1993年以降、2000年まで、逆指名の選手の入団が少ないように感じました。目立つところで川上、福留くらいでしょうか?1、2位で高卒(高卒の逆指名はないですよね?)を指名している年も多いですし、巨人やソフトバンクに比べると、逆指名制度の恩恵は受けてない気がします。自由枠に至っては、2004年の樋口(退団)を除いて、行使しておりません。広島と同様、地方球団のため、これらのドラフト制度の恩恵はあまりなかったのかもしれませんね。広島と比べると失礼ですかね。

昨年、FAでとった和田の補償選手として岡本が移籍しました。岡本がリストから外れたことに衝撃を受けたのですが、2008年を見ても、大きな中継ぎの穴は見えませんでした(ファンの方からみたらそうではなかったかもしれませんが)、投手陣全体を見ても、朝倉、中田、山井の誤算はあったものの、しっかりとそれを補う選手が出てきており、選手層の厚さを感じます。

地元の選手もしっかりと指名(岩瀬、朝倉、堂上、浅尾)した上で、中央球界では無名の他地方の選手も指名し、しっかりと育成し戦力にする。優れたスカウト力とドラフト戦略+育成力がないとできませんよね。打線でのFA補強など、指摘する人も多いですが、育成の面からみると、素晴らしい実績を残していると思います。

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

続いて広島です。

■広島
ルイス 外
篠田 純平 D1(大)
宮崎 充登 D希(社)
大竹 寛 D1(高)
前田 健太 D1(高)
上野 弘文 D3(社)
永川 勝浩 D自(大)
齊藤 悠葵 D3(高)
高橋 建 D4(大社)
横山 竜士 D5(高)
コズロースキー 外
梅津 智弘 D6(大)
長谷川 昌幸 D1(高)
大島 崇行 D3(高)
青木 高広 D4(社)
岸本 秀樹 移
シュルツ 外
ブラウワー 外

FA・・・0名
移籍・・・1名
外国人・・・4名
大社・・・7名
高卒・・・6名

イニングが少ないため、広池(大社)、青木勇(移)、牧野(移)、森(大)、林(高)は抜けてます。

希望枠、自由枠の少ないこと・・・これがドラフト制度の弊害を受けているカープの現状なんでしょうね。希望枠、自由枠共に使用実績は、各1名(永川、宮崎)のみ。カープじゃあ、裏●を出せないのと、地方球団に好んで来てくれる人は少ないってことなんでしょうね。93年から2000年までも逆指名ってのがありましたが、ここでも、逆指名してくれる選手が少なく、1、2位で高校生を指名していることが多いのが悲しいです。この時期に入団してくれた、山内、沢崎、黒田には今更ながら感謝感謝ですね。

と、話がずれましたが、上記のようなドラフトの事情はあるものの、高卒選手が多いですね。もちろん、分母が多いので、確率的には???ということで、「育成が得意」というのには御幣があるわけですが、一定の成果を出しているのも事実です。特に、ここ数年では、大竹・大島・斎藤・前田(健)、今井、相澤など、楽しみな若手投手も多く、一時のつぶしまくる時代から変わってきたかもしれません。できれば、この楽しみな若手の中に、佐藤も入れたいですが。頑張れ!佐藤。

FA選手なども少し獲ってくれれば全体のバランスも良いのですが、球団方針ですからね。今年は少し変わりつつあるので、期待しながら見てみたいです。ヤクルトが相川を狙っているそうで、実現すれば、ヤクルトのFA補強も初めてみたいですね。見習って欲しいです。

投手陣に関しては、前述のように中日が結果を出しています。これを目指して、しっかりと育成ベースで投手王国を作り上げて欲しいです。



更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.25 Tue l つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top

記事ネタ WBCと新ユニフォーム


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
毎日の更新は難しいですね。なんとかできる範囲で続けていきます。
もし、更新を期待している方がいらっしゃいましたら気長にお待ちください。

コメントなど入れていただくと、更新頻度が上がるかもw

まずは、WBCについて、

永川ら3人が第1次候補に WBC代表

誰が選考されているのかわからないのに、辞退者ばかり報道される状況の中、ようやくカープの候補者が報道されました。栗原は以前から報道されてましたが、永川と石原の名前が挙がったのは初めてですね。なぜに東出の名前が候補のあがらないのかは不思議ですが。セカンドってそんなに層が厚かったでしたっけ?セリーグのベストナインですよ!

まあ、それはさておき、ブラウン始め、球団としてもサポートするとのことですので、最後まで選ばれれば、選手生活の中でも貴重な経験となると思いますので、ぜひ頑張って欲しいものです。

中日の選手の辞退問題については各所で報じられている他、ブログでも賛否両論ですね。いろいろな意見があると思いますが、監督問題含めてNPB側の対応の問題も大きいと思います。中日は、前回も選手派遣に後ろ向きでしたしね。オリンピックを見ると、代表選出に対して決して後ろ向きな訳ではなく、協力した球団です。WBC限定での態度なのか、あるいは、北京での星野ショックの後遺症なのかはわかりませんが、私としては、「出場を希望する」選手のみで構成すれば良いと思います。

イチローも発言していたように、WBC自体がサッカーのワールドカップとは比較するまでもなく、まだまだ課題が多く、発展途上(?)の大会です。これをワールドカップ並みの大会に育てていくのも失敗に終わらせるのも、NPBや選手の取り組み次第です(もちろん、MLBの取り組み方も変えていく必要がありますが)。選手たちも戸惑いはあるでしょうが、そういう意思を共有して欲しいものです。

#この件については、また改めて意見を書きたいです。

次はユニフォームです。

広島“新戦闘服”発表!濃紺ラインで黄金時代甦る

縦縞がとれましたね。結構良い感じです。ビジターの赤地はインパクトありますね。お客さんがユニフォームを着て、レフトスタンドに終結すると壮観です。他のブログでも見ましたが、ビジターの場合、アンダーシャツの色を変えた方が良かった気がします。ビジターとホームでアンダーシャツの色も変わるパターンって他のチームでもありましたっけ?ユニフォームに詳しい方、教えてください。

更新が滞りがちですが、今後、以下のようなネタを考えています。

■補強と育成
 いつ終わるかわかりませんが、少しずつ・・・
■思い出の選手
 以下の選手について投稿予定です。当然、変更可能性もあります・・・
 石貫、金石、川口、片岡、池谷、町田、大野
■チーム別対戦成績 巨人編
 あと、交流戦でも書きたいです
■2008年を振り返って 個人編
 各個人別に2008年を振り返ってみたいと思います

この季節、特にカープは記事ネタが少なくなるので、読んでいただけるものを書いていきたいと思います。みなさんからのリクエストがあれば、よろしくお願いします。



更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.25 Tue l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

思い出の選手(7) 紀藤真琴


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
思い出の選手のその7は、比較的新しい(?)紀藤真琴です。
つい先日まで現役だった気がします。

中京高校→広島(1983年 ドラフト3位)→中日→楽天

中京高校では3度甲子園に出場。池田高校全盛期の中、3年夏はベスト8まで進出し、念願の池田との対戦。池田・水野との息詰まる投手戦の末、1対3で敗れ、涙を飲みました。ただ、このとき、紀藤は投げておりません。紀藤の話をする際は、当時の中京のエース野中徹博の話もしないといけないですね。

野中投手(後、阪急→台湾→中日→ヤクルト)は当時の中京のエースで、全国でも屈指の投手でした。前述のように、池田高校全盛の時代でしたが、野中を擁した愛知の雄・中京は三浦擁する横浜商業とともに打倒池田の一番手として位置づけられてました。2年時の夏も池田高校が畠山(南海→大洋)を中心に快進撃していたとき、ベスト4まで進出。誰もが決勝で池田-中京戦が見られると思っていたところで、広島商業が中京を1対0で倒し、決勝に進出。野中の夢は破れました(広島商業は、決勝で池田に惨敗しました)。

という流れで、3年の夏にようやく池田と戦ったのですが、1対1の8回(?)に池田に2ランホームランを浴び、前述のように1対3で敗れました。最大の敵、中京を倒した池田がこれで夏春夏の3期連続優勝かと思った準決勝。まさかの敗退。相手は、後のKKコンビ、1年生の清原・桑田を擁するPL学園でした。うーん・・・清原も桑田も引退・・・年をとりました。

