レンタルサーバー
  1. 無料アクセス解析
カープの復活を信じて 試合講評2010

スポンサーサイト


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

僕がさい配したわけですから自分のミス・・・by 広島県 K.N


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
ようやく、管理者として「結果責任は、自分で取る」という基本を理解できたようですね。

管理者としてひとつ上のステージに上がったのかもしれませんね・・・

というか、間違いなくあんたのせいやろ?

と叫びたくなるような試合・・・皆さんのブログもさぞかし荒れていることだと思います。

もう同じことを書くことになるかと思いますので手短に、

・7回裏、なぜジオ投手に代打出さない?
2-0リードの7回裏。ピッチャーからの攻撃。7回表はピンチを背負い、これまで100球を越えての実績がほとんどないジオ投手。次打者は、本日好調の東出選手。

まさか、2点あれば十分守りきれると思ってたのですか?今のリリーフの状況で?
あと1点でも2点でも取りに行く采配をすべきなのでは?


・8回表、ジオ投手がマウンドに行き、代打が出たところで建さんに交代・・・

もう左右にこだわるのは辞めませんか?病気はまだ治らないのですか?

あそこで投手交代するのであれば、7回のジオ投手は代打。

あと、出すなら大島投手で、建さんを出すにしても四球、もしくは次のヒットの時点で次の投手・・・くらいでしょう。代打出さないのであれば、ジオ投手続投もありだったかもしれません。それも厳しそうではありましたが。

ちなみに、建さん、梅津投手の左右別成績は以下の通り。まあ、建さんは調子を崩してからは右も左もない状態ではありますが、梅津投手にしても左右差は無し。参考までにあげた青木(高)投手などは、左の方が圧倒的に打たれている状態で(まあ、右も打たれていますがw)

笑っちゃうのが、ジオ投手が左相手の方が成績が良いこと・・・あの管理職の方々は数字が読めない?あるいは、我々の全く知らない、謎の情報を持っている・・・?

◆建さん
右打 76-22 .289
左打 42-15 .357

◆梅津投手
右打 55-14 .255
左打 24-6 .250

◆青木(高)投手
右打 143-48 .336
左打 100-36 .360

◆大島投手
右打 36-11 .306
左打 25-6 .240

◆ジオ投手
右打 52-16 .308
左打 73-19 .260

◆ベイル投手
右打 38-9 .237
左打 23-4 .174

とにかく建さんにしても、梅津投手にしても、後半戦ここぞというところで働いてもらいたい投手です。建さんなどは、一度ファームに落として早めの夏休みを過ごしてもらった方が良いと思います。うまく使えば、そこそこのパフォーマンスを出せる投手。こういう形で心も壊してしまうとお互い不幸なことになりそうで・・・

はぁ・・・なんか言葉もありません。良い流れで5連勝を期待していたファンのささやかな楽しみを、そして、それまで頑張ってきた選手の頑張りを

一人の(二人?)管理職の愚行で壊してしまった・・・

誰か早く病院を教えてあげてください・・・

最後に業務連絡です。

すかーれっとさん、コメントありがとうございました。あまりうまく返せては無いですが、(その7)に採用させていただきました!また、コメント期待しております。

はぁ・・・月曜日がブルーですね。
スポンサーサイト
2010.06.20 Sun l 試合講評2010 l コメント (5) トラックバック (1) l top

4連勝!


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
PCを立ち上げる暇もなく、しばらく間が空いてしまいました。

時間があってもついついサッカーを見てしまいますね。

日本のオランダ戦、結果は残念ですが、想定範囲内ではありますし、1失点なら上出来だと思います。少なくともデンマーク(2失点)よりも失点数を抑えられたのは大きい。

デンマーク-カメルーン戦の結果次第で条件は変わりますが、3戦目まで予選突破の可能性を残したのも大きいと思います。

第3戦、上記の結果はどうあれ、「勝つ」ことが出来れば、予選突破の可能性は高い。シンプルに目の前の相手に「勝つ」ことのみを考えて、悔いのない試合をして欲しいですね。

◆◆◆

さて、本題の野球の方。

こちらは、「勝つ」べき試合をきっちり取ることができました。

マエケンですが、中国新聞によると黒田投手も絶賛しているようで、内容的にも、昨年の大竹投手はもちろんのこと、カープ時代の黒田投手や一昨年の絶対神・ルイス投手(週間MVP取ってましたね。おめでとうございます。)をも凌駕する内容で、

まさに「絶対エース」

の雰囲気が出てきました。

もちろん、1年を通してエースの働きをした経験はないので、今シーズン終了時に同じことが言えるかどうかが問題ですが、彼のことですから心配ないでしょう。心配は怪我だけ?