ん・・・?紀藤の話でした。甲子園に夢中になっていた頃の話なので、話題がそれました。紀藤は、中京で野中の控えとしておもに外野を守っていました。予選では良く投げていたようですが、甲子園で投げた記憶は全くありません(見てません)。ただ、ドラフト当時から「素質は野中より上」と評価されていました。事実、プロとしての実績も圧倒的に紀藤の方が上でした。

紀藤がプロ入りした当時、広島は投手王国でした。北別府、大野、川口、津田、金石、川端、長冨。1軍に入る余地もありません。いつの年か覚えてませんが、そろそろ開幕1軍大丈夫だろうと思っていたのに、その年も果たせず、2軍で投げていたのですが、その成績は圧倒的で、(数字は正確ではないのですが)7連勝。防御率1点台(1点を割った?)を記録したりしてアピールしていた気がします。それほどの力を持ってました。今年の大島もそうでしたが、1軍に挙がるためには、2軍でそれくらいのパフォーマンスを出さないとだめということでしょう。その点では、今井も相澤もまだまだです。

紀藤の1軍を阻んだのは、層の厚い1軍投手陣だけではありませんでした。彼自身怪我をすることが多く、中でも血行障害には悩まされていたようです。まだ春先の気温が低い時期の巨人とのオープン戦でユニフォームのポケットに携帯カイロを入れて力投していた姿を思い出します。

非常に強気なところがあり、血行障害には良くないフォークを持ち球としていたのですが、「(血行障害が)再発すれば、また手術すればいい」と言い放って、フォークを連投していました。切れのいいストレートとフォークが好きでした。

1軍に定着してからは、安定した成績を残しました。現役時代のピークは、1994年からの3年連続二桁勝利でしょうか。中でも1994年は、自己最高の16勝をあげ、最高勝率のタイトルもとっております。ただ、この3年間の防御率は、3.97、3.87、4.27と胸を張れる内容ではなく、当時のビッグレッドマシーンに助けられた勝ち星だったかもしれません。あと4、5年早ければ内容も伴ったものだったように思うと残念です。

その後の成績は落ちる一方で、2001年には、鶴田泰とのトレードで中日に、2004年には楽天に無償トレードで移籍し、2005年に引退し、楽天のコーチに就任しました(2008シーズン終了後、退任)。

若い頃、津田と一緒にプレーしたので、現役末期は、「投げられるうちは投げ続けたい。津田さんは、投げたくても投げられなかったのだから・・・(コメント怪しいです)」のような事を言いながら、投げていたようです。やはり、津田のそばで彼の生きざまを見た人は、大きな影響を受けているのかもしれませんね。

2005年引退 78勝73敗16S 防御率4.07 奪三振1146

投手王国を支えた貴重な投手でした。



更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.21 Fri l 思い出の選手 l コメント (2) トラックバック (0) l top

つれづれ 補強と育成(3)


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
補強と育成について第3回です。
既にくじけてますが、細々と続けていきます。

とりあえず、前回分はこちら。

前回は、開幕戦と最終戦のスタメンを中心に見てみました、スタメン以外でもします。まずは、投手やってみましょうかね。特に理由はありませんw

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------


以下に投手の出自を出してみました。前回、阪神の欄で即戦力を指名するか育成・素材型かという話が出ましたので、高卒・大卒・社会人が分かるように書いてみました。十分に確認してないので、間違いがありましたらご連絡ください。打者もこういう考察が必要ですね。選手選出に明確な基準は設けてないですが、「ある程度」今年一軍で投げた投手を上げてます。だいたい、どのチームも16~18名に収まるかと思います。重要な選手が漏れている場合は、ご連絡いただければ修正します。

■巨人
久保裕也 D自(大)
林 昌範 D7(高) ・・・トレードで日本ハムへ
上原浩治 D1(大)
豊田 清 FA
高橋尚成 D1(大社)
内海 哲也 D自(社)
金刃 憲人 D希(大)
グライシンガー FA
西村 健太朗 D2(高)
バーンサイド 外
野間口 貴彦 D自(大社)
藤田 宗一 移
木佐貫 洋 D自(大)
山口 鉄也 D育(米)
越智 大祐 D4(大)
東野 峻 D7(高)
クルーン FA

FA・・・3名
移籍・・・1名
外国人・・・1名
大社・・・9名(山口含む)
高卒・・・3名

他のチームを見ないと判りませんが、なんかバランスが良い気がしますね。

巨人ってこうしてみると、投手に関して言うと、自前で育てた投手が多い気もします。まあ、エース(グライシンガー)や抑え(クルーン)を他球団から取っておいて・・・という意見もありますが、そういう印象を受けます。ただ、「育てた」というと若干の違和感を感じるのも事実です。というのは、逆指名や自由枠を含む、「即戦力」投手が大部分を占めているからです。ここに上がっている投手で言うと、久保、上原、高橋、内海、金刃、野間口、木佐貫ってな感じですか。西村も微妙です。高卒ではありますが、2年目くらいから活躍していた気がします。「育てた」というより、即戦力型の高卒投手って感じですか?山口は育成枠での指名ではありますが、アメリカのマイナー経由で実質即戦力投手に近く、そう見ると、林(既にいないですが)、東野くらいでしょうか。「育てた」と言えそうなのは。まあ、下位で指名した高卒投手がしっかりと主力になることが素晴らしいことなんでしょうが。

今後、このテーマで書く際は、育成の定義ってのも必要かもしれませんね。高卒=育成という訳ではないし、また、逆に大卒・社会人卒で、4~5年掛かった場合はどうか・・・?など。しっかりと条件できれば、良いですが、恣意的に分類しそうな気もします。

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

続いて阪神です。

■阪神
ボーグルソン 外
渡辺 亮 D4(大社)
金村 曉 移
能見 篤史 D自(社)
安藤 優也 D自(大社)
杉山 直久 D自(大)
岩田 稔 D希(大)
藤川 球児 D1(高)
江草 仁貴 D自(大)
アッチソン 外
福原 忍 D3(大)
久保田 智之 D5(大)
橋本 健太郎 D4(大社)
上園 啓史 D3(大)
下柳 剛 移
石川 俊介 D3(大)
ウィリアムス 外
阿部 健太 移
リーソップ 外

FA・・・0名
移籍・・・3名
外国人・・・4名
大社・・・11名
高卒・・・1名

阪神は、投手陣も特徴が出てますね。FAはいないものの、移籍選手が3名で外国人が4名。ドラフト指名選手は、1名の高卒(藤川)を除き、あとは全て大卒・社会人。2軍選手まで広げても、鶴、玉置、横山、辻本のみが高卒(辻本は、中卒?)で、藤川を入れても5名です。正確には見てないですが、カープとは大きく異なる構成だと思います。今年、防御率はリーグトップだった訳ですが、全体的に質は高いけど、実働期間が短い即戦力を回していくという感じでしょうか。少し遡っても井川が出てくるくらいで、全く高卒の投手の成功例が思い出せません。井川の前の成功例は遠山くらいまで遡るのでしょうか?(移籍後の活躍であれば、山村・・・?)

FAは取ってないですが、たまたまでしょうね。今年は、あわよくば三浦&川上の両獲りを狙っているようですし。過去にも成功はしてないですが、山沖、星野を取ってますし、昨年はグライシンガー争奪戦にも参戦しました。とにかく、即戦力重視の補強に終始し、「育成」はあきらめている?かのような補強スタイルにも見えます。

こうしてみると、阪神よりも巨人の方が育成している感じがしますね。インパクトの強いFA補強をしていますが、その一方で、投手に関しては育成の意識も強く、また、それなりの結果を出している気がします。

と、ここまで書いたら疲れました。中日以下は、次回に持ち越しとさせてください。一体、いつ終わるのか?また、お付き合いください。



更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.20 Thu l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

記事ネタ 石井選手入団、他


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
石井の入団会見良かったですね。

また更新が途絶えてました。なかなか毎日の更新が難しい状態で、どんどんランキングも落ちて来ましたw。書きたいネタもいろいろ考えているので、少しずつでも更新したいですね。

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

では、記事ネタ。カープ系ブログでもいろいろ取り上げられている石井選手入団から。

広島入りの石井琢が意気込む「赤に染まりたい」

「赤に染まりたい」・・・いいですね。2000万(+出来高)の契約もそうですが、それも意に介さない前向きな入団会見にも驚きました。彼にとっては、野球が出来ることが最重要だったみたいですね。もしくは、カープならレギュラーがすぐ取れるから、すぐに取り返せる・・・か。

元々、口が立つ人のようですが、それにしても、ファンを喜ばせる発言が多かったです。上述の「赤に染まりたい」以外にも、

「何でもいいからチームの役に立ちたい」
「若い選手と一緒に勉強し、成長したい」
「カープファンとともに、赤い色のごとく燃えていきたい」
「優勝という目標が当然あると思いますから、それに貢献したい!」
「本当に何でもいいんで、カープの為に戦力になれればいいなと思っています。自分の役どころを早くみつけたいです。」
緒方さん、前田君を野球人として見習いたい。教えてもらいたい部分はある」

のような発言は、カープファンの心をつかむのに十分だったと思います。

前田とは、プライベートでも親しいらしいですね。HVのサイトによると、会見前日に前田の方から電話があったとか。急激な若返りが進む中、厳しい状況にある緒方、前田にとっても刺激になると良いですね。

あと背番号が25みたいですね。シーボルはリリースかと思いましたが、契約延長の場合は、(シーボルの)背番号を変更するとのこと。メジャー経験豊富な三塁手が新外国人候補として挙がっているようですが、シーボル残留期待派としては悩ましい日々が続きますね。

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

そして、去る人も。

広島:森笠が金銭トレードで横浜へ

今年は、岩本もとりましたし、来年以降、更に厳しい状況が予想される森笠としても、これが良かったのでしょうね。できれば、パリーグであってほしかったですし、さらにできれば、左投手など交換できれば良かったですが、相手の関係もありますから仕方ないですね。頑張ってレギュラー取って、カープ戦以外で頑張ってほしいです。

結果的に、石井とのトレードみたいな形になりましたね。裏もあったのか・・・?と思うような感じも。いずれにしても、(FAランクが)Cランクの森笠のFAを阻止し、石井をあの金額で契約にこぎつけた鈴木本部長の辣腕ぶりが目立つ結果でした。この勢いでルイスも早いところまとめて欲しいです。

続いて、賛否両論(?)のスタッフ人事。

阿部コーチ、2軍担当に 来季スタッフを発表

今年は選手獲得については、積極的に動いている印象があるのですが、スタッフは動かなかったですね。昨年から岡コーチが抜けただけで補充もなし、また、昨年から失態の続いた、高、永田コーチ、存在感の薄い小早川コーチも残留です。選手が若いからこそ、ベテランで、できれば他球団出身のコーチとかが要所に必要だと思うのですが、無理な相談なんですかね。

カープの場合、コーチポストの最大目的が「戦力を向上させる」ではなく、「功労者の引退後のケア」になっているような気がしてなりません。現コーチの中で、移籍してきた石井より年下のコーチが5名います。実績も下、年齢も下でしたら・・・やりづらくないんでしょうかね。

次は、新戦力の背番号。

岩本「チームの柱に」 背番号「10」、小松は「41」

ドラフト指名の選手の背番号が決まったようです。
岩本 10(比嘉は10⇒52へ変更)
中田 34
小松 41
申   68
松田 123

期待の岩本は、金本が付けていた番号。中田は、コズの番号です。コズも退団決定ではなく、契約延長の場合は、背番号が変わるとのこと。そういえば、金本は10番だったな・・・と思いだしました。その後、比嘉が付けてましたが、左打ちのスラッガーということで金本と共通点のある岩本に期待です。比嘉は、いよいよ尻に火がつきましたね。早稲田で同期だった青木、鳥谷はレギュラー張ってます。当時4番だった比嘉も来年は意地を見せて欲しいです。

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

最後はFAの話。

プロ野球:FA締め切り 上原ら7選手行使も昨年比2人減

最終的に、高橋を含めて7名。うち、4名(上原、川上、高橋、相川)は、メジャー希望のようです。今のところの報道を見ると、昨年のような争奪戦にはならなさそうです。三浦は阪神、驚きの中村は楽天が参戦表明しているのみで、あとは残留か移籍かという感じですか?巨人が参戦しないというのが大きそうです。相川はメジャーは難しそうなのと、右肩痛を持つ川上が国内移籍となった場合に、再度盛り上がるような気がしますが、これはもう少し先にならないと分かりませんね。川上が国内になった場合、巨人が前言撤回して参戦しそうな気もしてます。あと、ここには上がってないですが、井口も日本復帰が取りざたされています。むしろ、井口の争奪戦の方が盛り上がりそうな気がしますね。

中村ノリのFAについては、またの機会に書きたいと思います。


更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

2008.11.20 Thu l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

【速報】記事ネタ 風雲急を告げる移籍市場


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
携帯からの更新です。
森笠の移籍が決まったようですか、他球団でも大きな動きが続いてます。巨人では二岡、林に続いて清水の放出。森笠同様、出場機会を求めてのものみたいですが、世代交代の際の生え抜きベテランの扱いには賛否両論ありそうです。この件についてはあらためて意見を書きたいです。
川上は移籍確実と言われてましたが、驚いたのが中村ノリとハマの番長。三浦は残留で調整じゃなかったっけ?ノリのFAは落合にとって想定範囲内なんでしょうか?下手するとエースと4番と5番が抜けることになります。あとサードの長距離バッターだとセリーグの関西の球団が動き出すかもしれないですね。
2008.11.15 Sat l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

思い出の選手(6) 長嶋清幸


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
思い出の選手。今回は、マメこと長島清幸です。

静岡自動車工業高校→広島→中日→ロッテ→阪神
(08年10月より三星ライオンズコーチ就任)

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

プロ野球選手としては、小柄な部類にはいる身長170cmながら、パンチ力のあるバッティングでクリーンアップを任されることもあった印象深い選手です。

ただ、通算成績を見ると、年間本塁打の最高が15本(85、87年)で、規定打席到達した年の3割も無いようです。記録よりも記憶に残るタイプの打者だったようですね。私の印象とは違っておりました。

長嶋と言えば、選手名鑑を見たとき、出身高校の欄を見て、「自動車工業?ん?」と思ったのが第一印象です(OBの方、申し訳ありません)。今でこそ、他にもそのような学校があることを知ってますが、学生だった当時、そのような高校があるということすら知らなかった私にとっては、インパクトの強い名前でした。

高校卒で、ドラフト外での入団でありましたが、1軍デビューは早かったです。ルーキーの年に一軍デビューし、ホームランも打っています。Wikipediaにもありますが、ドラフト外だったのも理由があり、当時の風貌も、なるほど、と思わせるものでした。そういう気の強さもあり、早くから実績を残せたのだと思います。ゲンダイに長嶋のコラムもあるので、そちらを見ると当時の様子もわかると思います。

長嶋と言えば、日本プロ野球史上初の「背番号0」でも有名です。4年目からつけましたが、「背番号0」は長嶋の代名詞でもありました。

現役時代でまず思い出されるのが、1984年の活躍です。レギュラーシーズンの巨人戦で江川・西本から連夜のサヨナラホームラン。このような実績があるから、ホームランを打ってる印象が強いんでしょうね。また、同じ年の阪急ブレーブスとの日本シリーズでは、3本のホームランを打って、日本シリーズMVPを取りました。このとき、第1戦で300勝投手山田久志からレフトポール際に打ったホームランが思い出されます。レフトフライだと確信し、ベンチに戻ろうとした山田がホームランになったのを見て、膝をついてがくりと来たシーンは鮮明に残っています。広島球場ならではのホームランでしたね。ちなみに、第7戦でも山田からホームランを打ってます。長嶋の表現を借りると「神が宿った」みたいです。この年のシリーズは、阪急が、山田、佐藤(義則)、ブーマー、蓑田、福本、対するカープが、川口、大野、北別府、山根、山本浩二、衣笠、山崎、高橋、長嶋・・・懐かしい面々ですね。

ちなみに、オールスターに出場経験のない、日本シリーズMVPは、日本人では長嶋のみだったようです。今年の日本シリーズで岸がMVPを取り、2人目になったようですが(Wikipediaより)。そもそも、オールスターに出場してなかったことは知りませんでした。そうだったんだ。

1986年の優勝時も印象深い活躍がありました。優勝を決めたヤクルト戦(?)で、先制の満塁ホームラン!このとき、センター側からとった写真で、セカンドランナーの山本浩二が万歳をしているシーンが非常に印象に残っています。

長嶋といえば、左中間方向のライナーの打球を飛ばすイメージがあり、その打球が飛ぶと調子が良い印象がありました。そのような打球が減り、成績が落ちてきた1991年、音・山田とのトレードで中日に移籍。その後、ロッテ、阪神と移籍し、阪神で1997年に現役を引退しております。寂しかったですが、中日とのトレードは、その後、音が活躍したこともあり、カープにとっては良いトレードだったと思います。