目標とする背番号数の勝利の半分、そして、自己最多の勝ち星に半分以上の試合を残している段階で並びました。

あとは、怪我なく、今の状態を維持してくれること・・・それだけを願います。

打線の方ですが、6回の攻撃が大きかったですね。嶋選手、ヒューバー選手、そして赤松選手の一発。5点差がついたことで、マエケンを7回までで交代させることができました。長いシーズンを考えると、この積み重ねが大きいと思います。

嶋選手の好調も大きいですが、ヒューバー選手が4番に据えられてから期待以上の働きをしています。いつまで続くか分かりませんが、少しでも今のレベルの働きを続けて欲しいですね。

これでチームとしては4連勝。眼下の敵ヤクルトだけに明日も大事になってきます。きっちり叩いて、上を狙う体勢を整えて欲しいですね。

でも、

そろそろ新外国人選手との契約成立のニュースが聞きたいです・・・

あと、↓も引き続き募集中です。どこかのタイミングで集計します。

急募:新首脳陣
2010.06.20 Sun l 試合講評2010 l コメント (2) トラックバック (1) l top

あっさり勝って3連勝


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
ル・マンの優勝ネタにコメントが無く、ちょっと寂しいニュービギニングですw

ジェネレーションギャップ・・・なのか?

ちなみに、更に古いネタを少し。

土曜日に、家族で近く(と言っても、100kmほど)のハイウェイオアシスに行ったのですが、そこに、昭和の時代を思い出させる田舎の家を再現しておりまして、そこに、昔の玩具もありました。

ダルマ落としやけん玉・・・う~ん、これはそこまでやってないですが、懐かしかったのはコマ。ベーゴマではなく、ガキの頃にやってたもので・・・う~ん、なんて呼ぶのだろう?

近いのは、こんな感じ

http://www.youtube.com/watch?v=MnR6uiUCgtk

ただ、コマが違うんですよね。あと、ここで言う、(右利きの)右巻きだと外投げ、左巻きだと内投げと言うのは今見るとわかるのですが、私の地元では、右巻きだとサイドスロー、左巻きだと

オーバースロー

で回してた記憶があるんですよね・・・これもアルツかな???

ハイウェイオアシスでは、右巻きで回ることは試しましたが、左巻きは人が多くて試せませんでしたw

他にも、

・買ってきたコマの芯をセメント釘に差し替える(ズレると大変なことになります)
  ⇒手の上に乗せると血まみれになる時がありました
・自分のコマを手のひらに乗せて、相手のコマに落とし、止める&傷をつける
・傷をつけられないように、表面をボンドでコーティングするw
・オーバースローで、相手のコマを狙い撃ちすることもあり

書いていて良く分からないですね。この手の遊びは地方によって違うような気がします。皆さんのコマはどんなものでした?

◆◆◆

さて、西武2連戦ですが、交流戦優勝の掛かった西武相手にアウェイ。

こちらの投手は病み上がりの大竹投手とジオ投手。相手は、昼の帝王(帆足)と夜の帝王(岸)。夜の帝王も昼に投げてましたがw

お互いの4番打者は登録抹消中←これだけ互角。

にも関わらず、2連勝。しかも、あれ?という勝ち方!←意味不明

いずれも先制されて、逆転勝ち。しかも、両試合ともに先発投手が勝って、リリーフ陣の失点は1・・・

強いチームに見えますw

なんなんですかね。まあ、こういうこともあるかな・・・という感じなのでしょうが、4番打者の戦線離脱に危機感を持った選手たちが一丸となって頑張った・・・と書けば、聞こえは良いでしょうが・・・

そんなモチベーションが1か月(栗原選手が戻るまで)も続く訳が無い

この大ピンチに予想外の連勝したことで、やるべきことをさぼられては困ります。

この勝利はたまたまであり、その原動力になったであろうモチベーションは、長続きしません・・・というか、こんな試合が出来るなら最初からしろよ・・・という突っ込みはさておき。

ここで補強に走らないでいつ走る?

そもそも、明らかにカープよりも打力が上のホークスやバッファローズがペタジーニやセギノールを補強したにも関わらず、12球団一の貧打線であるカープがここまで補強しなかったこと自体が驚きですなのですが・・・

当然、球団は動いていると信じます。そして、リーグ戦再開時には、サードとファーストの出来る本物の長距離砲を2名ほど補強してくれることでしょう。

ヒューバー選手は確認期間が少し短かったのでもう少し見てみましょう。もし、彼が本当の実力を出してくれるのであれば、上記外国人は一人でも良いかな。

もう交渉成立目前ですよね?当然。

ニュービギニングはフロントの気持ちを信じてます・・・w

あと、↓も引き続き募集中です。どこかのタイミングで集計します。

急募:新首脳陣
2010.06.13 Sun l 試合講評2010 l コメント (0) トラックバック (0) l top

よー勝った・・・


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
ドラマを見てて、「同窓会」を開催したくなっているニュービギニングです。

さて今日の試合。

とにかくお疲れ様でした・・・

ファンの方も御苦労さまでした。とにかく、最後に勝ってくれてよかったです。

試合前に「横山投手登録抹消」という衝撃の報道。

昨日、投げられなかったのは、これが原因なんでしょうね。代わりに上がって来たのが梅津投手ですが、彼の体調も心配です。以前も書いたように、微妙なバランスの投手陣なので、このように離脱者が出て来ると、完全崩壊の可能性も出てきました・・・10日後が読めない状況ですね。

8回の逆転劇。鯉次郎と一緒に風呂に入っている間の惨劇でした(悲)

ただ、横山投手離脱の時点で、このような展開は見えてましたよね。

このような状況にも関わらず、梅津投手はヒット一本で降板。早め早めの継投もありなんでしょうが、この選手層の薄さで、このような継投をしても、最後に投げる投手がいなくなるのは必然で・・・それが8回だったんでしょうね。

試合はタクロー選手の意地の一打で勝つことができましたが、反省点も多いです。

上記の継投に加え、迎選手の代走・・・足、速いんでしたっけ?木村選手じゃないの?