現役引退後は、阪神・中日のコーチを歴任しました。中日コーチ時代に高代コーチとの軋轢により、辞任。記者会見では、高代コーチを痛烈に批判しておりました。高代コーチも現役時代末期にカープに在籍しており、長嶋と重なっていたような気もします。もしかしたら、その頃から仲が悪かったのかな?高代コーチもいろいろと発言に問題があることを聞きますので、WBCコーチはどうなんでしょうね?コーチの手腕は高いと言われてますが。

高校時代からそうなんですが、非常に癖のある選手(コーチ?)ですね。ただ、昔はこういう選手も多かった気がします。今のカープにもっとも欠けている部分でもありますし、コーチに戻ってきてくれませんかね。今のオーナーだと絶対ないと思いますが。

こんな選手はもう出てこないでしょうね・・・懐かしいです。

97年引退 .271 107本塁打 448打点(1091安打)
ゴールデングラブ賞:4回(1983年、1984年、1986年、1987年)


更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------


2008.11.15 Sat l 思い出の選手 l コメント (0) トラックバック (0) l top

チーム別対戦成績検証 阪神編


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
更新をさぼるとみるみるランキングが下がり、ショックを受けているニュービギニングです。

今回は、チーム別成績検証、阪神編です。本気でこのネタの更新を忘れており、重要な巨人・阪神との対戦成績の検証を忘れてしまうところでした。申し訳ありません。

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

阪神戦もつい最近まで強かった印象があり、あまり負けたイメージもなかったのですが、金本がFA移籍し、その後シーツも強奪(?)され、2人にぼこぼこにされ始めてからは・・・です。

去年、久し振りに勝ち越した気がしますが、金本を抑えたことが大きかったように思います。基本的に打線は怖くないチームなので、キーになる選手をうまく抑えることができれば良い結果が出る気がしますね。

今年は、昨年の新井の移籍もあり、ファンの間では最も負けたくないカードでした・・・が、ファンの望む結果は出せませんでしたね。一昨年に逆戻りの気がします。

対戦成績を見ると、横浜戦で他の上位2チームと比べて貯金が多くないことが分かります。前半(8/3まで)で10勝2敗だったのが、以降、6連敗を含む3勝8敗と負け越したのが優勝を逃す原因のひとつだと思います。不思議なのが、中日に大きく勝ち越したことですね。昨年までは、ナゴドで勝てませんでしたが、今年はナゴドでも結果が出ております。まあ、肝心のCS(ナゴドではないですが)では負けましたがね。

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

■対戦成績(阪神から見た成績)(Yahooから引用)
 対広島 14-10-0
 対巨人 10-14-0
 対中日 17-6-1・・・不思議ですね。これ。
 対ヤクルト 13-10-1
 対横浜 13-10-1

■広島成績(打率、防御率の()内の数字はシーズン通算成績)
打率     防御率
.282(.271)  3.79(3.78)
得点 失点 安打 本塁打 三振 四死球 盗塁 失策 
78   88  215   8    151   76   6   14  

■阪神成績(打率、防御率の()内の数字はシーズン通算成績)
打率     防御率
.249(.268)  2.85(3.29)
得点 失点 安打 本塁打 三振 四死球 盗塁 失策
88  78   199   15   155   90   12   14

中日戦同様、ヒットは出るけど点数が入らない展開が多かったのでしょう。阪神に比べて、3分以上高いチーム打率を残しながら、得点は10点少ないです。阪神から見た防御率が2.85。点が取れてないですね。他に目立つのが、四死球の数と盗塁の数。赤星あたりを歩かせて、走られてたイメージが強いです。四死球で言うと、中軸に対するものも目立ってました。あと、8/14の悪夢のような試合の影響も大きいのでしょうね。あの試合だけで14四死球出しています。カープが選んだ四死球に関しては、対阪神だけでなく全チームに対して少なくなっています。三振も少ないことから、これは早いカウントから打ちに行っていることが原因かもしれません。そこまでのデータはありませんが。

阪神と試合するときは、序盤にリードしておかないとJFKだかJAFだか知りませんが盤石な中継ぎ・抑えが出てくるので、苦しいですよね。昨年の連勝時は、何度も初回から得点するなど序盤にリードする展開が多かったです。今年は、序盤を拙攻・拙攻でつぶし、接戦となった末、金本・新井にやられるパターンも目立ちました。

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

■全試合結果
4月1日(火) ● 3 - 5 (結果) vs. 阪神 18:00 広島
4月2日(水) ● 2 - 4 (結果) vs. 阪神 18:00 広島
4月3日(木) ○ 4 - 2 (結果) vs. 阪神 18:00 広島
4月15日(火) ● 0 - 5 (結果) vs. 阪神 18:00 甲子園
4月16日(水) ● 1 - 5 (結果) vs. 阪神 18:00 甲子園
4月17日(木) - (中止) vs. 阪神 18:00 甲子園
5月13日(火) ○ 9 - 3 (結果) vs. 阪神 18:00 富山
5月14日(水) ● 2 - 4 (結果) vs. 阪神 18:00 金沢
5月15日(木) ● 2 - 5 (結果) vs. 阪神 18:00 福井
7月11日(金) ● 1 - 2 (結果) vs. 阪神 18:00 甲子園
7月12日(土) ○ 1 - 0 (結果) vs. 阪神 18:00 甲子園
7月13日(日) ● 2 - 5 (結果) vs. 阪神 18:00 甲子園
8月5日(火) ○ 6 - 1 (結果) vs. 阪神 18:00 京セラドーム
8月6日(水) ○ 5 - 2 (結果) vs. 阪神 18:00 京セラドーム
8月7日(木) ○ 4 - 3 (結果) vs. 阪神 18:00 京セラドーム
8月19日(火) ● 5 - 14 (結果) vs. 阪神 18:00 広島
8月20日(水) ● 3 - 4 (結果) vs. 阪神 18:00 広島
8月21日(木) ● 4 - 7 (結果) vs. 阪神 18:00 広島
9月5日(金) ○ 6 - 3 (結果) vs. 阪神 18:00 広島
9月6日(土) ● 3 - 5 (結果) vs. 阪神 15:00 広島
9月7日(日) ○ 5 - 2 (結果) vs. 阪神 15:00 広島
9月12日(金) ○ 4 - 0 (結果) vs. 阪神 18:00 甲子園
9月13日(土) ● 0 - 1 (結果) vs. 阪神 18:00 甲子園
9月14日(日) ○ 3 - 1 (結果) vs. 阪神 18:00 甲子園
9月29日(月) ● 3 - 5 (結果) vs. 阪神 18:00 甲子園


全体の勝敗成績を見ると、黒が目立ちますね。8/19~21の悪夢の3連敗。前回の対戦で3連勝し、オリンピック期間中で戦力ダウンしている相手だっただけに最低でも勝ち越しと行きたいところをあろうことか3連敗。宮崎の先発起用&乱調が痛かったです。

個人成績は以下の通りです。

◆主力打者成績(広島)
 東出 .275 0本 4打点
 栗原 .391 2本 17打点(対戦チーム別では最高打率)
 梵 .298 0本 1打点
 シーボル .230 1本 6打点
 石原 .192 0本 8打点
 赤松 .339 0本 4打点
 アレックス .227 2本 7打点
 天谷 .233 0本 2打点
 嶋 .259 1本 9打点
 小窪 .286 1本 3打点
 前田 .333 0本 5打点

栗原の成績が良いですね。ただ、全体的にホームランが少なすぎます。阪神15本に対して、ほぼ半数の8本。個人で最高は2本。一発の期待できる選手の台頭が望まれます。トレードでも新外国人でもシーボルの覚醒でも良いので、何とかしてほしいですね。そのほかは、梵、赤松あたりが良い成績を残しています。チーム打率を見ても分かるようにそこそこ打っているが、点数に繋がってないということみたいです。

◆主力投手成績(広島)
 ルイス 2勝1敗 防御率1.33
 宮崎 0勝4敗 防御率8.34
 大竹  0勝2敗 防御率4.26
 前田(健) 2勝0敗 防御率0.98
 高橋 1勝1敗 防御率4.00
 篠田 1勝0敗 防御率3.52
 斎藤 1勝0敗 防御率2.19
 大島 0勝1敗 防御率18.00
 青木(高) 0勝0敗1H 防御率3.86
 長谷川 登板なし
 上野 1勝1敗3H  防御率4.38
 梅津 0勝1敗4H  防御率1.04
 シュルツ 0勝1敗3H 防御率7.20
 ブラウワ 0勝1敗2H 防御率8.44
 横山 0勝0敗2H  防御率3.38
 永川 0勝0敗1H6S 防御率1.80

良い人と悪い人が極端ですね。全般的に打たれている(失点している)感じですね。先発で良い結果が出ているのが、ルイス、マエケン、斎藤、中継ぎ・抑えでは、梅津、永川で、かなり良い防御率ですね。悪い方で言うと、宮崎、ブラウワ。大竹、高橋、横山も内容が良くないですね。何度も触れますが、宮崎は例の試合もそうですが、先発でかなり失敗しているのが痛いです。来年は背水の年、それほどチャンスが無い気がしますが、頑張ってほしいですね。

◆主力打者成績(阪神)
 鳥谷 .356 3本 23打点
 関本 .237 2本 9打点
 平野 .269 0本 3打点
 金本 .345 6本 19打点
 今岡 .161 1本 2打点
 桧山 .318 0本 4打点
 新井 .229 1本 6打点
 葛城 .200 0本 3打点
 矢野 .172 0本 4打点
 バルディリス .211 0本 2打点
 赤星 .337 0本 4打点(四死球16)

赤星、金本、鳥谷ですね。あとはカスカスです。代打桧山に少しやられていますが。やはりこのチームと対戦するときは金本をどう抑えるかにつきると思います。金本を抑えた年は勝ち越し、打たれるとダメということですね。あとは赤星。特別に四死球も書きましたが、対戦チーム別でカープ戦が最大になっています。散々粘られたあげく、歩かせるシーンをよく見ました。この人の出塁を抑えると、金本に打たれても被害を最小限に抑えられるんですけどね。矢野に打たれている印象がありましたが、そうでもないですね。良いところで打たれているだけかもしれません。あと、新井に打たれてなくてよかったです。来年もしっかりと抑えて欲しいですね。

◆主力投手成績(中日)
 ボーグルソン 1勝0敗 防御率2.25
 金村 0勝2敗 防御率4.02
 安藤 1勝2敗 防御率3.96
 岩田 1勝1敗 防御率2.25
 下柳 4勝2敗 防御率2.80
 ウィリアムス 0勝0敗3H2S 防御率3.24
 渡辺 0勝0敗4H 防御率0.84
 石川 0勝0敗 防御率0.00
 安部 0勝0敗 防御率0.90
 久保田 2勝0敗5H 防御率4.73
 アッチソン 2勝1敗5H 防御率2.42
 江草 1勝0敗1H 防御率0.00
 藤川 2勝0敗2H5S 防御率0.00

下柳と岩田の両左腕が打てないですね。あとボーグルソン。エース格の安藤は結構打っていますが、両左腕、特に下柳に来年も苦労するようだとまずいですね。下柳に限らず、左腕には弱い傾向がありますので、何らかの対策を打って欲しいです。

リリーフ陣は、JFKの内、2人はそこそこ攻略していますが、藤川が全然打てません。他の若い中継ぎピッチャーも打ててない人が多いですね。接戦に持ち込まれると分が悪いのはこの辺にあるかもしれません。来年、真弓新監督がどのような投手起用をするか分かりませんが、やはり序盤に点を取って、常にリードするような展開にすることが勝利への近道のようです。

■総評
点数を見ても分かるように、常に競った試合をしています。これは、相手の打線が低調であることと、相手の投手力(特に中継ぎ・抑え)によるものが大きいです。来年、阪神の打線の補強は無いようですので、とにかく赤星と金本。二人を抑えて、元々低い得点力をさらに低くすることが優位に試合を運ぶためのポイントとなります。あとは、下柳、岩田の両左腕。岩田は今年ブレイクした投手ですが、下柳に関しては、毎年やられている気がします。なんとかチームとして攻略に向けて対策を取って欲しいです。とにかくチーム力ではそれほどの差はありません。高齢化も進んでいるチームです。来年こそは、序盤から優位な展開で勝ち越せることを願います。


更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.15 Sat l カープ2008 l コメント (2) トラックバック (0) l top

記事ネタ


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
あっという間に決まりましたね。

広島が石井琢と契約へ 三塁手として期待=差替

昨年の高津同様、契約成立しないのではないかと思っていましたが、最初の報道が出た翌日には決定の報道が。石井本人のブログでも「まず一歩」とありますので、安心ですね。ショート、サードで高い守備力と打撃力を持っている選手が加入するのは大きいですね。記事によれば、サードという書き方をしてたのでサード固定なのかもしれません。サードで使うにしてもレギュラーを与えるのではなく、競争の中の1つのピースとして争ってポジションを取って欲しいですね。ただ、これでシーボルの残留は厳しくなったような気もします。個人的には、サードとしては1発も期待できる選手を置きたいので、残留させてほしいですが。

石井も「カープならレギュラーが取れる」という判断で契約することにしたのでしょうね。出来高などの面の詳細はこれからということらしいですが、このあと、お金の面で揉めるのはやめてほしいです。


更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.13 Thu l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

記事ネタ


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
東出の発言に感激なニュービギニングです。カープネタが多いです。

東出残留の報が流れてから時間が空きましたが、インタビュー動画や正式コメントを見ると、感激しますね。

東出“生涯カープ宣言”4年4億円+出来高で合意
決め手はチーム愛 東出が残留表明

信じてはいたものの、昨年の流出のこともあり、また、これまでなかなか成長してくれなかった東出に対して取ってきたファン(私も含む)の態度を考えると、FA移籍もあるのかな・・・とも考えていたので、残留だけでなく、これだけのコメントを出してくれるとファン冥利に尽きます。

より高いレベルを目指すべき、という点で言うと、プロとしては失格という見方もあるかもしれませんが、このような判断もあっていいと思います。というか、ファンあってのプロ野球という観点で言うと、あるべきかと。もちろん、これで結果(個人としてもチームとしても)を残さなければいけませんが。

思えば、今年の岩本のように早くから指名を宣言していた二岡を強奪され、その穴埋めとして1位指名。高校時代から知っていたし、好きな選手だったので期待は大きかったですが、その後の低迷。二岡が活躍するたびに比較していたファンも多かったと思います。東出にとっては、つらい時期もあった、いや、つらい時期の方が多かったことでしょう。

一球さんのサイトかHAのサイトか忘れましたが、試合前の練習で東出の練習を見ていた横浜の選手が「彼くらい動ければ」と絶賛していたという優れた身体能力。ようやく、その能力を試合で発揮できるようになりました。山本政権のときはこのまま消えていくかと思いましたが、ブラウン政権に代わり復活。ついに内野のリーダーとして欠くことのできない存在になりました。

ただ、活躍したといっても実績的には今年が初めてに近いので、来年こそが真価を問われる年だと思います。大幅な増額により1億円プレイヤーの仲間入りをしましたが、これに満足することなく、更に成長して若手内野陣を引っ張って欲しいと思います。

栗原天谷のブログでもコメントがありましたね。本人がどう思っているかは知りませんが、もうチーム内ではそれだけの存在です。カープの顔として日本シリーズに向けて、ガンガン引っ張ってください。

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

広島・高橋、FA宣言へ=大リーグ移籍目指す

最初に報知が抜いてましたが、事実だったようですね。心情的には頑張って欲しいので、応援したいです。ただ、今シーズンの8勝(5敗)を来年どこで補填するかは課題です。しかも例年、春先に調子が良いピッチャーなので、来年、若手中心で不透明なローテーションなだけに若手全滅・・・などとなった場合、高橋がいないと大変なことになります。いずれにしろ、高橋がいないことで、今年の結果から-8のレベルからのスタートとなります。若手の底上げを期待するのではなく、トレードでも外国人でも何でもOKなので、とにかく10勝クラスの補強を頑張って欲しいです。

どこに行くか知りませんが、1勝はして欲しいですね。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

広島が動いた!横浜・石井琢と交渉へ

これ本当ですかね。カープ系ブログの中でも賛否両論ですが、これが事実ならば獲得に動いたことを評価したいと思います。性格的にコーチ役に適しているかどうかは不明ですが、若すぎる内野陣の生きたサンプルとしては適任だと思います。本人は現役に固執しているようなので、コーチ兼任とはならないかもしれませんが、ショート(無理かな・・?)、サードでレギュラー争いに一石を投じて欲しいです。

ただ、1億超えてますよね。年俸。本人は40%以上の減額も覚悟ということらしいですが、カープがどこまで出せる(出すつもり)のか?昨年の高津で折り合わなかったこともあり、これが唯一の懸念点です。