映像見てないので、木村選手だったらセーフだったかどうか分かりませんが、代走から入る選手じゃないですよね・・・

あと、賛否両論があると思いますが、栗原選手に変えて前田選手を代打起用。

とにかく当たって良かった・・・が感想です。

前田選手ならありだと思うのですが、栗原選手へのケアは必要でしょうね。

でも、これで4番も絶対的な存在じゃなくなりました。今後の起用方法は注目です。

とにもかくにも昨日止め損ねた千葉マリンでのマリーンズの連勝をストップできました。明日はしっかり休んで欲しいですね。

そして、

交流戦あと2試合。何が何でも連勝だ!

あと、↓も引き続き募集中です。どこかのタイミングで集計します。

急募:新首脳陣
2010.06.10 Thu l 試合講評2010 l コメント (10) トラックバック (0) l top

エース登板の試合は何としても勝たないと・・・


訪問ありがとうございます。お初の方も、常連の方も、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
広島東洋カープブログランキング
7イニングで、無四球、14奪三振、2失点で初勝利。

先ほど、報道ステーションでもやってましたが、先日幣ブログでも紹介したストラスバーグ投手がメジャーデビューしたようです。

160キロ右腕、ベール脱ぐ=ストラスバーグ、初登板白星-米大リーグ

現時点で、昨年ヤンキースにFA移籍したバーネットと同格と言われていたので、これくらいは当たり前なんでしょうが・・・今日のMAXが99MPHでチェンジアップが90MPH(144、5km/h)で、制球も良いとなると対戦相手は大変でしょうね。

デビューがこの時期になったので、今年、そこまで勝利数は望めないでしょうが、シーズン終了時点でどうなってるか見ものですね。

マエケンも5連続三振でしたが、彼は7連続三振。

いたぞ、マエケンの次に目指すところがw

◆◆◆

さて、今日の試合。

エースが期待通りのピッチング。

そう9回ツーアウトまでは・・・

最後の一球は中に入りましたね。失投でした。

マエケンも反省しているでしょう。

最近、カープの試合経過を見てると、「あっ、ここは1点は取られるんだろうなあ・・・」とマイナス思考で見てると、

1点どころか5、6点取られる

ことが多いのですが、マエケンの場合、「そろそろ打たれるかな・・・」「一発食らうかな・・・」と思っても、

たいてい抑えてくれます・・・今日の9回を除く

今日、同点に追いつかれた後も、「ああ、サヨナラだ・・・」と思っていたのですが、しっかりと抑えてくれました。9回2失点。今のロッテ打線を考えると価値の高い投球です。だからこそ、勝ちを付けてあげたかったですが。

試合を振り返ると、他にも、

9回に前田選手が打ってれば・・・ダブル前田でダブル健太で良かったのに・・・
12回に点を取ってれば、最低限の勝利は得られたのに・・・

と、勿体無い気持ちが強いですね。間違いなく勝てた試合、いや、勝たないといけない試合でした。

映像見てないので、良く分からないのですが・・・

・9回の廣瀬選手のヒットで梵選手は戻れなかったのか・・・?
・9回は、横山投手で良かったのでは?
  →これは完全に結果論ですね。続投を願っていた自分もいます。
・9回裏、西岡選手に対する小窪選手の守備はどうだったのか?
・12回、バントさせるなら石井選手代打で良かったんじゃないの?
・同じく12回、1死12塁から石原選手のライト前ヒットで天谷選手は戻れなかったのか?
・最後、木村選手のところ。石井選手の代打は無かったか?

については、皆さんの意見を聞きたいです。

あと、勝敗には結果的に関係なかったかもしれませんが、

内野フライを突然見送った石原選手。これはどうだったのでしょう?

文字情報を見る限り、グラウンドの監督、司令塔のやるプレーじゃないように見えましたが・・・

感想お待ちしております。

しかし、逃した魚は大きいです。

・千葉マリンでのマリーンズの連勝ストップが水の泡
・マエケンの交流戦MVPも怪しくなり
・2か月連続の月間MVPは風前の灯

ま、残念ですが、これを糧に、

ストラスバーグ投手を目指してもらいましょ!w

でも・・・悔しい試合だ・・・

あと、↓も引き続き募集中です。どこかのタイミングで集計します。

急募:新首脳陣
2010.06.09 Wed l 試合講評2010 l コメント (16) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。