中日落合監督が合同トライアウト視察

最後に、元カープの選手も参加したトライアウトです。ファンの多い甲斐君も参加し、3安打放ったようです(守備はファースト)。どこか良い評価をしてくれるチームがあると良いですね(パリーグで)。大須賀の結果は良くなかったようです。



更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.11 Tue l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

日本シリーズ第7戦 西武優勝


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
西武の選手&ファンの皆さんおめでとうございます。

西武が日本一!渡辺監督1年目で頂点 日本シリーズ

前評判では、巨人有利という論調でしたが、それを見事跳ね返した西武。昨年、Bクラスに転落し、新監督初年度のチームであることを考えると、本当に価値のある日本一だと思います。

岸がMVPでしたが、この日本シリーズでは西武投手陣(特に先発)の頑張りが目立ちましたね。勝った試合の失点が、1、0、1、2。巨人は3点以上取った試合はすべて勝っているんですが、打てない試合が極端でしたね。今日などは、坂本のホームラン以降、ランナーも出ず、1、2回の2安打のみ。途中までは踏ん張ってましたが、さすがにこれでは勝てません。

平尾が打線のラッキーボーイになりましたね。平尾は阪神からのトレード獲得選手らしいですね。誰との交換だったのかな?

さて、日本シリーズも終わり、ストーブリーグも開幕です。カープ最大の懸案であった東出FA問題はどうやら円満解決と向いそうですが、あと2人とルイスの契約問題。早く片付けて欲しいものです。

ここまでにFA選手は残留宣言した人が多く、ロッテ、横浜とFA選手を大量に抱えているところも落ち着きかけてるようです。落ち着いてないのは、サブロー、相川、川上くらいでしょうか?さて、どうなるのでしょうか?川上が巨人入り・・・なんてのは勘弁してほしいところですね。



更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.10 Mon l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

日本シリーズ第6戦


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
西武、いや、岸はすごいですね。

日本シリーズ 西武が巨人を降す…日本一争いは第7戦へ

4回のピンチに中2日の岸が登板。ピンチをしっかりと抑えると、そのまま最後まで0封。1、2イニングの登板と思いきや、最後まで行くとは・・・点差がもう少し開けば交代もあったかと思いますが、巨人相手に3点差だと厳しいですね。西武が勝てば、中島がMVPだと思っていましたが、今日の結果を見ると、岸が最有力候補でしょうか。2勝で防御率0.00ですからね。

今日は、石井でしょうか?岸のパターンを見ると、涌井を早いイニングからつぎ込む可能性もあります。最後ですしね。総力戦となるとどちらが勝つか分かりませんね。涌井が捕らえられたのも、1イニングだけですから、涌井が出てくるとまだ巨人は苦戦すると思います。

また眠りに入った中村と全く目覚めない李承ヨプ、どちらかが打って勝負が決まりそうな気がします。



更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.09 Sun l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

東出残留(?)


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
信じて良いのでしょうか?

東出が残留 年俸1億円、4年契約で合意

10日に表明と聞いていましたので、ドキドキして明日を待っていましたが、一足先の残留報道。中国新聞でここまで書くってことは裏付けもあるってことだと思いますが、事実だとするとこんなうれしいことはないですね。

昨年の11/8は悲しすぎましたが、今年は東出が倍にして返してくれました。

次はルイスですね。良い結論を待ってます。



更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.09 Sun l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

記事ネタ


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
更新が滞り、申し訳ありませんでした。

大竹、強度の疲労でリタイア…別メニューで調整
長谷川が別メニュー…広島

秋季キャンプはかなり追い込んでいるせいか、リタイヤが出てきてますね。HAのサイトによると、梵も扁桃炎で早退とか。春季キャンプのように、「開幕に間に合うか?」という心配がないのは良いですね。ここで、体力強化、弱点の克服をしっかりして、来年に備えて欲しいです。

牧野結婚!150キロ右腕にコイ女房

プロ野球選手は結婚するのが早いと思っていたので、独身だったのは意外ですね。最初、誰のことかと思いました。これがあったので、契約更改で保留したのかも。これで来年、戦力外とかにならないよう、しっかりと働いて欲しいです。

ニュースキャスターの筑紫哲也さん 肺がんで死去

休養に入った時にかなり痩せられており、長くないのではと感じておりましたが残念です。かなりのヘビースモーカーだったようで、肺がんはそれが原因なのでしょうね。カープファンの有名人は意外と多いのですが、その中でも、筑紫さんと久米さんは双璧だと思っていましたので、非常に残念です。前田のことが好きだったようですね。

謹んでご冥福をお祈りいたします。



さて、今日は東京ドームで、第6戦。西武の逆襲を期待します。あっ、でも早く東出の去就も決まって欲しいし・・・悩ましいですね。




更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.08 Sat l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

日本シリーズ第5戦


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
涌井が打たれてしまいましたね。

巨人、逆転勝利で日本一に王手!=日本シリーズ第5戦

7回途中までは初戦に続いて完投ペースだったのですが、この回だけおかしかったですね。後で映像見ても、疲れているようにも見えなかったですが。ただ、途中経過をネットで見てた時に、この回打たれた球は外角に偏り過ぎているようにも思いました。細川負傷退場の影響もあったのですかね。細川以外にも、中島が負傷退場。西武にとっては、1敗以上に大きい敗戦となりました。

序盤の拙攻(?)も痛かったですね。3回終了時点で7安打?で2点しかとれませんでした。1、3回の満塁でそれぞれ最少得点ずつ。初回の無死満塁で中村がヒットを打っていれば、そこで決まったような気もします。そういう意味でも残念でした。上原がぎりぎりで粘ったという言い方もできるのですかね。

さて、一日おいて東京ドームに戻ります。王手をかけられた西武。開き直ることができるか?広島は、いつも王手を掛けてから逆転されるパターンで西武には負けました。あの粘り腰を今年も発揮してもらいたいですね。



更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.06 Thu l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

記事ネタ


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
前田の成長力、修正力は、自分を冷静に評価できることが大きいですね。

マエケン「球速磨く」 下半身を強化

今年、マエケンが1軍デビューした後、初めて映像で見る機会があり、失望したことがありました。私の思っていたよりもストレートが全然だめで、まるで北別府の引退間近のようなw

甲子園の時のイメージもあり、また、前評判などではMAX148km/h(数字は怪しい)とか言われてましたので、期待していたのですが、スピードガンの表示も、映像で見た球筋も、私の期待を大きく裏切るものでした。たまたま調子が悪かったのかもしれませんが、その後も140km/h前後の数字しか出ず、マーくんとかヨシノリの生きの良いピッチングと比べると結果は出てるものの、素直に喜べないものがあったことは否定できません。まあ、速ければ良い訳ではないのは大竹君が証明している訳ですが。

そこで、この記事。自分でもストレートの走りに納得してないものがあったのかもしれませんね。常時、145km/h出ると、ピッチングの幅は広がるような気もします。足腰の鍛錬はスタミナの強化にもつながります。来年、1年を通してローテーションを守るためにも是非頑張って欲しいですね。

天谷は3倍増の1800万円 赤松840万円増、小窪1700万円

一気に増えましたね。1年間1軍に帯同し、それなりの実績を上げただけにこれくらいの評価は当然だと思います。ただ、「使ってもらったという」のは事実ですので、来年は、是非、「使いたくなるような」成績を残して欲しいです。天谷のお母さんの話も良いですね。ドラフト下位で指名されてプロ入りし、これまで怪我も多かっただけに感慨もひとしおでしょう。怪我の多いプレイスタイルだけに、身体には気を付けてオフシーズンもしっかり鍛えて、更にレベルアップしてください。

という話の後に、去る人の話も。実力の世界。厳しいです。

中日が森岡、小山ら4選手に戦力外通告

森岡については、甲子園での活躍(明徳義塾)を覚えている方が多いのではないでしょうか。優勝時の涙も印象的です。好守好打の好選手ですが、アライバの壁は厚かったようです。どこか、拾ってくれるチームは無いんですかね(カープ含む)。ずっと使えば、今年の坂本(巨人)以上には活躍できそうな気がしますが。


更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.06 Thu l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

日本シリーズ第4戦


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
中村に火が付きましたね。

おかわり中村、怒りの2連発!西武が完勝で2勝2敗タイに戻す

中村の2発と岸の好投で西武が快勝!2勝2敗のタイになりました。

グライシンガーは、西武との交流戦2試合で14点取られていたんですね。今日も5失点でした。この日本シリーズ、西武は打線よりも投手陣の頑張りが目立ちます。

西武 13得点(3.25点/試合)、23安打(5.75安打/試合)、本塁打6(中村2、中島3、後藤)
巨人 10得点(2.5点/試合)、22安打(5.5安打/試合)、本塁打4(鈴木、ラミレス2、小笠原)

ここまで両チームともに二桁安打がありません。巨人は鈴木一人(.313)と小笠原(.273)が少々。西武は中島一人(.357)と片岡(.286)が少々という感じで、李承ヨプ、坂本などは蚊帳の外って感じですね。今日の岸のピッチングなどは参考になるんじゃないでしょうか。タテのカーブをうまく使ってました。マエケンとか長谷川とかが同じような組み立ててでピッチングできるような気がします。

蚊帳の外軍団から中村が先に抜け出しました。明日は、涌井が予想されています。初戦のようなピッチングができれば、一気に王手。また、西口がずっと中継ぎ待機しているという話もありますので、西武が押し切る目も出てきましたね。

#西武が勝ってもWBCの監督は原さん・・・なんですよねw




更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.05 Wed l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

記事ネタ


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
記事ネタです。

広島・栗原「WBC出たい」…オーナーに術後報告

栗原が帰国報告の際、WBCへの思いを表明したようです。打撃成績だけ見ると、選ばれてもおかしくない成績なのですが、守るポジションがファーストなので微妙ですね。かねてから熱望するメジャー移籍に関してもそうですが、ファーストだと栗原よりも長打力のある打者は目白押しで、どうしても打撃への要求レベルが高くなります。WBCの場合だと日本人同士の争いになりますが、怪我・不調を考えた場合、小笠原や新井のように複数のポジションを守れる方が選手選考する側としては選びやすいと思います。彼らとは比較にならないくらいの打撃力を見せ付ければ別ですが。肘の具合にもよりますが、サードを前向きに考えて欲しいと思います・・・あっ、そうするとメジャー流出か。ならファーストのみで良いです。

梵、復活へ一心不乱 無休で猛練習

とにかく頑張れ!来年のカープは君の復活に掛かってる!


更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.05 Wed l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

日本シリーズ第3戦


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
今更ながら巨人の3、4番はすごいですね。

【巨人】ラミレス「完ぺき」2号/日本S

2人が揃って打った試合は負けてないんじゃなかったかな?ただ、今日の殊勲者は鈴木ですね。彼一人で4点取りました。

巨人の中継ぎ陣を崩せてない西武としては苦しい展開ですが、第4戦以降につながる点もありました。

・おかわりクンの待望の一発
・ホームラン以外の得点

打線で勝ってきたチームが打ててないのでつらいところではあります。今日は交流戦で相性の良かったグライジンガーなので、攻略してタイに持ち込みたいですね。



更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.05 Wed l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

つれづれ 戦力外通告(ソフトバンク)


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
ホークスから7選手に対する戦力外通告が出ました。このチームは有力選手が続々入団する一方で見切りも早く、若い選手の早い首切りが昔から目立ってました。今日、戦力外通告を受けた山村や吉本は長い方だと思いますが、一方で2006年入団の大卒選手もおり、見切りの早さを感じます(広島も今年は早い見切りがありましたが)。今年は、久しぶりの最下位ということもあり、特に厳しいかもしれませんね。ちなみに、山村の同期の、山田も先日戦力外となり、00年の逆指名1、2位が揃ってクビということになります。吉本は、ドラフト時、二岡を巨人に横取りされた広島も指名を検討した選手です。結局、ダイエー以外は拒否の姿勢だったため、東出を指名した訳ですが、広島としては結果的に良かったことになるのでしょう(残留してね)。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

で、吉本ですが、三塁手として使えないものでしょうか?吉本はウエスタンでも本塁打王を取った経験もありますし、かなりの高打率を残した年もあるようです。去年、今年と成績が下がり気味ではありますが、まだ30歳前ですし、環境が変われば、とも思います。怪我もちですが、山村なども。他に若い左投手もいますし。是非、検討して欲しいものです。

そういえば、ダイエーの時代に入団した篠田の名前を思い出しました。アマチュア球界としては、オリンピックに向けた主力として指名回避して欲しいという意向だったものをダイエーが無理に指名。プロ入り後、肩を壊して3年で退団となりました。その当時、「あれだけ無理して指名しておいてなんだ?」と憤りましたが、ちゃんと再就職も含めた退団後の世話もしていたみたいですね。

--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------

身体ひとつの厳しい世界。成績が残せない、故障となると戦力外通告に怯えながらやらないといけません。だから、成績を残せばサラリーマンには届かないようなサラリーがもらえる訳ですが、しっかりと退団後のサポートもできるような仕組みを構築しないといけないですよね。FAみたいな派手なシステムばかりでなく、こういった面でメジャーを見習って欲しいです。今までのFA制度は一部の金満選手のものでしか無いようなので。

更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.04 Tue l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

つれづれ 補強と育成(2)


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
補強と育成について第2回です。
前回、睡魔に襲われて中途半端になったので、その続きを書きます。

前回は、08年リーグ戦最終戦でのスタメンでの選手の出自を出してみましたが、今回は、以下のデータも加えて見ます。

・開幕戦
 怪我人も少なく、チーム戦略として狙った選手構成になっている(はず)
・スタメン以外
 スタメンだけだと投手陣に対する評価が出来ない。また、これまでのFA選手は高額なので、野手であれば、スタメンに偏っている(はず)。代打の切り札や守備固めの選手はFAで採らないですよね?

--------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------------------------------------

以下に開幕戦のオーダーを分類してみました。記号については、前のページを参照してください。

■巨人(Out D×3、In D×2、トレ×1)
(右)高橋由伸 D1 ⇒怪我で最終戦不在
(遊)二岡智宏 D2 ⇒モナで最終戦不在
(三)小笠原道大 FA
(一)李承ヨプ FA
(左)ラミレス FA
(捕)阿部慎之助 D1 ⇒怪我で最終戦不在
(中)谷佳知 トレ
(二)坂本勇人 DK1

■阪神(Out D×1、外×1、In D×1、トレ×1)
(中)赤星憲広 D4
(二)平野恵一 トレ
(一)新井貴浩 FA
(左)金本知憲 FA
(三)今岡誠 D1 ⇒不振で最終戦不在
(遊)鳥谷敬 D自
(右)フォード 外 ⇒不振で最終戦不在
(捕)矢野輝弘 トレ

■中日(打順を除けば、スタメン選手は最終戦も同じ)
(二)荒木雅博 D1
(遊)井端弘和 D5
(右)李炳圭 外
(一)ウッズ        FA
(左)和田一浩 FA
(三)中村紀洋 移
(中)森野将彦 D2
(捕)谷繁元信 FA

■広島(Out D×2、In D×1、移×1)
(中)天谷宗一郎 D9
(遊)梵英心 DD3 ⇒不振で最終戦不在
(右)アレックス 外
(一)栗原健太 D3
(左)前田智徳 D4 ⇒不振で最終戦不在
(三)シーボル 外
(捕)石原慶幸 D4
(二)東出輝裕 D1

■ヤクルト(Out D×4、In D×3、移×1)
(三)川島慶三 D3 ⇒不振で最終戦不在
(二)田中浩康 D自
(中)青木宣親 D4
(一)リグス       外 ⇒不振で最終戦不在
(右)ガイエル 外 ⇒不振で最終戦不在
(遊)宮本慎也 D2 ⇒?で最終戦不在
(左)飯原誉士 D5
(捕)福川将和 D5

■横浜(Out D×4、In D×3、トレ×1)
(遊)石井琢朗 D外 ⇒不振で最終戦不在
(二)仁志敏久 トレ ⇒不振で最終戦不在
(中)金城龍彦 D5
(三)村田修一 D自
(一)佐伯貴弘 D2
(右)吉村裕基 D5
(左)小関竜也 トレ ⇒不振で最終戦不在
(捕)相川亮二 D5 ⇒?で最終戦不在

--------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------------------------------------

こうして見ると、最初から外国人にもFAにも頼らないスタンスでいたのは横浜のみのようです。開幕スタメンに外国人なしというのは、この時点で内川がいないものの国産選手だけで破壊力抜群のクリーンアップを組める横浜の野手の充実と投手力が弱いため外国人補強を投手陣に重点的に回したことが理由と思われます。また、ヤクルトは最終戦では、外国人がいなかったですが、これは不調のためスタメンではなかっただけで、開幕戦では中軸を外国人に頼った打線を組んでいます。

広島は梵と前田が外れてますが、大きく変わってないですね。これが良いか悪いか判りませんが。嶋、梵が開幕から働けるかどうかが来年の課題になると思います。

では、上位3チームについて見てみます。まずは、中日。
途中で、怪我、オリンピックでの離脱がありましたが開幕戦と最終戦で選手構成が変わりません。これが現時点でのベストメンバーだと思います。FA3名、移籍、外国人各1名、自前の選手が3名という構成です。この移籍選手はノリなので、実質FAみたいな扱いした方が良い気がしますが、ここでは移籍選手として扱います。FAは、捕手とクリーンアップになっており、クリーンアップは外国人、FA、FAとなります。ここまで書くと巨人とどこが違うのか?と言う気もしますね。ちなみに他チームで4番を打っていた選手が3名(ウッズ、ノリ、和田)。ここも巨人と似ていますよね。今年は、FA補強はしないと監督が宣言しておりますが、このメリハリが巨人と違うところなのか?

次は巨人を見てみます。開幕時は高橋、二岡、阿部がスタメンでしたが怪我などにより最終戦は不在です。穴を埋めたのがキムタクなどのトレード勢と亀井。結果、最終戦では生え抜きが2名と言う非常事態となっています。FAは見事にクリーンアップに並べられており、非難の対象となっております。ちなみに、他球団で4番を打たことのある選手は4名(李承ヨプ、小笠原、ラミレス、谷)。ただ、開幕時点でクリーンアップは同じものの、それなりに生え抜きのメンバーも入っておりました。後半は、(仕方なく?)使った若手が伸びて来て、戦力になった訳ですが、来年はどうなるのか?二岡は放出という話(FA移籍?)もありますが、高橋は使うのか?それともこれで一気に若手にチェンジするのか?見ものです。セカンド辺りは補強対象になりそうですが、井口や東出に触手を伸ばして行くのか・・・?

最後に阪神です。開幕メンバーから今岡、フォードが不振から外れてます。開幕当初は、自前が3名、FA2名、トレード2名、外国人1名という構成。FA2名は、見事にクリーンアップの一角を占めてます。最近の阪神のドラフト戦略の特徴でもあるのですが、自前の3名は全て、大卒or社会人卒で即戦力として獲った選手です(1年目から戦力となったかどうかは別)。基本的に高卒選手を時間を掛けて育てるということが難しい環境なのでしょうか?最近の野手で高卒の選手って少ないような気がしますね。浜中もトレードで出しましたし、後は関本(天理高校)くらいしか思い浮かびません。桜井とかが伸び悩んでいるのも、そう思ってしまう原因かもしれませんが。
(他にもいるよ!という反論ありましたら、コメントください。すみません。)

--------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------------------------------------

上位3チーム見て思うのが、いずれもクリーンアップをFAに頼って戦力補強している面で共通です。にも関わらず、非難が巨人に集中するのが少し不思議です。まあ、毎年同じことやっているし、ピッチャーも獲ってるじゃないか・・・というのもありますが、阪神にしても確か、グライシンガーや福留に参戦してたので、広島視点からすると、同じようにも見えます。

ちょっと愚痴に近くなりましたね。各チームの手段の是非はともかく、強力なクリーンアップを育てることは困難で、他チームから獲って来た方が早いという傾向は見て取れます。その点から考えると、横浜はすごいですね。彼らは若いですし、ピッチャーの整備が進むと、一気に上位に進出しそうな気もします。新井もそうでしたが、長距離バッターを育てるのは時間が掛かるのでしょうか。そのため、「常勝」を義務付けられている(と自分達で思い込んでいる)チームは、育てる時間がないため、完成した選手を他から獲ってきて、主軸にする。ファンからすると、クリーンアップはチームの顔なので、若い頃から育てた選手の方が応援しがいがありそうですけどね。まあ、それよりも勝つ方が優先だろ、と言われれば、その通りではあるのですが。

と、ここまで書きましたが、スタメン以外はまた時間が掛かりそうなので次回に持ち越しとさせてください。一体、いつ終わるのか?やっぱりゆっくり考える時間が欲しいなぁ・・・






更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.04 Tue l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

記事ネタ 東出の去就


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
ファンとしてはヤキモキしますね。
10日に「宣言」しても残留もありということで、この悩みは当分続きそうです。

「他球団の評価聞きたい」東出FA宣言へ

広島東出まだ揺れる…FA依然結論出ず

以前から東出本人が発言しているように、他球団の評価が聞きたいのは本心なのでしょうね。この辺りにも、プロ入り後10年間のほとんどは期待が大きい故に酷評(?)されてきた反動でしょうか?

彼自身も言っているように、「残留した方が喜んでくれる人が多い」ということは間違いありません。何とか、みんなが(もちろん、東出本人も含めて)喜んでくれる結論を出してください。

更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------


2008.11.04 Tue l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

つれづれ ビッグレッドマシーン


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
また、更新前にダウンしてしまいました。最近夜に弱くなりました。
育成記事の更新を楽しみにしていらっしゃる方(いる?)もう少しお待ちください。

さて、あるサイトでビッグレッドマシーンと言われた時代のオーダーと成績(メイクミラクルの年)を見つけたので掲載します。

1番センター緒方  .279 23 71
2番セカンド正田  .235 2 35
3番ショート野村  .292 12 68
4番サード江藤  .314 32 79
5番センター前田  .313 19 65
6番ファーストロペス  .312 25 109
7番レフト金本  .300 27 72
8番キャッチャー西山  .314 3 41
(左から、打率・本塁打・打点)

素晴らしいですね。20本以上が野村・前田が届いてなくても4人います。引退間近の正田の成績が寂しいですが、これくらい打てると今年の投手陣なら優勝に手が届きそうですね。西山の成績もすごい。今のメンバーでこれくらいの成績が残せるくらい精進してほしいですね。

コメントいただいた方、ありがとうございました。京都のカープファンさんコメントありがとうございました。レスは別途させていただきます。

更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


--------------------------------------
人気ブログランキングへ
--------------------------------------
2008.11.04 Tue l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

日本シリーズ第2戦&記事ネタ


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
3連休の最後なのに日本シリーズの試合がないのは残念です。

【巨人】ラミ弾でサヨナラ勝ち/日本S

前評判と違い、投手陣が頑張ってますね。空中戦の得意な両チームだけに、乱打戦が予想されていたと思うのですが、ピッチャーがしっかり投げると抑えられるということでしょうか。

巨人のブレーキの一人ラミレスがついに打ちましたね。あと一人の李承ヨプは全く打ててませんが。

今後の展開は、

1)西武のおかわり君と李承ヨプのどちらに先に火が着くか?
2)小笠原への死球の影響は?(両チーム共)
 巨人・・・第3戦以降、出場できるかどうか? 西武・・・これまで通り内角を攻めれるか?

によって決まりそうな気がします。

西武は2戦で9安打、巨人は10安打。今日の移動日がどちらにプラスに働きますかね。

あとは、記事ネタです。

広島ルイス米復帰も、代理人が米球団接触

予想された展開ですね。年俸引き上げの戦略だと思いますが、メジャーでどこまで評価されているか?ルイスがいないと来年の戦略に大きく影響すると思いますので、何とか契約までこぎつけて欲しいです。外国人選手の場合、本人の意思と異なり、代理人交渉で決裂ということを良く聞きます。過去にも、ローズ、ラミレスなどもそのような途中報道がありました。ローズのときは、ノリが直接ローズに電話し、ローズ本人も「どうなってるの?」というコメントをしたとの報道がありました。結局、代理人にどの程度要望を出して、その優先度がどうなっているのか?という話でしょうかね。基本は残留でも、もっと多く出してくれるところがあれば、そちら優先なのか、年俸よりも残留優先なのか。

もちろん、本人の残留希望というのもファン向けのポーズかもしれませんが・・・結局、上記の2人は、いずれも巨人移籍に落ち着きましたが

広島東出10日にもFA結論下す

こちらも気になります。早く決めてくれるのはファンにとっても良いのですが、さて、どちらに出るのか?上本の指名を見送った球団の誠意(?)を汲んで残留して欲しいです。


更新のモチベーションにつながりますので、拍手+コメントお願いしますです。 あと、ブログ村のランキングにも参加しました。こちらも、ポチっとお願いします。


人気ブログランキングへ

2008.11.03 Mon l その他 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。